t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 狭小リース庁舎に建替えの損失

・「ハコモノ建設」は巨額が動き、その動きが不透明な為、大きなリスクがあります。

・「施政側」も「情報発信」や「情報公開」に消極的な面があり尚更です。

庁舎建設」もメリット説明を繰り返され、調べると巨額の損失を生んでいました。

 

---ハコモノ建設の損失---☆---  

・先回は「高小-PFI-15年-複合建設」は「▲16億円」の損失とご案内しました。

    (*基本は「複合化」は安価なのに「個別建設」より高額が高浜のハコモノ建設…? )

・今回は「狭小リース庁舎」の損失「▲6億円」について検討結果をご案内します。

    (*本来「リース施設」は民間施設を「公共施設-相場」で支払いは不適切の極み!…

今回の「早期解体」+「強引建設」の結果は、なんと「22億円超」の無駄遣いです! 

   

---公共施設の建設費---☆---

 ・「公共施設」の更新(建替え)や改修時の計画作成時に多用されるのが「総務省-単価」と言われる下記の「概算単価」です。

・これは国内の公共施設の建設実績を総務省が集計し、目安として「平均値」を算定。

・注意点は「平均値」であり「絶対値」ではありません。予算計画時の参考額なのです

 

f:id:t2521:20190513083911j:plain

 

● 「総務省-単価」は、当市でも「公共施設計画」に利用されているようです。

・「市庁舎」の建替え検討資料にも利用され試算されていました。 

  (*しかし、この「平均値」を「施設見積額」として運用されている事は不適切です )

 

---旧庁舎の耐震補強改修額(試算)---☆--- 

・今では「旧庁舎を耐震改修」が正解であったと思います。 (*後悔、先に立たず… ) 

 床面積       (㎡)

 7,674           (100)

 大規模改修 (万円/㎡)

 25                     (100)

 施設改修費

 19億19百万円    (100)

・[市の計画書の記載額 - 旧庁舎を市が整備した場合-1928百万円」=「25万円/㎡」]

 

・市は「旧庁舎 - 築40年」のため「使用可能期間を20年」と設定が間違いでした。

・施設は「70年~80年」と長寿命化が、未来の高浜のための施設管理のあり方です。

しかし「リース-20年契約」のため「旧庁舎寿命- 60年設定」は詭弁同然なのです。

・これは「大家族」を裏切る施政の証しとも言え、許されざる暴政の一つです!

 

---狭小リース庁舎(民間提案)------

・他市の方は「リース庁舎」を笑われます。間違いは明らか…恥ずかしい"まちづくり"

 床面積          (㎡)

 3,668        (旧庁舎比 - 48)

 更新 - 建替え (万円/:㎡)

 40                          (160)

 施設改修費

 14億67百万円            (76)

[・市の計画書の最終支払い額 - 狭小リース庁舎 -「15億45百万円」=「42万円/」]

「民間提案」と言われ「公共施設-相場」を採用が 怪しい提案、無駄遣いの証しです 

  (*更に「公共施設-相場」も超えるリース単価は、不適切を超え、「異常」です! )

  

---狭小リース庁舎は「民間施設」------

・今回お伝えしたい疑問は「総務省-単価」は、自治体が公共施設を建設時の単価であって、「狭小リース庁舎」は「民間施設」を「自治体」が借用するものです。

従って、建設単価は「民間施設 - 建設相場」が適正適切な単価相場なのです!

 

---民間施設の建設相場------ 

・建設設計会社の資料から引用したものです。

 木 造 (W)

 17 万円/㎡

 鉄骨造 (S)

 26

 鉄筋コンクリート造 (RC)

 29

 鉄骨鉄筋 コンクリート  (SRC)

 30

 

・旧庁舎は頑強な「SRC造」、狭小リース庁舎は安価な「鉄骨造(S)」です。

 であれば「リース施設相場は『26万円/』が、適正、妥当な建設単価!」 

・しかし、実態は「42万円/㎡」と「1.6」は、不適正、割高な建設単価。

これを知らなかったは怪しいのです。これがハコモノの怪しい仕掛けなのです 

 

・この民間相場を適用試算 -「鉄骨(S- 26万円」✖「3,668㎡」=「54百万円

「リース施設」の建設費は「10億円未満」が相場。更に値下げも可能です。

 

・市の支払い予定額 -「15.45億円」-建設相場「9.54億円」=「▲5.91億円」。

「狭小リース庁舎」施設は「億円」が「市民の損失!

これは不適切な「ハコモノ建設」の典型的な事例であり「血税の無駄遣い」です!

 

・結局「ハコモノ建設」の損失(過剰な高額)は「高小 -  16億円」+「庁舎 - 6億円

「小学校-建替え-1校分」を余分に支払う施設建設のあり方は如何なものかと…

     

「財政浪費建設」は「大家族」が犠牲のハコモノです!

  明らかに間違いのハコモノを強引建設の裏は巨額の血税が無駄遣いされています 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸