t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム施設建設の残土処理 Ⅲ

この件に関する「市民意見」の回答予定日の連絡がようやく来ました。

・市は「議会対応」や「事務多忙」を理由に回答が遅れていると言い訳。

自分が現役時は「お客様第一主義」で、最優先に取組んだものですが…。

・行政は「自分中心」であるご回答は「公的機関」で執務される資格すら疑問に思います。やはり「民間会社-優先」「市民は最後」とされている証し…

 

実家の役所へ、たまたま行ったときに驚いたのは、「常識」かもしれませんが、職員の方々は「市民を『お客様』」と丁寧にご対応されて、内心、感激しました。

当市は、残念ながら、この感覚、気持ち、心が欠落しているような気もします。

・恐らく、一部の方々なのでしょうが残念と言うか、意識改革すべきです!

 

---行政の回答所要期間---☆---

市民意見や情報公開は、通常「二週間」の回答期間!  (*隣街は「一週間」)

・今回は、溜まりにたまって、意見提出-「1/15」「1/15」「2/12」に対して、

市のご回答予定は「3月29日」に回答。とご連絡がありました。

・なんと「2.5ケ月」もの期間を要するのは不適切極まりません!   怠慢…

・この一因として「職員数」の過剰削減があるのかもしれません。

民間分院には「60億円」もの補助提供し、施政執務体制には投資過少!?

・この財政使途のアンバランスの是正の必要性を痛感させられます。

 

更なる疑問として「意見投函-2/7」⇒「担当部署-回収-2/12」

つまり、庁舎内に投函してから届くまで「5日間」も要していることに!

 

・昨日も、深夜「地震」がありました。平時から、執務に対して「スピード感」をもって対応頂くことが、基本的な要素と思うのですが…。

 

・「ハコモノ建設」や「ごみ袋有料化」は強行なのに、市民サービスは、全く、後回しであることが証明され、施政に期待できないことを確認しました!

 

---市民の素朴な想い---☆---

・執務は「のんびり」対応の一方、「青少年ホーム跡地の残土処理」は圧倒的スピードで推進されています。

 

・確か「2月-2億円」を予算決議されたと思うのですが「残土-4千㎥」は、瞬く間に「1週間」程度で、搬出されてしまいました。

  (*やはり「工事原価-8千万円」を「2億円工事」は労役が少ないようです…?)

 

・この工事の不可解につき、次回、ご案内します。「いい加減な工事」です!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸