t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 狭小リース庁舎建設の不可解

●「平成」も終わりを告げようとしています。 

・市の「ハコモノ建設」について「総集編」を考えてみたいと思いつきました。

・最初に「狭小リース庁舎」の「費用対効果」についてまとめたいと思います。

結論から言うと「だまされていた」のではないかと疑念が湧きます?

 

---市の説明資料の不可解---☆---

市は「費用対効果」を示すため下記の表を使用されたようです。

 (*庁舎建設後の現在、市HPから削除されました。証拠隠滅…? )

民間事業者の提案する「リース方式」が有効と説明のようです。

f:id:t2521:20181123123019j:plain

 

情報公開等で判明したことは「市が整備した場合」の総額は「33.2億円

 (*この「33.2億円」もお手盛り感があります。仮設庁舎-1億円、引越-5千万円…)

総事業費「37億円」は、如何なる資料を探しても見当たらないのです?

 

・「リース方式」は「33.2億円未満」で良い、という判断基準のようです。

「金額比較」だけで判断は不適切です。「費用対効果」が絶対条件です!

 

---住民監査--------☆---

比較項目として「床面積」を加味して検討してみました。

   事業者の提案  市が整備した場合
建設方式  リース-20年  大規模改修
床面積  (㎡)  3,668  7,674
比率  48  100
建設費+20年利用 (億円)   30.8  33.2
比率  93  100
面積単価 (万円/㎡)  83.9  43.3
比率  194  100

面積単価は「リース方式」が「市が改修時」より「二倍」の高額です。

・これを「優位」とされる基準はなにか?  市民に説明も無く透明性にも欠けます!

  

 

・未来への懸念は「リース-20年後」また、巨額の血税負担で「建替え」です。

「スクラップ&ビルド」の繰返しから脱却が無謬性、財政削減の道なのです

・「国」の指針に沿った施政運営への軌道修正が待たれます…

 

・更なる不可解は「ハコモノ寿命」は「従来-60年」を「新-70年」に延長なのです。

であれば「リース-20年」は、適切なのでしょうか?

・「20年」は「庁舎寿命-60年」とし「築40年」の旧庁舎の残り寿命を「20年」と設定

・「大規模改修」すれば「残り-30年~35年」に寿命延長を「20年設定」は早期解体!

 

---リース方式の不可解---☆---

●庁舎建替えは、当時、施政に無関心もあり工事着工後に知りました。後で分かった事-

・「市民説明会」が「着工三か月前」では、「建設決定通告」にしか過ぎません。

街や施政の中心にもなろう庁舎建設に、市民の声も、要望も反映無しで建設強行!

・結果「目玉施設-チャレンジ・スペース」は「休憩室」では無駄遣いでは…??   

 

・このような建設はおかしいと「金(金額)入り設計書」を情報公開を申請しました。が、

市の回答は「非公開」。市民は納税だけすれば良いと、道具扱いのお考えかも…?

・リース建設も「後世の市民は施設を使う。借金も後世の市民が払う」とお考えでは?

 

 ここに「大家族」精神はありません! 

 

この考え方を踏襲されて「庁舎-30億円」 +「高浜小-50億円」 +「高浜分院30億円補助 +建設補助23億円」と続き、合計 「130億円」を突破!

・更に「民間プール敷地」にも巨額の血税を投入は施政の枠を逸脱のような気もします

   (*施設解体-「5千万円」+基礎工事の掘削土の産廃処分-2.5億円 ⇒ 学校プール-2基分) 

・これも考えてみれば「民間プール施設」のため「公共施設」を早期解体…!

 

財政逼迫(ひっぱく)し「財政削減」と訴えられながら「市制50周年記念行事」のため、「ハコモノ-百億円事業」を、市民に説明もされず強行は犠牲を招いています…

 

・「学校エアコン」は設置期限を延期、ゴミ袋は有料化、介護保険は県下三位の高額、

正に「江戸期」のような施政運営が展開されているように思います。

・何より「中央公民館-年間利用-のべ8万人」が犠牲となっています。ハコモノの過ち!

 

・先日、高齢者の方が「膝が痛いのに「庁舎」と「いきいき広場」を往復して難儀した」と、不満を漏らされていました。この市民の声を汲取る力が施政に必要です。

 

 施政は「大家族」の住みよさ向上があり方です!

 民間企業の優遇策が目立ち過ぎです!   結果、市民が犠牲となっています!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸