t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校建設の不可解

ハコモノは巨額の血税を投入し、基金無き「借金建設」の返済は「後世の市民任せ」は、当然、市民の納得が必要と思います。

ハコモノの「借金返済」も「建設責任」も「市民」が負うのです。

「行政」も「議会」も責任を負う事はありません。

・しかし、ハコモノ建設の進め方は、市民には秘密で強引推進されています。

ハコモノ建設は「借金建設」ではなく「基金積立」後に着手が堅実な無謬性です

 

・実態は「高浜分院-25億円-10年」 「狭小リース庁舎-30億円-20年」 「高小-PFI-50億円-35年」、そして「民間プール建設-9億円-30年」等々、建設の意義も財政効果も不明のまま、説明無きまま「100億円超」もの、巨額投入は不可解を超え不安でしかありません。

 

・「市制50周年記念」がそれほど大事なのでしょうか?

 このハコモノ施政の失策の結末が「ごみ袋有料化」では、その施政のあり方は「市民不在」「市民が犠牲」の証でしかないように思われ残念でしかありません。

 

---小学校の建設計画---☆---

・市は「学校」を公共施設の要として、各学区毎に整備していく計画のようです。

・更に「財政削減」の面から「施設寿命」は「60年を70年に延長」「35年毎に改修

これを基本的なハコモノ方針として「公共施設推進プラン」-「学校」を監査。

・特に「時期」と「財政」に注目し、再整理してみました。

 

 学校  現校舎-建設  建替改修-着工  施設費用   建替改修-着工   改修費用
高浜小  S36 ('61) 建替-H29 ('17)   50億円 改修-R38 ('55)   22億円
高取小  S40 ('65) 改修-R 2 ('19)   11億円 建替-R16 ('33)   20億円
港 小  S50 ('75)     R 8 ('25)      8億円     R25 ('42)   16億円
吉浜小  S44 ('69)     R 4 ('21)   11億円     R21 ('38)   21億円
翼 小  H13 ('01)     R18 ('35)   18億円      -      -

 

---小学校建設の不可解---☆--- (*市民目線からの疑問を列記してみます)

1.今回「高小」建設時期は「56年」- あと「10年延長出来ない」理由は何か?説明無し

 

2.「高小」建設費は竣工年から3カ年で37億円を支払い予定。

 市は当初「財政効果」として「支払い均等効果」と説明されたのですが…?

 

3.「高小」維持管理-1億円✖15年を、一民間企業が独占の効果は? - 1億円は高額過ぎ!

 

4.「高小」だけ「建替え」- 他の小学校は「改修」を実施。この目的が不明?

 

5.「高取. 港. 吉浜小」は「改修後」、僅か「15年程度」で建替えの財政削減効果は?

 

6.「学校-縮充効果」を高小で検証もされず、次期「高取小」を設計着手は強引では?

 

7.「高小-PFI建設」を含む全小学校の施設整備費は「180億円計画」となっています。

ハコモノ建設基金」も準備無く「借金建設計画」のようです。

・結局「計画立案」-「建設強行」。あとの借金は「後世の市民任せ」は無責任では?

 

8.「高小-建設」- 50億円建設の根拠、妥当性は、市庁舎同様、未だ不明です…

 

---ハコモノ建設のあり方---☆---

・従来の建設ありきの強行建設から、今一歩「大家族」に寄り添った、市民の納得を確認されてのハコモノ行政の推進が無謬性であり「まちづくり-百年計画」を生み出す方法と思われます。

 

・今のハコモノ政策は余りにも来年の「市制50周年事業」への過剰な成果訴求に注力が懸念され「大家族」不在の強行建設を推進は後世の市民が犠牲です。

 

ハコモノ強行に注力のあまり、「商工会がエコハウス占拠」の影響も見通せず「ごみ袋有料化」は、失政責任を市民に転嫁です。

ハコモノ政策の失敗は「全市民が犠牲」となっています

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸