t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜施政の根幹的な問題 (ハコモノ)

・先回に続き、藤井寺市の「公共施設管理計画」の資料から貴重な情報を得ました。

 (*恐らく「小生」が知らなかっただけで、読者各位はご存知の事かもしれません…)

・それは、昨日の「施設をどないするねん」に記載されていたことです。

公共施設の推進手順」に教えられました。

 

---公共施設の推進手順---☆---

1 ・「再編計画」   - 複合化・統廃合・用途転換を立案し公表 

2 ・「個別施設の計画」- 個々の施設計画を立案 

3 ・「合意形成」   -「行政と議会」と「市民」との合意を確認! 

4 ・「事業手法の検討」- 建設工事の方法につき検討 

高浜に欠けていたことは「個別施設の計画」と「合意形成」です!

 

---過去のハコモノ建設の問題 (着工前)---☆--- 

●「市庁舎-説明会」は着工3か月前に開催。「高小-説明会」は、高小-保護者限定。

市民には「ハコモノ仕様」を知らされず強行。図面は「意匠権」を理由に非公開!?

●「合意形成」は「行政と議会で決める」と「市民は参画させず!」が、借金返済は市民! 

 

---今にして思えば---☆---

●「ハコモノ」建設の説明は「初めは効果有り」「説明会後に修正」は問題です!

 

   「ハコモノ」-「初めは効果有りと説明」        ⇒ 「説明会後に修正し説明は省略!

1・「庁舎」-「リース建設は10% コストダウン」⇒「▲1千万円≒0.3%」では効果無し!

2・「高小」-「縮充は、13施設-37億円で済む」 ⇒「現在-10施設-50億円」でPFI建設!

3・「プール」-「水泳指導委託-2百万円で済む」⇒「1校当り-8百万円」の模様-30年間!

4・「追加工事」- 中公は「地下水-5千万円」、庁舎は「アスベスト-5千万円」、そして現在進行中の「青少年ホーム残土-2億4千万円」を全て「随意契約-特命発注」で追加!

市民として「騙された」印象を抱かざるを得ないのは残念な施設建設です。

・民間プール社が掘削した土- 産廃処分も市民負担。且つ、相場の「1.5倍」は不適切!

 

・このような説明会の実態では「1回」の説明では信用出来ないのは危機的事態です!

しかし、これが施政の作戦では…?  初めは「効果有り」で市民の反対を抑制…!?

・このような説明で市民の了解を取り付け、後で修正の強引推進は不適切では…?!

 

---更に、後で分かったこと…---☆---

1・「埼玉-縮充小学校」-「高小と同規模 - 屋上プール付き」⇒「23億円」と「半額!」

市は「条件が違う」と説明ですが「目的は財政削減」、削減条件を採用すべきです!

   (*「縮充」で始まった施設建設。高小は集合建設、寄せ集めでは高額となります  )

 

2・「追加工事」は「工事会社一社特命で、相場より割高な工事額」で丸投げ発注!

「追加工事」を本工事会社に丸投げ! - 例「旧庁舎-アスベスト工事 - リース会社」

     (*建設工事と「アスベスト除去工事」は別物です。分離発注が常識なのですが… )  

     (*結局、実工事は「市内の工事屋さんが担当とか?」、なぜ「リース会社経由?」)

 

3・「入札情報」を「市HP」に掲載しない方法で推進は、隠蔽工作の可能性…?!

4・「情報公開」で「金入り設計書」を申請も「業者との守秘義務」があると非公開!

財源を血税とする「施政運営」は「明朗会計」であるべきです。なぜ、隠ぺい化??

 

---市民生活への弊害---☆---

1・中公解体-「商工会」-「36年間の家賃ゼロ補償」更に新館建設予定 - 5千万円を追加!

  ・未だに「建設計画」は未定なのに、建設補助費は先行して議決!?

「商工会」仮事務所がエコハウスを占拠「ごみ袋分配作業がスペース不足で困難化」

・この対策として「ごみ袋有料化」のようです。ハコモノ強引推進の弊害です。

 

2・分院建設用地は、分院の要請に応え「市民ホール (資産-7億円 )を早期解体! (築36年)

  ・ホール利用者-年延べ3万人は、代替施設を自ら探して、結局、市外の施設利用に!

  ・「民間分院- 約60億円」「商工会- 約1億数千万円」。「市民」には自己調達を強制! 

⇒ これが「商工会」や「民間分院」には手厚く、市民を犠牲とする施政の証し。

 

・この事態は「施政機能」をも放棄と思われ、これでは「住みよさ」が低落では…!?

 

---市制50周年事業---☆---

なぜ、強引に解体強行され、建替えの「最終工期 - '20年上期」とされているのか? 

それは「市制50周年記念事業」の実績として掲げるためと思われます。この為、

・僅か数年で連続の早期解体を強行され「巨額の建設借金」を市民に押し付けは誤り!

 

・「住みよさ-293位」は「市民生活の維持向上」より「ハコモノ優先、市行事優先」で

市民生活の犠牲を招き、更に「市民を借金漬け!」の不適切な施策と思われます。

 

・施政は「大家族」のためにあるもの…。 現在、強行中の「ハコモノ借金建設」は、  

「大家族」放棄の証しと思えてなりません!  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸