t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校建設の不可解 Ⅸ

・こんなことがあって良いのかと驚きと落胆を覚えながら書いてます。あってはならないことが、この街で強行されていることは、真に街の破壊行為同然です。

 

●「公共施設」の最適管理や財政削減を目標に開始された「公共施設総合管理計画」-

ハコモノ」-「360億円」、「インフラ」-「340億円」=「合計-700億円」もの超巨額の血税を投入となる、高浜市制 - 百年の長期計画なのです。

    (*インフラ - 道路・橋・河川・公園・上下水道 <社会資本>のこと)

 

・市民に対し、誠実に、丁寧に、周知化を図られるべく尽力が施政のあり方では…?

・しかし、実態は「施政側の思惑」を前提に作為的に加工された資料を展開され、施設建設の「検討委員」や「市民」の冷静な判断を奪うこととなりました。

これは、あってはならない施政の過ち、私物化、権力乱用の不適切な実態なのです

 

---ハコモノ計画の不可解---☆---

国が提唱された基本的なハコモノ管理の内容は…、

1・「長寿命化」を図りつつ「残すべき施設」を吟味検討する。

当然「残すべき施設」の選択は市民意見や要望を確認し説明され合意獲得があり方。

2・「長寿命化」と並行し、ハコモノ建設の「基金積立」を図る。

3・「施設の集約」「建替え」と、数十年を要しての検討を提唱されたはず。

これゆえ「ハコモノ寿命」を「従来-60年」から「80年-90年化」の所以なのです。

ところが、高浜施政は、これを「財政負担」が増える方向に転化されたようです。

・結果は、僅か数年単位で「公共施設の早期解体」を強行の連続。

・どれだけの市民が犠牲になったことか? 早期解体は数十年分の損害です…

  (*例えば「中央公民館」- 年間利用- 7万人とすれば ✖30年 = 延べ210万人 )

    この「210万人」の嘆きの声を想い図って戴きたいものです

 

---高浜の施設管理---☆---

● 市民に配布された資料の一例を示します。 国の提唱を逆転された進め方です。

f:id:t2521:20190509115604j:plain

 

1・「総量圧縮」- いきなり「公共施設の早期解体」に市民の合意も納得も確認も無く、

「中央公民館-築36年」「旧市庁舎-築40年」「青少年ホーム-築42年」を早期解体!

 

2・次に「借金建設」-「狭小リース庁舎-20年-30億円」「高小-PFI-15年-50億円」を強行!

急いだ理由は「'20年-市制50周年記念行事」に誇示するためでは …このような事態は

 「まちづくり」の私物化であり、施政運営の大きな間違いを犯されたようです。

 

3・施設-長寿命化と言われ、高浜だけ「70年設定」も不可解?  他市は「80年」を多用!

かつての「高度成長期」は終焉し「スクラップ&ビルド」は、もう過去の時代の話。

・いまだに、この妄想を抱かれ「施設解体を強行」は時代錯誤としか受け取れません。

市制50周年を迎え、堅実な成熟社会への転換を目指し、健全な財政運営を図るべき!

・未だに「借金は後世の市民が返す…」も時代錯誤の施政経営の証しと思われ失望です!

 

---不適切なハコモノ資料例---☆---

この虚偽のハコモノ資料により、委員会や市民の判断を狂わせることに…。

■ 高浜小学校の建設 - 複合化決定前の資料 - 「期間-H27年~H63年('51年)- 36年間」 

更新費-「37.3億円」と記載され、これと単独建設-「63億円 - 40年間」と比較。

 

・疑問点 - なぜ「35年後」の大規模改修費を除外されたのか? 説明を省かれたのか?

 ②そもそも「37億円」が不可解なのです。根拠が全く不明の建設費はねつ造では…?

f:id:t2521:20190509091044j:plain

 

複合化決定後の高浜小-施設計画 -「期間-H27年~H70年('58年)-43年間」(*H30作成)

更新費 -「73.2億円」と記載。 単独建設-「63億円」と比較なら「10億円増!」

・これを市は「複合化が優位」と「高小 - PFI 方式の借金建設」を強行のようです!

 

・疑問点 - なぜ「高小-更新費が『単独建設費-63億円』を超え『複合-73億円』となり、財政効果が破綻と判明したのに「複合化建設」を強行されたのか?

② H30年以前に、当初の建設費「複合化-37億円」が「48億円」に高騰のようです。

    既に、この時点で「複合化の神話」は崩壊状態だったのでは?

f:id:t2521:20190509091233j:plain

 

●「財政効果」も無視されて建設強行は、市民無視、市民虐待と同然の施政と思われ、不適切どころか「犯罪」レベルに近い状態にあるのでは…?  今後も監視が必要です!

 

---市民の素朴な想い---☆---

・「ハコモノ建設」において、実に巧妙な仕掛けをされていると実感しました。

・施政は「単独建設」は巨額を要し「複合化」が「財政削減の方策」と主張でした。

・ところが、実態は「複合化」が「高小-PFI建設-建替-48億円 + 35年後-22億円」と「合計-73億円」にもなる「財政効果」が全く無いハコモノ建設を強行は裏切りです!

 

・施政においてこの巧妙な仕掛けは不適切を超えた「悪さ」であり度を超えています。

 

・あってはならない施政説明で「百億円事業」を強行は市民が犠牲です。

・施政は「民間企業を優先」ではなく「市民ファースト」が原理原則です。

 

 「思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま」の真の実現こそがお役目!!

 読者諸氏は、ご寛容なるお心でこの歪んだ施政をお許しとなるのでしょうか?

 このままでは「ハコモノ」-「倍額建設」は行政サービスも低落します。

 (*「ごみ袋有料化」が「令和-第一号」の行政サービス放棄の証しです )

 

    (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸