t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - やっぱり不可解な庁舎建設費 Ⅱ

・「庁舎建設費」の内訳額で気になった項目をご案内します。

狭小リース庁舎-20年-33億円内訳です。血税の使途の中味です。

・お役所の相場は、常識を超えています。皆さんは、いかが、お感じになりますか?

 

---庁舎建設整備-内訳---☆--- (*合計-21.2億円)

・設計費         45(百万円)    - 平凡なハコモノ形態でも「3%」は適正?

・会議棟建設     60(百万円)    - 面積単価「16万円/㎡」

・外構工事      80(百万円) 

・解体撤去     110(百万円)    - 旧庁舎の解体費 

アスベスト除去   52(百万円) - 旧庁舎の外壁のアスベスト(発がん物質)

防災無線移設   72 (百万円) 

・引越し       50(百万円)   - 例) 作業者-1.5万円/日なら-3千人以上投入?

・システム移設    60(百万円)

・備品設置      50(百万円)

 ⇒ 更に、詳細内容を調べる必要性を感じました。

 

---施設維持管理運営-内訳---☆---    (*合計-10.2億円)

・建物保守管理   130(百万円)   -    650(万円/年)   - 高小同様、新築時から発生

・設備保守管理   210(百万円)   -   1050(万円/年)   - 〃

・植栽・外構保守  16(百万円) -   80(万円/年)   - 旧庁舎-13万円/年 

・清掃業務     188(百万円)   -    940(万円/年)   - 床面積半減なのに同額? 

・修繕費      110(百万円)   -    550(万円/年)   - 高小同様、新築時から発生

・宿直・日直    143(百万円) -   715(万円/年)   - 省人化を検討すべきでは?

・解体費       40(百万円) 

「常識レベル」でしょうか? これも詳細内容を調査したいと思います。

 

● これを、毎年「1.6億円」を20年間支払い、21年目に解体し、新庁舎を建設?

20年後の新庁舎建設に向け、基金積立されているのか不明です。

・「後世に任せた」では無責任かと思いますが…?

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸