t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ごみ袋有料化 (説明会) Ⅱ

・説明会は、相変わらず「決定通知」「実績づくり」の機会としか扱われないのは残念!

・施政は「行政と議会で決められ」、市民は「盲従」「忍従」しかないのでしょうか?

結局「ごみ袋有料」は市民優先でなく、市側の「ごみ袋」配布業務の削減策では…?

 (*国も自治体も「包括業務委託」を強行に向かっています。水道事業の民間委託も、 

 この一環です。当市では「ごみ袋配布事業」を手始めに民間委託が始まります… )

 

● この重要な「まちづくり問題」にも、当地区の「まち協役員」の参加は、ごく僅か!

「まち協」の存在意義は「施政に盲従だけ」が証明された説明会。真に屋上屋…!

  (*補助金という合法的口止め料で「発言無き盲従」と化し、町内会も還元料を模索…)

 

● 僅か30名の環境意識が高い市民の疑念を記録させて頂きます。

 

---参加市民の発言事例---☆---

● 「有料化」の根拠や効果が不明。理解出来ない。有料化は短絡的! 

・「可燃ごみ収集」の実態を、詳細に、時系列的に、科学的に把握しデータ化を!

・「ごみ量」が増えた要因を把握分析し、減量策を抽出し、目標値を適正化すべき! 

・「可燃ごみ実態」から「将来のごみ予測」し、例えば「紙おむつ」対策を講ずべき!

・「可燃ごみ減量」は、市民だけに要求では無く、発生源である販売側にも要請を!

 

市民への「ごみ減量問題」を徹底的に周知すべき!

・「ごみ処理基本計画」に「具体的な減量方法」をマニュアル化すべき!

・「ごみ減量策」を、広報等で特集を組み、具体的に減量方法を明記すへき!

・他市のように「ごみ減量」のHPを設定し「24時間」情報発信すべき!

 

「ごみ袋有料化の還元策」として町内会に補助金を増額し、使途は丸投げは問題!

・「町内会」や「会員」への個々の還元策が難しい。他の町内会と比較される。

・「立ち当番」の外部委託を「シルバー人材センター」に打診の結果、断られた。

・「ごみ袋有料化」は「町内会-未加入」の方がメリットが大きい。

「町内会-未加入者」へ「ごみ減量」を如何に知らしめ意識啓蒙していくのか不明?

 

---市民の素朴な想い---☆---

● 残念ながら「決定通知」の説明会では、市民も、まち協、町内会も参加少数!

・「ごみ減量効果」が無ければ「更なる値上げ」を検討される可能性があります!?

・「P-D-C-A」も廻されず「科学的な裏付け」もなされず、「取れる所から取ろう」の発想で、行政は省力化を図り、そのツケを市民負担とする増税同然の「ごみ袋有料化!」

ハコモノ借金建設」に続く、市民が犠牲の施策は、不適切な強行施政です!

 

●このままでは、ますます魅力に欠ける、借金の「まちづくり」を強引推進となり「まちの破壊」です!

 

● もっと真剣に危機感をもって「循環型社会」の構築に向けて、「大家族」が一丸となって、後世の市民に恥じない「まちづくり」を進める事が市民の責務と思います…

 

・説明会を終え「出来レースの説明会は実績づくりだけ」と、ある市民は落胆を示されていました。市民不在の施政に「大家族」は、どこにあるのでしょう?

・しかし「ごみ減量化」は、全市民の永久的な生活問題です。

「大家族」が取り組む、取り組めるシカケを作ることが施政のあり方なのです…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸