t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施政運営の不可解 Ⅲ (中高生)

・先回のテーマを振り返ってみると…、

残念ながら「納税」の費用対効果 -「住みよさ」は、近隣市と比較しても、極めて成果が低い事は残念でもあり、「行政と議会」の気づきを待つしかないのかもしれません!

 

・最近、またもや「矛盾」の財政説明に気づきましたので、ご案内したいと思います。

 

●「市HP」表紙 -「中高生のための予算の使いみち」の内容に疑問を感じました。

 [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/zaimu/shigoto/kohyo/wakariyasui/H30yosannotsukaimichi.pdf

・後世の市民に「施政」への関心喚起は良いと思いますが、表記内容が疑問です。

 

---「予算の使いみち」の疑問---☆--- 今後の参考になれば幸いです

1.「使いみち-歳出」の前に「歳入」を記載し「納税」の重要性を知らしめるべきでは…

2.「使いみち」が主題であるのに「使途内容」の説明が、余りにも簡略しすぎでは…

あるいは「概要版」と「詳細版」を作成されることが丁寧な説明と思います。

 

3.「家計簿に…」記載の下記「コメント」が正しい説明であり「強行建設」は間違い…!

 

---市の予算で考えると…---☆--- 以下、市の説明です 

●『公共施設が古くなってきているので、節約して、施設の修理や建替えにお金を使えるようにしないといけませんね。』

その通り『節約し「基金」を積み立て「修理」し、寿命がきたら「建替え」』です!

・これが大原則。原理原則なのです…!

 

・にもかかわらず…、施政として矛盾の施策を強行です! 

実態は「分院など」民間会社や団体には大盤振る舞い!

ハコモノは連続の「早期解体 - 借金建設」を強行! 

これは「節約」の心も忘れられ、血税の無駄遣いは「住みよさ」も低落です!

市制記念行事のため「100億円事業」を借金で強行は「市民生活」の脅威です! 

 

4.資料には『「市税」の額に差は無く「他の市と同じ!」』と説明です。

●「市税額」が同じなのに「市民への行政サービス」が低落は「矛盾」と思われます!

●「市税額」が同じなのに「高浜だけ『ホール』も無い街」に転落は「矛盾」です!

貴重な「血税」が「市民生活の向上」に利用されず、民間団体へ提供の結果です!

 

●施政は「大家族」の「住みよさ向上」が責務です。しかし…、

■ 借金建設の弊害は「ごみ袋有料化」の突発的な増税です!

・「エコハウス」が使えないから「有料化」では、またもや「住みよさ」低落です!

「数年先」すら見通しの無い「思い付きのまちづくり」では高浜破壊です…!

 

---新たな財政説明---☆---

●「ハコモノ - 借金強行建設」は「後世の市民を借金漬け」です!

ハコモノ」財政について「財源」や「支払い方法」の説明は必須事項と思われます

 

●施政は、市民に「借金返済の説明責任」を果たされることも責務では…?

・現時点の市債(借金)額を非公表は不安しかありません。

返済の責務を市民に押し付けるのであれば、財政情報の公表公開が責務です!

  (*透明性ある自治体は「借金時計」を公開されてます。だんまりは「大家族」裏切り?)

 

「大家族」の「住みよさ向上」こそ施政のあり方です!

 「大家族」精神の実現を強行戴きたいものです!

  思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま …   

 

 (*乱筆、乱文にもかかわらず最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸