t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム跡地活用の不可解!?

・本来、施政のあり方は「無謬性」。絶対に間違いのない施策を遂行という意味です!

ところが「青少年ホーム跡地活用」のための整備工事は、不可解しかありません!

・「あってはならない」施政運営の強行に、無念さと残念さと落胆が交錯します。

 

● 民間プール-営業時間-「3,900H」のうち、学校プールは「90時間/3校.年」(2.3%

この民間施設に、約10億円超を投入は過剰で不適切としか考えられないのです…?

・「夏休みのプール開放」を中止は、子どもの楽しみを奪うことになるのでは…?

 

---青少年ホーム跡地発生土---☆---

・同地は「民間プール」建設のためか、地中深く掘削され「約4千㎥」の土壌が発生。

・本来、受益者負担かと思いますが「このガレキ土壌の処理」まで市民負担で契約。

この費用が、当初「1億円見込み」が、二倍超の「2億5千万円」まで増加の模様。

 

中日新聞・1月23日・西三河版-P.16に「テニスコート整備遅れ-オープン今夏・高浜」

・「青少年ホーム跡地の発生土など、運搬処理費-「2億4516万円」を予め支出の限度額を定めておく『債務負担行為』として設定」と記事に取上げられています。

つまり、民間会社が掘削した [土]-「4千㎥」の処理に「2億5千万円」を市民が負担!?

・この発生土の処分単価は「約6万円/㎥」となります。「相場の1.5倍!」と高額です! 

 

---発生土処理のトラブル---☆---

中日新聞・10月23日・西三河版に「契約辞退のYS興業-高浜市が入札停止」の記事をご記憶の方も見えるかと思います。

 

● 入札状況を聞くと「指名競争方式で、約9社を指名。しかし-7社が辞退」これも驚き!

・結果は「YS興業 - 約9千万円で落札。次点は、SW建設 - 約1億円」

ところが、YS社は、落札後、市の説明を受けた結果「辞退」決断されたようです。

 

● 理由は「・市が運搬先を手配無し・支払い条件が合意出来ない」等、計画条件が違う!

 (*「1億円」もの巨額を「3年間」分割払い方式も、落札後に説明とか?  不適切です! )

市は「入札価格の誤りを理由に契約辞退は不誠実」として「入札停止-1ケ月」処分。

 

しかし「今回の限度額 - 2億5千万円」は、やはり先回の「入札-1億円」が誤りでは?

⇒ この金額は、明らかに、市が過ちを犯したことを証明するものではないでしょうか? 

 

● これを「入札停止処分」は、下請法にも抵触かと思われる「外注いじめ!」では…

・更に、市は発生土の処理負担を「1億円」でも「2億円」でも、負担強行は不適切…!   

  

「発生土の処分単価」の不可解! 

・7月臨時議会で「土壌処分単価資料」を配布されたそうです。-これが「4万円/㎥!」

青少年ホーム - 発生土は「6万円/㎥ - 1.5倍!」は無駄遣い! -「計-約8千万円!」過剰!

 

● 更に、発注先は「随意契約」という工事社を事前決定してから、見積も不可解です!

    (*実際には、現在、同地の「プール工事会社」に発注予定とか…? 言い値で契約! ) 

 

高浜施政は「誤謬」の連続では…?

・「ハコモノ建設」計画の早期解体。借金建設の連続!  (*返済は後世の市民にお任せ!? )

・「工事価格」は相場より高額で締結!  発注先は、既存工事の請負先に指名発注!

「財政削減」「公明正大」「透明性」の観点から「一般競争入札」が無謬性!

 

---工事方法の不可解---☆--- 

驚きは「土砂搬出口」を敷地西側の「東屋」を解体強行して「開口」するそう。

・堤防道路を「トラック (ダンプ)」で、搬出される計画だそうです。

   (*通常の北側の通用口は「プール施設の工事優先」で、通行出来ないそうです!?  )

f:id:t2521:20190123203614j:plain ←この東屋を「解体!」

再び「施設解体」、恐らく「修復」工事まで、市民負担を強行です!  不適切!!

 

● 工事計画を「施設工事」と「土木工事」を順序だてて「搬出経路」も事前検討すべき!

緊急的な日程強行は「工事追加」という血税負担を増やすだけの工事管理は不適切!

 

このように「計画性も」「財政効果も」疑問の「ハコモノ建設」を強行は誤りでは?

・少なくとも、市民の負担は、増える一方にあることは確実です。 

 

 市制50周年を飾るだけの「ハコモノ計画」強行は、後世の市民が借金苦に陥ります!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸