t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高小建設の不可解

先回の「狭小リース庁舎」の次は「高浜小学校-PFI建設」の不可解な問題です。

 

---高浜小学校の建設---☆---

Ⅱ.「高小」 - PFI - 15年-「50億円」の財政効果の疑問 

1・「縮充建設」 に反して「集合建設」は「一般的な小学校」の「二倍」-「50億円」もの建設費では「財政削減効果」は疑問しかありません。

つまり「一つの学校」に血税を「二校分」投入に財政効果が無いのは明らかでは…?

f:id:t2521:20190322125146j:plain  f:id:t2521:20190322125323j:plain

● 市会議員視察-埼玉-「縮充建設」小学校は「高小と同規模 (屋上プール付き)」で、

「建設費 - 23億円!」- 市は条件が違うと説明ですが条件を合わせるべきでは!? 

   

2・「高小-建設説明会」は 高浜小- PTA限定にて実施 (約30分程度)では説明責任を回避! 

「高小-集合施設」は、高浜市民全員のハコモノです。高小PTAだけでは誤りです

 

3・「高小-建設費支払」-「’19年-23億円、’20年-13億円、’21年-0.5億円」です。

「三カ年-37億円」 - なぜ 15年-PFI採用? - 財政負担-平準化の効果も疑問です? 

 

4・「高小以外の他校は長寿命化」を推進し「建替えは約15年後から開始の計画」? 

「高小」だけ先行され、他校は後回しは不公平です。義務教育は平等公平であるべき!

  (*どうしても「市制50周年事業」として強引推進の意図が明らかです )

 

5・更に「大規模改修」と「建替え」の周期は「約30年~35年」が適切なのですが、下記の表のような計画では「無駄遣い計画」は明白であり軌道修正が必要です。

これは財政浪費の独断計画であり、市民の智慧で是正し理解を深めることが大切です

計画

 建設年

 大規模改修

 改修費用

 建替え-着工

 建替え費用

高浜小

 S36

 (H68)

  (22億円)

   H29

 48億円

高取小

 S40

 H32

 11

 H45

 20

港 小

 S50

 H38

   8

 H55

 16

吉浜小

 S44

 H34

 11

 H51

 21

翼 小

 H13

 H48

 18

 -

 -

    (*小学校-児童一人当りの面積が「高取-10㎡/人、吉浜-8.5㎡/人」も問題です )

 

Ⅲ.勤労青少年ホーム - 早期解体し水泳指導委託のため「民間プール会社」を優遇誘致

1・同施設は、築42年。解体費-5千万円 + 敷地の整備 - 産廃処分-「2億5千万円!

合計「3億円」は「学校プール-2基分」を産廃処分に投入の財政効果も疑問です!?

 

2・昨秋(10月)に、正規入札にて「約9千万円」で落札工事を「約3倍」で特命発注!

その発注先は、産廃処理免許の無い「民間プール会社」と、その「建設会社」に!?

 

3・結果、この「産廃処理工事」は、地元(安城)の会社に「丸投げ」のようです!

巨額の血税投入で「丸投げ」工事は、適正に遂行されているとは思えないのです!

 

  本当に適正適切な工事なのか、疑念は消えません?

 議会等での追及により、施政の正常化が図られるよう望むものです…

 

---不可解な施政の疑問---☆---

4・「水泳指導委託」を口実に「敷地整備に3億円」を投入は適正適切なのでしょうか?

・適切であれば「財政効果」として、その効果額はどの程度、得られるのでしょうか?

・プール営業-4千時間のうち「水泳指導委託」は、市内全校でも「実質-180時間」

水泳指導のプール利用は「180H ÷ 4,000H」≒「4~5%」と極めて低いようです。

 

・しかし、民間プール建設のため「公共施設」を解体し、敷地の整備費も負担。しかも「整備費」を「約3倍」に引き上げて「プール会社」に特命発注は不適切では…?

 

5.更に「高浜分院」同様、この「民間会社」にも優遇措置がとられています。

敷地面積は「約9千㎡」- 借地代は「月60万円」と相場の「4分の一」とか?

 

 民間企業に優しすぎる施政は、結局は市民が犠牲です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸