t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ縮充の矛盾

・再度、「ハコモノ」建設の「縮充」につき、確認したいと思います。

自治体の「ハコモノ」計画は「市民参画の協働作業」が、あるべき進め方です。

高浜は「行政と議会で決める」と強行は、「市民不在」「市民無視!」…

・結果、「借金」だけ市民に押し付けられることに…

 

市は建設計画を「財政削減」と主張し「長寿命化」より「建替え」を強行ですが、その肝心の「財政効果」の説明を省略は信用できません。 なぜ「説明」出来ないのか?

特に「庁舎-リース 20年-33億円」「高小-PFI 15年-50億円」には不信感しかありません! 

・更に「早期解体」は市民の施設利用権を剥奪! 「解体 + 借金建設」は市民が犠牲です!

 

---「縮充」=「複合化」施設とは?---☆---

●「複合化施設」とは、一つの建物のなかに、様々な機能を有する施設です。

高小も「一つの建物の中に、教育機能「学校」と地域施設」を合体が縮充なのです。

・「施設躯体」=「壁・柱・屋根」等の躯体構造を共用化により「建設費削減」に!

ところが建設仕様は「校舎」「公民館」「体育館」「児童センター」の寄せ集め、「プール」は別の学区へ移転に「共用化」は ありません。建設費「倍増」が証しです!

残念ながら「高小は縮充では ありません!  庁舎同様の分割建設!」これでは財政増加!

 

---「縮充」=「複合化」とは?---☆--- 

●「複合製品」や「複合施設」の事例を確認してみます。

<*複合イメージ例1> : 「ボールペン付きシャープペン」  ジェットストリーム2&1  ・ 0.7mm 三菱鉛筆(uni)

      ※「複合 : 一つのケース内に、二つ以上の機能を内蔵」

■ <*複合イメージ例2> : 「 埼玉・吉川市美南小学校 <文科省資料>」

高浜市会議員-視察先(H28年) ・建設費 -「23億円」・ 屋上プール付き ・ [検索] ↓  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/013/008/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/11/10/1363948_2_7.pdf

縮充学校は「校舎」と「体育館」「プール」「地域機能」が「同一建物」に一体化! 

・これで「建設費 - 23億円」なら「確かに縮充(複合)効果」が認められ納得出来ます!

 

---高浜小は縮充施設か?---☆---

高浜小・施設形態は「縮充」とは言えません! 残念ながら「集合施設」です! 

「集合施設」のため、各々、構造躯体を要し「建設費」は増大 - 二倍の「50億円!」

    ※「民間プールへの水泳指導補助等 - 30年-10億円」の更なる血税投入で「60億円! 

言葉では「財政削減」のため「縮充建設」と説明され、実態はバラバラの集合施設!

「言行不一致」の「ハコモノ」建設は、明らかに血税の「無駄遣い」です!

 

---ハコモノの財政削減の矛盾---☆---

「縮充(複合)」と言われ、「庁舎」は二棟分割。「いきいき広場」を含め 三棟化

●「学校」も、このバラバラの集合施設では「財政削減」は出来ません! 

・この集合建設を「縮充」と説明は「矛盾」です!  財政効果の説明もありません!  

なぜ「縮充」のハコモノ方針に矛盾する建設を強行されるのか?  血税の浪費です!

 

「本気で『財政削減』をご推進」とは思えないのが残念!

 

---市民の素朴な思い---☆---

● 高小は「地域施設」であり市内唯一の「市民ホール」機能を有する施設となります。

・であれば「高小- 体育館」は全市民の施設なのに、説明会の高小PTA限定は不適切!

施設建設の説明対象を限定し、参加市民を制限は、反論抑圧としか思えません!

 

● 正直に申し上げると「体育館」が「ホール」なんて、他市の方には恥ずかしくて言えません。碧海五市で「ホール」も無い街は高浜だけ…  市民サービスの欠落です!

この恥ずかしい状態は「後世の市民」が、最も大きな被害と影響を受けます

 

● 恐らく、体育館で「市制50周年」記念行事を実施と思われますが「50年」も経過し「ホール」も無い街は失政の証しでは!? 「席数」さえあれば良いとは思えません!

   (*「ホール」- 舞台のある劇場型施設で階段状に客席を常設の会場。音響効果有り )

 

---市民の素朴な疑問---☆---

高小の縮充建設は、当初、下記のように説明されました。

・「複合化」は財政削減となる。下記表の13施設を複合化により「37億円」で済む!

・「単独建設」すれば「49億円」も要し、高浜の財政は破綻する!  と説明されたのに…

現在「10施設- 50億円」+「プール- 10億円補助」で推進強行は大きな疑問です。

・現在の計画以後、「財政効果」の説明は回避されています。不可解です…? 

f:id:t2521:20160708091225j:plain

・また、長々とかいてしまいました。最後まで、ご確認戴きありがとうございます

最後に…、

 現在の「公共施設推進プラン-360億円」は誤謬では!?

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸