t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ 利用率の矛盾

・貴重な公共施設の改廃処置も「行政と議会で決める」と強行されていますが、不可解な点を抽出したいと思います。

今回は「ハコモノ」の改廃の目安となる「利用率(稼働率)」について検討してみます。

 

●「公共施設マネジメント」として「公共施設のあり方」(下記資料) が作成され、市民の血税にて建設された施設の統廃合が強行されています。

[検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/arikatakeikaku/arikatakeikaku.pdf

 

---公共施設のあり方 (資料) ---☆---

疑問は、施設の統廃合の判断となる「利用率 (稼働率)」の基準が極めて曖昧な点です?

・例えば、「P.17- 集会施設」の利用率の調査結果が掲載されています。

■「公民館」- 中央公民館-13% ・吉浜-20% ・高取-28% ・大山-13% ・南部-22%

全て利用率が「30%」以下で低い」と評価されています。

・次に、「P.22-スポーツ施設」の利用率

■「運動施設」- 体育センタ-34%・碧海グランド-12%・流作-13%・五反田-34%・南テニス-39%

「全て利用率が「40%」以下で低い」と評価されています。

この利用率が低いから「解体-縮充」が好ましい、というご判断のようです…。 

 

しかし上記の「30%」も「40%」も低いとされる根拠や基準は有るのでしょうか?  

● 公共施設のあり方として「利用率」の目標値を示されたことがあったでしょうか?

● この問題の「利用率」を向上するような事業企画や利用要請があったでしょうか?

現在でも「利用率目標」は不明です。つまり、施設改廃の根拠は不透明では? 

 

  施設の利用率の目標も基準も無く、改廃強行は不適切!?

 

---利用率の算定---☆---

「施設あり方計画」で、施設の「利用数」を【コマ】という単位で表記されてます。

・調べると「利用可能な施設(場所・部屋)」を【コマ】と言うようです。

・年間の利用数は、施設の「年間開設日数」を掛けて算出されるようです。

・不思議なのは「碧海グランド- 11,680コマ」。逆算すれば「1日当り-32コマ」 

グランドを一日で「32組」使うという「利用可能数」は不可解しかありません?! 

・また利用実績「1,374コマ」、逆算すれば「1日当り-14組」も不可解です。

    (*利用日を「土」・「日」使用と仮定 ≒ 100日/年として試算  )

 

これを他の施設も同様の検討をすると、全く、【コマ数】が合致しないのです。

 (*市民感覚では「デタラメ!」。また庁舎のような資料「ねつ造」かと不信感が…? )

このような「不可解な資料」を基本にハコモノの改廃を強行は不適切と思われます!

 

他市例では「施設利用人数」で集計例も有りますが、高浜は管理されていないのか?

どうも「人数」もカウントされない施設管理は「ズサン」の連続としか思えません!?

   

 この「ズサン」さで巨額の施設管理は不安を覚えます!

 

---学校の稼働率の試算例---☆---

● 当市に「縮充構想」を提唱の「T大学 - M先生」が試算した「学校の稼働率」例です。

■ 月 10か月   80%

■ 週    5日間         70%

■ 日 7時間    30%

学校施設の稼働率 = 0.8 × 0.7 × 0.3 × 100 ≒ 「16.8%」とされています。

 

学校施設でさえ「17%」です。公共施設の利用率が「30%」「40%」でも低いとされ、利用率の基準も無く、公民館や体育館を解体強行の連続です。

 

● 中央公民館(*資産価格-7億円) を「早期解体-2.4億円」の解体強行は無駄遣いです!

・「管理計画」では、中公の利用率-13%!  調べると利用者- 7~8万人は市内最多!

市内最多の利用施設を「利用率」が低いと、約10億円を早期解体に費やしたのです!

・同地は「市のど真ん中の一等地」- これを民間分院のため公共施設を解体は不適切!

 市民を犠牲に民間分院を過剰な優遇は適正と思えません!  

 

この不可解な発想を起点の「公共施設管理計画- 360億円」は適切なのでしょうか?

 

・公共施設は市民の財産です。 

 丁寧なるお取り扱いを期待したいものです!

  今年こそ大家族のため、無謬性の施政運営を切望します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸