t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム施設建設の残土処理 Ⅶ

●やはり「青少年ホーム跡地」の産廃処分工事は不可解そのものです。

・昨日に続き、今日も覗いてみたら「山土?」を運び入れて積み上げているのです。

・何のため土を搬入?  「産廃処分工事-2億5千万円」は産廃土を搬出費用なのです!

 

---before---------------☆---

●昨日(H31.3.17)の「産廃処分の残土の積み上げ量」

f:id:t2521:20190318205849j:plain

確かに「鋤取り-700㎥」という産廃ガレキ量はありません!  

・「つじつま合わせ」のため、わざわざ「搬入」処置を取られているようです?

 

● 「鋤取り-700㎥」-産廃ガレキ量 ⇒ 底辺-巾23.5m×奥行14m×高さ3.2m必要!

f:id:t2521:20180831155134j:plain

---after---------------------☆---

今日も「工事カンバン」の掲示無し。市の工事安全意識の低さが露呈の不適切工事!

 

●工事カンバン見当たらず              ●3月18日 - 積上げ土を追加増量 

・右側の土を奥のほうに移動し積上げ  ・カンバンも無い-ずさんな工事の証し!

f:id:t2521:20190318211042j:plain  f:id:t2521:20190318210439j:plain

●辻褄合わせのため「搬入積上げ」?           ●なぜ岩石・ガレキがあるのでしょう?

f:id:t2521:20190318211545j:plain f:id:t2521:20190318211638j:plain

この残土は「敷地の表層を鋤取り土」なのです。岩石やコンクリートはありえません!

・この「デタラメ」工事は不可解そのものです。説明責任を果たされるべきです!

 

---工事費も増し積みの不可解---☆---

●不可解さの内容確認のため再記載します。

●H30.10.12-「ホーム跡地発生土-運搬処理」-「約9千万円」で落札  (*次点「1億円」)

市は落札後、支払条件-「3年分割」を提示-「契約辞退」発生 - この業者を入札停止!

・下請法に抵触するのでは…?  落札後、支払い条件を変更はありえません。

 

●H31.1.29-「同工事」-「2億5千万円」で「プール運営会社・プール建設会社」と契約!

この二業者は「産廃免許無く」「安城産廃業者に丸投げ」は不適切!

・入札契約辞退から4か月後、「9千万円」の工事が「2.8倍!」もありえません。

 

---市民の素朴な想い---☆---

これが無謬性の施政のあり方なのでしょうか?

財政削減と言われ「ハコモノ-百億円事業」を強行!

「市制50周年記念」と言われ「借金は後世の市民任せ」

 

学校エアコンは今夏に間に合わず来年度内に延期!

商工会がエコハウス占拠のため「ごみ袋有料化」もデタラメ施政の証し! 

(*失政のツケを市民に転嫁は施政を私物化! 商工会には「ごみ袋」-8年分を補助提供! )

 

市民は施政の道具では無いのです

このままでは江戸期の施政施策の犠牲です!

施政は「市民の住みよさ改善充実」に努めるべきです

 高浜の住みよさ「293位」は適正なのでしょうか?

 

「大家族」と言われ借金建設を強行は住みよさ低落です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸