t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市民がみた'高浜のまちづくり'の矛盾

・高浜施政による「まちづくり」の問題点の真因は、今から十年前にさかのぼった「ハコモノ-病院施設」に起因しているようです。

 (*何度も述べていますが、改めてご確認頂きたいと思います)

 

●最近の市議会の説明では「中央公民館」の解体は「今後の財政を踏まえ公共施設の再配置を考え解体強行」の説明に矛盾を感じます。

結果は「中央公民館-築36年-資産価格-7億円」これを「3億円」を費やして解体のようです。つまり「10億円」を廃棄!

 

・次に「解体」の契機となったのは「公共施設計画」ではなく、「民間分院」が、現在地の建替えは院内調整が大変なため「中央公民館の土地」を要求され、市はこれに簡単に応じたことが、そもそものきっかけのようです。

 

・この結果、既に「民間分院」には過去十年間で「経営補助」+「医療器具購入補助」+「救急対応」等々、様々な理由を設けられ「なんと、30億円」もの補助漬け。

 (*これは「分院」の本院が所在する刈谷より多額の負担のようです ) 

 

・更に、新分院の建設費は「計40億円」のうち「23億円」を民間分院に補助提供。

結果、合計「驚愕の 60億円」もの提供を議会は承認となったのです。

・このような補助漬けのどこが「財政削減」なのでしょうか?

 

  高浜は「民間分院」のサイフと化しています! 

・市民には「ホール」を利用したければ近隣市の施設利用を推奨を提唱は無責任の証し!

「納税」の意義も効果も疑問の施政実態は改革が必要です!

 

ハコモノは「百年」先を見越した施策判断が必要です! 今のハコモノは来年「市制50周年行事」に華を添えるため「早期解体」と「強行建設」の繰返しは不適切です。

・かわら美術館は累計-80億円、民間病院には累計-60億円。これらが施政の手枷足枷となり異常な建設手法「リース」「PFI」を採用に追い込まれ悪循環を招いています。

 (*この「かわら美術館」も数年後には「民間譲渡」とか?  何のための納税負担…? )

このような「ハコモノ建設」の失政が今の高浜を、市民を犠牲としています !!

 

---中公解体の弊害---☆---

この中公解体により、同居していた「商工会」は「エコハウス」への移転を決定。

これが「ごみ袋有料化」の原因なのです。

・つまり、安易な移転先の決定により、「エコハウス」本来の「ごみ袋分配作業」が困難となり「有料化」となったようです。

   (*詳細は、このブログ-前号に記載しています)

・「商工会」は「居住-36年間」の家賃はタダ。更に商工会館建替費-約6千万円議決!?

この過剰と思われる補助はありえなく不適切です  (*民間団体が提訴し訴訟中! ) 

 

●表面上は「財政削減」「ごみ減量」と美辞麗句を並べてます。

-が、実態は「血税の無駄遣い」と「ハコモノ施策の失敗」のツケを市民に回しているだけが真相のようです。

 

市民でも推測できるような簡単な異常事態を、「議会」は安易に行政への忖度賛同は、市民が、子どもが犠牲です。この致命的な体質改革こそが急務なのです!

 

●「狭小リース庁舎-30億円」-他の街の方に話したら「笑われました」-恥ずかしい施策

結果は、市民や後世の市民が笑われ、「借金返済」だけ残され、「ごみ袋有料化」という行政サービスも低落は、ハコモノ施政-失敗の結果です。

 

「大家族」と言われるのは「大家族」でない証しです!

 

・来年度は「市制50周年記念」-50年も経過し、高浜だけ「ホール」も無い街に転落!

・この記念行事に「ハコモノ建設-140億円事業」を強行は市民説明も無く- 不適切!

 更に「ごみ袋有料化」という増税のおまけ付は施政としても不適切の極め付き!

 

  「大家族」は無視され、「ハコモノ-建設賛同」は監視機能を喪失の議会です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸