t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム施設建設の残土処理 Ⅳ

血税にて執務遂行には「無謬性」「透明性」が絶対条件です。

しかし、施政を観察し検証すると「整合性」に欠けることが度々。

●「青少年ホーム」も同様で、大略的に経緯を辿ってみたいと思います。

 

---施設建設工事の不可解---☆---

● 敷地整備のための発生土

・青少年ホームの早期解体に伴い、何故か、敷地の表層土を「鋤取り」

      (*鋤取り(すきとり)- 土工事の一種で、表土などうすく取り除くこと)

「約700㎥」-「700万円」を当時、敷地西側に積み上げ  (*下記写真)

・工事の段取りとして「鋤取り」先行の目的・効果が、今もって不明?

      (* '18/6、積上げ以後、'19/3まで「約10ケ月間」放置のままでした )

工事業を営む方は「施設建設」の掘削と同時期に行うのが正解とか!?

  f:id:t2521:20180831155134j:plain

 

●敷地表層土の「鋤取り土」の体積

上記の写真は「市が作成」。しかし、実測して「2.2m」程度。 (*下記の写真)

  f:id:t2521:20190310222138j:plain

発生土の高さ -「約2.2m」⇒ 市は「3.2m」と表記です。これに「7百万円!」とか?

 

---発生土の搬出-------☆---

数か月後、プール建設のため基礎部を掘削され積上げられました。 (*約3.3千㎥)

f:id:t2521:20190306083229j:plain

この発生土を「産業廃棄物」として運搬処理のため「指名入札」を実施。 (*18/10)

結果は「9社」のうち「7社-辞退」。「落札-4千㎥-9千万円」「次点-1億円」

・しかし「落札後」、市は、支払いが「3年分割」と主張にて交渉決裂!  辞退発生!

 (*産業廃棄物処理-単価-「2.3万円/㎥」)

 

---入札方法の変更---☆---

'19/1 - 特命にて「プール運営会社」と「プール建設業者」とで「産廃処理」を契約!

「二業者は産廃物処理の免許無し」-「2億5千万円」⇒ 安城の業者さんに丸投げ!

  (*産業廃棄物処理-単価-「6.0万円/㎥」と「2.6倍」に増額!  更に「1回払い」!? )

県からもクレーム発生!  初回の「鋤取り」と「掘削発生土」を仕分けする事!

 

しかし「受益者負担」を原則とすれば「プール運営会社」の負担において進めるべき工事ではないでしょうか?   これを血税負担は適正、適切さを欠いているのでは…?

 

---初回-鋤取り分の現状---☆---

市は現状の残土が「鋤取り分-700㎥」と主張!    場所を移された!?

f:id:t2521:20190310230444j:plain

 

その「鋤取り」残土の中味は「様々な土が混ざり」「シート」「石・ガレキ」有り…

・「鋤取り」は、旧青少年ホーム敷地の表層土-約10cm程度を集めたものなのです。

f:id:t2521:20190310230853j:plain f:id:t2521:20190310231010j:plain

●「ウソも方便」とお考えかもしれませんが、施政に求められるのは「無謬性」「透明性」「平等公平」「適正適切」「費用対効果」なのです!

 

●勤労青少年ホーム-「築40年程度」で早期解体され、水泳指導委託-「30年間-推定約17億円」は「幸田町」のように「市民プール」のほうが良かったのではという意見も…

 (*水泳指導委託 - 8百万円/学校 × 小中-7校 × 30年間 。借地代-60万円/月-@70円/㎡ )

・不動産関係者に聞いたら、借地代は「相場の四分の一」と破格の価格帯とか…?! 

民間企業に優しく、市民に厳しい施政の証しのようです…?

 

・「市制50周年記念」として「巨額-百億円ハコモノ事業」は異常事態!

    (*噂では「高小」だけ建替え。他の小学校は「長寿命化?」とか? )

・「市民ホール」も高浜だけ無くなり、「ごみ袋有料化」は商工会を優遇のため!

 

 「大家族」の犠牲は続きます…

 

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸