t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ごみ減量 ごみ袋有料化の疑問 Ⅱ

● 突然の「ごみ袋有料化」問題。目的は「可燃ごみの減量化」

しかし「ごみ袋有料化」≒「ごみ減量」とは、余りにも短絡的なお考えでは…?

・「金銭負担して、ごみ出し」だから「市が処分は当然」と、逆に、増える可能性も…

 

---環境情報の発信!---☆---

今や、時代は「情報化時代!」、ICT時代です。市民は、誰でも「24時間」何時でも、何処ででも、必要な情報を求め、集め、知識を得ることが出来ます。

今回の「ごみ有料化」を契機に情報検索してみました。

・市の「ごみ減量化」につき、ようやく、たどり着いたのが下記の情報。

予想以上に、難航しました。検索しづらいところにありました。 

[検索] : 高浜・高浜市ごみ処理基本計画(市民生活グループ)

・情報発信のあり方として「情報検索」の容易化を図るべきでは?

・資料内容は、行政内部の資料を市民全員に「目を通せ!」ということなのでしょうか?

しかし、今回の「ごみ有料化」の資料は見当たりません。これは情報非公開では…?

・これでは、市民は理解も出来ず、動けないのです。これが施政の狙いなのか…?

 

資料 : P.44 - 「市民アンケート」の集計結果を見つけました。

・「[問6]  ごみを減らす方法として『ごみ有料化』があります。貴方のお考えは?」

・有料化を推進-18%、・ごみ袋の量を減らす-15%、・現状継続-62%、・その他-5%

・ この結果をもって「ごみ袋有料化」を断行とは、市民の意向は無視のようです?!

・ アンケート調査は形式的! 「行政と議会で決める」と強行は江戸期の施政では…?

 「大家族」精神を思い起こして戴きたい…! 

 

---ごみ減量化の啓蒙---☆---

・「ごみ減量化」が大問題になっているとは、今回の有料化の案内で知りました。

・「直近の各家庭の「ごみ排出量」も分かりません?」

・「予算-約8億円(ごみ収集・償却)」は、今後、どのような傾向になるのでしょう?

「いったい日常生活のなかで、どのように対応したらよいのでしょう?」

・まずは、これらを徹底的に知らしめるべきでは…。勿論、全市民対象です。

短絡的な「有料化」の前に、まずは現状で「減量」活動を徹底が筋かと…。

・「徹底」とは、毎日、毎回、繰返し、実行を確認するまで繰り返す事です。 

 

---市民への情報発信のあり方---☆---

高浜は「公共施設は市外の施設を大いに利用すべし」と言われます。

・情報化の時代ですから、知りたければ「他市の政策を調べろ」なのかもしれません?

- 確かに、他の自治体は懇切丁寧に案内されています。 … 残念な施政です。

 

兵庫・加古川市 - ごみ減量推進課 

    [検索] :  ごみ減量に関すること/加古川市ホームページ

 

長野・茅野市 - 「ごみ減量部会」

 [検索] :  http://www.chinoshi.net/CNet_HP/user/index.php?secid=9876&pageid=13

この「ごみ情報」の発信や「ごみ啓蒙」資料は他市からしか頂けないのか?

 

●「ごみ処理」は自治体の責務です。市民サービスの必須事業の一環です。

・情報発信や、市民への啓蒙活動を他市に任せ「費用負担」だけを市民にご要求とは

いかがなものかと、不信感だけが先行します。…無策では…。

 

---市民の素朴な思い---☆---

●「ごみ問題」は「全市民」の問題です。この問題は市民との情報共有化が必要です。

・当然、園児~ご老人、外国籍の方まで、「分別」「減量」「再利用」「長期利用」等、与えられた資源を、大切に、丁寧に利用する精神(心)を養うことが最も大切では?

 

● これが真から理解されていれば「公共施設の早期解体」という発想は浮かびません!

あの数億円を要して、寿命前に早期解体されたコンクリートの山々…、高小の運動場にあった記念植樹や大樹を次々と残酷な伐採は、野蛮な行為としか映りません…

・市民の財産を、恐らく、数十年分余の「ごみ」という残骸にしてしまったのです…

どこが「ごみ減量」なのでしょう?  矛盾の施政強行です。結局、市民が犠牲… 

 

● 庁舎の清掃にも「血税-9百万円/年」を平気で投入という事も「ごみ減量化」の心を失う原因になっているのでは…。最も身近な現実を観察体験されていないのですから…

 (*庁舎の床面積は半減なのに「清掃費」を継続のままでは不適切では…?  )  

・にもかかわらず「ごみ袋」有料化という市民に度重なる負担を課す施政は傲慢では…

・「ごみ減量」は有料化ではなく、市民行動の動機付けが最重要課題と思われます。

 その為にも「情報発信」が「ごみ減量のあり方」と具申します!

 ごみ減量は「大家族」の日々の行動が要です!!

・「大家族」にごみ減量の行動指針の発信が要です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸