t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校建設の不可解 Ⅶ

先回は「長々と書いて分かりにくい」とご指摘を戴き、結論だけ再掲載します。

・しかし、相も変わらず、くどくなりそうで「復習」と思って頂けると助かります。

 

---高浜小-PFI- 50億円の不可解---☆---

当初、高浜小学校の建替えにつき、下記の資料を入手したのが初めでした。

・市の説明は、高浜小学校の建替えに際し、中央公民館や大山公民館等、「13施設」を単独に建替えすれば「49億円」を要する。

縮充(複合化)すれば「37億円」で済む。「12億円」も安くできると説明。

 

f:id:t2521:20160708091225j:plain

 

---高小・縮充計画の変更---☆--- (*上表の記載額から試算 )

その後「縮充施設対象」から「幼稚園」「いちごプラザ」「大山公民館」「図書館」を除外されたのです。

・施設数は「13施設から9施設に減少」。その建設削減分は「13億円」相当。

⇒ しかし「縮充-建設費」は減額されず「37億円」は固定のままで強行です。

 

---高小-新校舎計画概要図から---☆--- 

・市民に概要図が公表されたのは「工事着工」と同時期のタイミングと思います。

・それまで、施設説明会は「高小-PTA限定」にて一度、開催された程度と思います。

ほとんどの市民には、建設仕様等の詳細情報は説明されず強行されたのです。

 

---住民監査活動---☆---

・ようやく概要図資料を紐解きながら検討すると、施設は「5施設機能」に集約。

・床面積は「校舎-113%」「体育館-126%」「児童C-203%」と学校は拡大、「地域施設」である「体育C-73%」「集会室-26%」と激減!?  これが縮充…?

中公-集会室の利用者はかつて「約5万人」- とても充足できる広さではありません!

・説明と実態の乖離は甚だしく、裏切られた思いを強くしています。

 

---PFI-建設の不可解---☆---

・市は「PFI-民間資本に委託」により、支払いの均等平準化が出来ると説明のはず。

実態は「施設分-37億円」は、H30年度から、僅か3年間で「支払い」の計画。

・支払い均等平準化は「維持修繕-倍額-1億円」を「15年間」支払いだったのです。

  (*既存の市内小学校の維持修繕費は「約4千万円程度」が平均額のようです )

「維持修繕費」を毎年支払いは世間の常識。しかし竣工初年度から倍額1億円は疑問 

 

● 高小-縮充施設の面積は「学校施設:地域施設=85:15」- 地域施設が加われば、維持修繕費が「倍額」となる理由も理解できません…?

結局、「PFI」は民間企業を優遇のための仕掛けでしかないように思われます。

 

---施設-トータルコスト---☆--- (*再掲)

市の説明では「40年間」の施設のトータルコストを検討されたようです。

① 施設計画として、該当施設を「改修」に「13億円」を要する。

② 将来- 40年以内に「建替え」となるため「49億円」を要する。

現存する施設を単独維持は「合計-62億円」にもなる。解決方法は複合化。

●「複合化」すれば「37億円」となり「財政効果-▲25億円」となるとのご説明。

これは市民をあざむく説明のようです。虚偽の説明を市が強行とは不適切です。

 

---市民をあざむく縮充建設---☆---    (*再掲)

1・「複合化リスト」から「4施設」を外されました。

 (*「幼稚園-2園」「大山公民館」「市立図書館」を除外は「計13億円」に相当)

結果単独建設額は「46億円」に減額にもかかわらず、「高小-PFI-縮充建設」は減額もされず「37億円」固定で強行は、血税の無駄遣いは明らかです。

 

この条件で、PFI建設の「将来-40年間」のトータルコストを再検討しました。

・「高小-複合化-37億円」+「施設-13億円」+「高小-改修-22億円」=「72億円!」

よって、単独建設」:「複合化建設」 = 「62億円」:「72億円」

 

・市は、複合化のほうが「単独建設より▲25億円」も安いと主張し建設強行です!?

・更に、PFI- 維持修繕費は15年間で「約6億円」の上積みです。 (*複合化-78億円)

「財政削減」で開始された「ハコモノ」強行建設は血税の無駄遣いの連続です!

 

「大家族」を騙して建設強行は、タカハマ - アブナイ!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸