t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜施政の根幹的な問題 Ⅲ (庁舎)

高浜市は「コンパクト-シティ」と自称のように、その市域面積は「約13k㎡」と、全国的にも面積が狭い街であることはご周知の通りです。

・資料「都市データパック」には「高浜」-「面積-789位 / 814市」とあります。

・しかし、更に、狭い街が「約25市」あるようです。

思いついたのは「更に狭い、コンパクトな自治体のまちづくり」の実態確認です。

 

●全国には自治体が「814都市 (*791市+東京23区)」あり、施政形態も多様と思われますが、共通する部分もあると思われ参考となるのでは…?

・よって、施政運営の貴重な情報源として、他の自治体を調査研究により、更に効率的・効果的な「まちづくり」の企画に寄与出来ると思われます。

 

●また、高浜施政は「住民税は近隣市と同等」と言われます。であれば「市民サービス」も同等レベルが適切なのでは…?  (*碧南市は「ごみ袋無料」を継続 )

・「国民保険」や「介護保険」が県下トップクラスに匹敵する施策還元が当然では…?

・しかし「ホールも無い」「ごみ袋は有料」「庁舎も狭く分離分割」は市民が犠牲です!

・「民間分院」だけ、異常な巨額補助で優遇は不適切としか言いようがありません! 

 ⇒「納税が同等」であれば「市民サービス」も同等であるべきです!

 

・次に、市勢が同規模レベルと思われる「自治体」と比較してみました。

 ---藤井寺市(大阪)---☆---  [検索] :  ホーム/藤井寺市

藤井寺」-「面積 - 約9k㎡ - 810位 / 814市」と若干、高浜より狭い街です。

・「人口 - 約6万6千人」「財政健全度 - 305位」「住みよさ - 324位

    (*「高浜」-「人口 - 約4万7千人」「財政健全度 - 14位」「住みよさ - 293位」)

住みよさ順位が同等は、財政力を「市民生活の向上」以外に流している証しでは…?

 (*民間分院 -「約60億円」もの巨額補助が「市民生活」を犠牲としているのかも…? )

 

・高浜の市民サービスの低落には多分に疑問を感じます。 

 

---藤井寺市の施設管理方針---☆---

●「公共施設マネジメント…で、どないするのん?」と、市民の関心を喚起しています!

 [検索] : https://www.city.fujiidera.lg.jp/material/files/group/30/vol3.pdf

「公共施設方針」は「残すべき施設は『長寿命化』を基本方針とされるようです!」

・「施設解体」は、今後「30年間」を掛けて整理集約していくとありました。

 

・高浜施政の「早期解体」を強行は、市民の血と汗を"巨大ごみ"と化したのです!

他市調査は、これに気づかされました!   早期解体は「間違い」と…

 

---市庁舎-施設-------☆---

・「藤井寺市 庁舎面積」-「15,259㎡」-「竣工 - 1994年 - 築24年」

床面積は「高浜・狭小リース庁舎 - 3,668㎡」の「4.2倍!」

・「狭小庁舎」の前提条件「AI&ICTシステム」施政運用は、何時、開始でしょうか?

 

---外観比較-----------☆---

藤井寺市庁舎              ●高浜-狭小リース庁舎   

 藤井寺市役所 f:id:t2521:20190217160053j:plain

・高浜は「樹木伐採」も意に介せず、殺風景な庁舎です。これが「環境施策?」

 

藤井寺市の施政運営等から、ハコモノ施政のあり方を再確認しました。 

・やはり「早期解体」ではなく、公共施設は「長寿命化」を図ること。

西尾市のように「建設基金の積立」を図り、貯蓄してから建設更新すること。

・施設形態は「市庁舎」と「役所組織」を縮充・統合化が無謬性と思われます。

 

「狭小リース庁舎-30億円-20年」の「費用対効果」は疑問しかありません!

・第一に、この建設費「30億円」の見積内容を「情報-非公開」は不可解です!   

・第二は、この不適切な「庁舎- リース建設」の責任も借金返済も「市民に丸投げ!」

「大家族」宣言されながら、公然と犠牲とする施政に、不信感と失望感を覚えます!

 

---高浜の次代の施設計画---☆--- 

・「公共施設推進プラン」-「360億円計画」は市民参画にて見直しが必要です!

・その方法は「ハコモノ建設計画」ではなく「まちづくり構想」から始めるべき!

 

「大家族」の叡智を注入した「未来の高浜づくり」です!

・現「公共施設推進プラン」は「ハコモノ計画」だけ!  「まちづくり」が欠けてます!

 

・「ホール解体」「借金建設」の失敗の繰返しは、市民が犠牲となる"まちの破壊"です!

 後世の市民は「施設利用の機会」を奪われ、「借金返済」だけ課せられます! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸