t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - まちづくりの実態!

●「中央公民館」解体を契機に、恐る恐る始めた、この「ブログ」よく続きました。

・政治面には素人の市民が、ここまで「悪さ」を書ける事が「不適切」な証しです。

  (*「商工会」をめぐる訴訟問題でも「施政の不適切」さが露呈しています )

このような実態で「施政運営」を続けられてきたことに、落胆と失望を覚えます。

 

しかし「諦めて、黙認」では、「高浜」がダメになり「市民」が犠牲です。

・施政が「正常化」の証しである、市民に対する「透明性・平等性・公平性」を取り戻し、「費用対効果」の高い財政運営を図られることを目指して監視したいと思います。

   (*「金入り設計書」の情報公開も近隣市は「公開条例を制定」、高浜は「非公開!」)

「江戸期のような街」の所以です。来年度は年号も変わり、施政も変革が喫緊の課題!

 

---高浜施政の残念な点---☆---

幸田町と比較しても、見劣りする「高浜」のまちづくりは残念しかありません!

今や「ICT時代」、施政内容は、即、国内全域と比較検討できる時代なのです!

 

・言葉だけ「大家族」と叫ばれても、結局は「行政と議会で決める」は市民無視!

・「市制50周年行事」のため「100億円事業」のツケを、後世の市民任せは無責任!

・しかし、民間企業(分院)は巨額の補助漬けや、工事社には、破格の優遇策を強行!

・まだ使える施設を解体強行は、巨大な“粗大ゴミ”づくり。市民には「ごみ袋有料化」

「国」は長寿命化して施設更新を、「施政」は施設更新し長寿命化と逆転強行!

 

・「住民税」は同じと言われ、高浜だけ「ホール」も無い街は、後世の市民が犠牲…

・そして、市民には「隣街の施設を大いに利用すべし!」と宣告は、結局は割高な税金!

国民健康保険税や、介護保険料は、県下ではトツプクラス!  施策は、中くらい…

⇒*「住みよさランキング」- 富裕度-55位と財政潤沢なのに、総合-293位がその証し!

   (*三菱UFJ不動産販売-「住みよさランキング」から引用)

・すなわち、血税の使途が市民生活ではなく、企業団体や工事業者に投入の証しでは?

 

・結局「ハコモノ」政策の強行は「大家族」を犠牲とする失政の証しと思われます。

・数十年間、市民の「施政は行政と議会」にお任せが、この不適切な実態を生み出し、

「かわら美術館-80億円」「T会.高浜分院-60億円」「狭小リース庁舎-30億円」を強行!   

 次に「高小-PFI-50億円」と通常の学校建設の「二倍超」の建設費を投入! 

 (*施設建替え計画 - 高取小-20億円-'34年、港小-16億円-'43年、吉浜小-21億円-'39年 )

「リース」や「PFI」は借金建設。その負担は、説明無しで市民にツケを回す強引さ!

・更に、市立学校の水泳指導には「10億円超-30年間」という巨額投入のようです…

 

これは「不適切」と「情報公開申請」すれば、回答は「非公開」と街を「私物化!」

 

「大家族たかはま」宣言が惜しまれます!  

 信じてた施政の実態が「市民無視」は残念です…

 「議会」では「市民を悪人」と言われているようです…

 

  これが施政の実態です!       

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸