t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜施政の根幹的な問題 Ⅱ (議会)

高浜は、残念ながら、施政に矛盾が多すぎます。他の地方自治体も同傾向かも…?

・「大家族」と言われ、施政情報を公表は消極的。未だに「金入り設計書」は非公開。

   (*金入り設計書 - 情報公開の自治体例 -「名古屋」「岡崎」「豊橋」「豊田」他 )

不可解な「狭小リース庁舎」の「見積情報の請求」は二回とも却下されました。

・「巨額-30億円」の根拠を「知る権利を隠蔽」は、施政のあり方として不適切では?

 

●「財政困窮」と言われ「民間分院」や「民間プール会社」には巨額の血税を提供!

市民には、いきなり「ごみ袋有料化」を宣言! 市収入- 年約2千万円を徴収強行!

・「特定の団体」には巨額の補助漬け、市民からは数千円でも徴収は江戸期の施政! 

 

---この乱暴な施政実態---☆---

●「議会構造」は「二元代表制」と言われますが、実態は、行政主導の「出来レース

・最大会派「自民党系 - 市政クラブ」、現在「8名」在籍し、過半数を擁しています。

「議会だより」に記載の「各議員の賛否態度」は「いつも、右倣え」の同意見! 

・その証に「市政クラブ」は、「ごみ袋有料化に、全員賛成!」です!

 

「市政クラブ」に在籍条件は「行政方針に賛同」で、「反対」は出来ないようです。

行政の思惑に盲目的に賛同では、施政改革が出来ないのは当然です!

・それぞれが忖度され、自由闊達な議会討論を避けられているようです…

  

---議会の新たな動き---☆---

・昨年、「市政クラブ議員さん」が「二名」- 脱会し、独立会派に転向されました。

●「行政方針」に反対表明は「退会」を覚悟のようです。これが行政の追認機能の証し!

・「K議員」-「ボートピア建設」に反対!

・「S議員」- うわさでは「市の人事」に反対されたとか?

反対を表明出来ない議会!  一体、何のための議員、何のための議会なのでしょう?

・市民参画無き「行政と議会で決める」施政は、「独裁化」も当然の成り行きです!

・しかし、「退会」覚悟までされた議員さんの存在は、まだ高浜も望みはあります!

 

---市議会の役割---☆--- (*[検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gikai/yakuwari/yakuwari.pdf ) 

・市HPに、下記のように説明されています。

「 市議会は、市民に代わってその声を市政に反映するところで、市の意思を決定する
議事機関です。
地方自治体では、首長(市長)と議会議員はともに直接選挙で選ぶ制度をとってい
ます。これを二元代表制と言います。
・二元代表制の特徴は、相互のけん制・抑制と均衡によって首長(市長)と議会が緊張
関係を保ち続けることが求められています。すなわち、地方自治体(市)の基本方針
を議会は「政策決定」の機能と、「監視・評価」の機能を果たすこととなります。」

市民感覚では「政策決定」のみ発揮され、「監視・評価」がおろそかに…!?

・この結果「民間分院への巨額補助」「ハコモノ早期解体-借金建設」を招いています!

 

●更に、議員の役割として「市民に、議会報告と説明責任」と記載されています。

・例えば「議会報告会」、年2回開催で「議会改革を見える化」では余りにも不十分!

・議員さんが、本当に「現状で十分」とお考えであれば、認識力が鈍っています…

行政方針の代弁機能である「議会報告会」では、市民参加の減少は当然です。

・「選挙の前」だけ一生懸命は、多くの市民は見抜いています。

 

---次代の施政のあり方---☆---

●「二元代表制」や「政党政治」では、現代社会における市民の多様なニーズを把握し、施政に反映するのは困難な時代と思われます。

・市民ニーズの収集活動を如何様に進められてるのか?  姿さえ時折見る程度…

 

●この市民の代表と言われる議員機能に代わるものが「ICT-システム」です。

市民の声を、即時的に、直接的に把握する方策として「ICT」は有効有望です!

・従って施政形態が「直接-民主主義」への変換変革が次代の施政のあり方と思われます

 

●よって、施政体制として「高浜の職員削減」は過剰であり、新時代への布石として、「職員さんの増員」、これに見合う「次代の庁舎施設」が要求されるのですが…

「狭小リース庁舎」では、これに追従する柔軟性に欠けるのが最大の難点であり失策!

・本来、「施設-長寿命化」を図り「基金積立」を開始が無謬性を「早期解体」を強行!

・これを推進承認された「議員」の責任の重大さを再認識戴きたいと思います…。

「原理原則」から外れたハコモノ建設強行施政は、後世の市民が借金返済の犠牲です!

 

●施政として「ふるさと納税」で稼ぎ 「ごみ減量課」を設立し環境対策は喫緊の課題! 

・更に「AI・ICT」導入し施政運営の効率化、最適化を早急に進める必要があるのでは?

・そして「人口5万人」の小さな高浜を、他市と比較しながら俯瞰的な視野も大切です!

「コンパクト・シティ」の本領発揮の実現を期待させて頂きたいのです!

 

無謬性の施政遂行は極めて高度な先見性や洞察力、そして現状認識力が要求されます!

・その秘訣は「大家族」である市民に寄り添った真摯な対応から生まれるのですが…

 

「大家族」精神の回帰を議会にこそ求めたいと思います!

 

    (最後まで、ご精読いだき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸