t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 民間プール会社の下請け?

・今日は、市議会の「臨時会」の傍聴に行って来ました。

・青少年ホーム跡地の残土処理費用につき審議されると聞いたからです。

 

●まず 驚きは「一般会計-補正予算」が「第7回」とか、つまり、7回も補正予算を繰返して「予算追加」を重ねてこられた年度のようです。

議員さんも「このようなコマ切れの予算資料では全容が把握できない!」とご指摘!

・「本当に大丈夫ですか?」という質問にも、口を濁された不明瞭回答…?  不安です…

 

施政にとって、財政財源は、限りなく増える「湧き水」ようです。しかし、基金をどんどん削減となり、万が一の余裕が無くなっていなければよいのですが…。

 

---プール建設の不可解---☆---

・旧テニスコート上に積み上げられた「土」の処分方法に強い疑問を感じています。

民間プール会社が、プール建設のため、掘削した残土 (*約4千㎥)を、適正処理の為「産業廃棄物」として、なぜか、「市」が処理負担として約束したようです。

本来は「受益者負担が原則」が無謬性…。なぜ、市民が負担なのか…?

・市は、これは「市から建設をお願いしたから負担」と説明されたようです。

しかし、現在の民間プール施設は、そろそろ寿命を迎えていたそうです。渡りに船!

 (* 同施設の営業時間は「3900H」、学校水泳指導は「90H」- 2.3% - 10億円負担…?) 

 

---プール土壌の処分費の不可解---☆---

・旧テニスコート上に積み上げられた「土」の「処分費用」が怪しい事態なのです。

この「処分費」は、当初、7月-「1億円」。半年後の今月、1月-「2.5億円」と倍増!

不可解は、処分単価が、7月-「4万円/㎥」、半年経ったら「6万円/㎥」は5割増し!

・議員さんが調査の結果、なんと「刈谷市の類似工事の約2.3倍」の血税を投入!!

 

● 次に、不可解は「入札方法」です。「一般競争入札」が無謬性…。

なぜ、安くなる方法を選択されず「業者の言い値」となる方法で強行されるのか?

 

● 次の不可解は、その業者を「現地で民間プールを建設担当の会社」に決めたとか?

 (*「旧庁舎-アスベスト工事」や「中公-地下水工事」と同様の決め方で強行とは… ) 

・通常の入札方式ではなく、過去事例が無い希な「債務負担行為」方式にて強行…?!  

 (* どうしても「その工事会社」に発注という方式を強行は不可解…?  )

 

同じ敷地内で工事する会社なら「出入口」も共用化するぐらいの調整は可能では?

・「出入口」をそれぞれ設けるなら、工事位置は「南・北」に分かれており、土砂運搬も、別会社が対応可能な工事を「一社独占化」は不適切!   高浜は、このケースを多用!

 

産廃処理「2億5千万円」もの巨額工事を、他の業者と比較もされず決定は怪しい工事!

 (*当市の「ハコモノ工事」は、余りにも不健全な入札処理を多用は不適切な施政… )

・一体、どのような「シカケ」があるのか…?   不透明で、不可解しかありません?

 

---不可解な工事日程---☆---

● 市の「入札方法」は、余りにも強行さが先行し、不自然さを感じていました。

・なぜ「3月完工」にこだわれるのか? 「4月から学校の水泳指導を開始されるのか?」

市は「限られた時間管理のなかで、最善の方法… 」と言われますが… 

 

● その「限られた時間」とは「民間プール会社」の 移転・開店日程のようです。

    [検索] : スポーツクラブ(高浜市)コパンスポーツクラブ高浜のキャンペーン・お知らせ

 

● 市は「民間プール会社」の「移転オープン日程」に間に合わせるべく「約1.5億円」もの巨額の増額負担も適正とされるご判断は、いかがなものかと…。 

 

 真に 市民に厳しく、民間企業には優しい施政の証しです!

 

---素朴な疑問-----☆---

● 入札は「公平性」「機会均等性」が大原則とか…。全ての企業が参加できる施政。

実態は一社独占化! - 「中公」「庁舎」「高小」「青少年ホーム」- なぜ、一社限定?

 

● 更に、「透明性」は、市民に対する施政・財政情報を公開。

しかし、金(金額)入り設計書は「墨塗り」。情報回答は申請から「二週間」では、前時代のように遅すぎで、市民には閉ざされた施政運営です。

・時代は「ICT」時代。迅速性と適切・適正な施政運営が市民の願いです。

 (*刈谷は「金入り設計書-公開」「回答期間-1週間」と、現代に適合した施政です  )

 

 「大家族」宣言は 「大家族」でない証しなのかも…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸