t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ建設のカラクリ

・手遅れとなりましたが、ここに来て、ようやく、ハコモノ建設の奇妙な「カラクリ」が見えてきたように思います。 あってはならない血税運用は市民が犠牲です。

・この「デタラメ」なハコモノ建設による「高浜-百年のまちづくりの損失」を如何様に償われるのでしょうか?    その責任の重大さを噛みしめて頂きたいと思います。

 

---ハコモノ」のカラク---☆---

・「市民への説明責任の回避」- 市民に正確な情報提供は省略し、結果報告に留める。

「市庁舎」は着工3ケ月前。「高小」は保護者限定。これで約80億円を投入…

・「総務省-単価」を多用し、これをハコモノ見積とする。業者見積は公表しない。

血税運用」を信用して行政に託しているだけであって、血税は市民の財産です!

 

 この市民の財産運用が不適切は「大家族」を裏切りです!

 

---市民の素朴な想い---☆---

・この費用対効果も不可解な「ハコモノ建設」の裏に、「乱暴な財政運営」が隠されていたとは驚きと失望しかありません。

・このように残念な財政運営が公然と強行を許しているのは、市民の無関心が原因なのかもしれません。

・その無関心が血税の無駄遣いを強行となり、行政サービスは低落し、ごみ袋有料化も引き起こし、回りまわって、市民生活に大きな影響となって帰って来ているのです。

 

---市民生活への悪影響---☆--- 

・「民間分院」には「60億円」もの補助強行!  土地も無償提供。利息も税金も補助!

市民から「ホール」を剥奪。高浜だけ「ホール」も無い街に - 児童は隣街で発表会!?

・「中央公民館」に同居の「商工会」は「エコハウス」へ移転。

「ごみ袋配布作業」が困難となり「有料化」に変更。行政だけ一石四鳥のメリット!

 

・「リース庁舎」は「民間施設」なのに「公共施設相場」を適用し高額支払いを議決!

民間施設の建替費は「26万円」が相場を「総務省-単価」を適用-「42万円」支払い!

   (*この差額結果は「(42万円-26万円)✖「3,668㎡」=「5億9千万円」の無駄遣い!」)

 

・「高小-建設」も個別建設より高額な複合-建替え。他の小学校は数年後から「改修

   (*この建設検討会で「複合化は個別建設より▲25億円も安価」とウソの説明は異常!)

「高小-建設費-50億円」は市内最高額-市民全員で借金返済。 (*公共施設面積-15%)

     この複合建設は「個別建設」より「25億円」も増額建設を強行は市民を馬鹿扱い!   

     (*市制50周年記念事業の「ハコモノ建設」の裏は実に「30億円超」の無駄遣い!  ) 

 

・「種々-保険料」は県下でも上位クラスとか?   市民からは徴収強行の施政の証し!

「財政健全-全国55位」⇒「住みよさ-293位」が民間企業優遇の結果かもしれません

 

---後世の市民への悪影響---☆---

・一番心配なのは「後世の市民」への影響です。この乱暴な"まちづくり"に、後世の市民に、「まち」を愛する気持ちを宿らせることが出来ているのでしょうか?

・あるお母さんから聞いた話では「子どもが高校生となり、他市の子らと『出身地のまち』の話をすると、余りにも教育環境や行事内容に格差がありすぎて『高浜』は恥ずかしくて話せないので聞き役に回る」のだそうです。

 

・大人でも「リース庁舎」と言うと笑われ「市民」として誇れるものではありません。

・しかし「狭小リース庁舎」には「20年間-30億円」もの巨費を投入しているのです。

しかし、やっぱり「6億円」の無駄遣いが判明!は裏切りです…20年後解体も不可解?

 

・余りにも「費用対効果」の劣悪な「ハコモノ-強行建設」に「無駄遣い」の思いしか湧いてこないのは施政の間違いが明らかな証しと思われます。

 

・この残念な思いしか湧かない「施政のあり方」につき、行政や議会には猛省を求めることしか出来ないのも無力な市民なのです。

・しかし「ハコモノ-百年」の過ちは「猛省」で償えるものではありません。「高浜-百年」にとって大きな禍根を残された施政として残念な評価を下すことしか出来ません… 

 

・先月、議員選挙が行われました。

 まずは、地元や身近な議員さんに声を掛けられ、施政動向や、市民から見た、感じたまちづくりについて質問、要望することも、まちを変える行動となるかもしれません。

 市民の小さな一歩が「まちづくり」を変える起爆剤になると思います。その踏み出す勇気が求められているように思われてなりません。

 改めて、小さな一歩が「大家族」を救う行動となることを実現したいものです…

 

   (ハコモノ建設を注視しての稚拙な意見を述べさせて頂きました )  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸