t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ建設のカラクリ Ⅱ

・先回は「狭小リース庁舎」の建設見積に「総務省-単価」を利用され、本来、民間建設相場を適用すべきを、より高額な「総務省-単価」 (*約5割高) にて、支払い処理をされていることや、その損失は「約6億円」にも相当することをご案内させて頂きました。

 

・「高浜小の建設」では「個別建設-40年間」のトータルコスト「63億円」と、「縮充(複合化)」の初回だけの建設分「37億円」とを比較し、検討委員会にて「▲25億円」も削減効果があると虚偽の説明で建設承認を得られたようです。

 

・その数年後、高小-推進プランで「複合-40年間」のトータルコスト「73億円」と計画公表は、不適切というより詐欺同然のハコモノ行政を運営は市民を裏切り行為です

つまり「複合建設」は、なんと、個別建設より「10億円」も超過!! 

 

・更に、その施設機能は「個別建設-13施設」対「高小-複合-8施設」と激減です。

この施設削減分の建設費を換算すれば「14億円超」もの巨額となるのです。

・「個別建設が益々、安くなり、ざっと▲25億円」これを複合化推進は違約行為では?

 

・また「複合」は本来、建物を一つにして建設費削減を、実態は敷地が同じ場所に建てただけの集合建設では「財政削減効果」を発揮できないようです。

これを、あえて「デタラメ建設」と表現しています。あってはならない施政です!

 

---県のハコモノ方針---☆---

・19.5.16-中日新聞-県内版-P.16に掲載の「老朽化県立学校 延命へ」-「県教委-使用年数 - 補修で築80年に」とありました。

・これで「従来-60年で建替える場合に比べ、『半額』で済む」とありました。

・県立高校は「既に築60年超過」の学校を優先して改修着手されるようです。

国の指導の通り「長寿命化」優先があるべきハコモノ行政のようです。

 

---高浜市の実態-----☆---

・高浜のハコモノは、改修するより「壊したほうが安い」と言われ早期解体を強行!

・「中央公民館-築36年解体」「旧庁舎-築40年解体」「青少年ホーム-築42年解体」

・「高浜小-校舎-築60年解体、体育館-築49年解体」と次々と連続の早期解体の繰返し。

その財政効果は、市民を騙して「割高建設」を強行は極めて異常な施政です。

 

・更に「施設の長寿命期間」も多くの自治体は「80年」を採用、「安城-90年」。

「高浜-70年」と短期なのも、説明も根拠も示されず強行は不可解しかありません?!

 

---割高建設の弊害---☆---

・「狭小リース市庁」-「約6億円」の過剰支払い計画!

・「高小-複合建設」  -「個別建設」と比較し「約25億円」の過剰な血税投入建設!

・「民間プール建設」-「30年契約」で「約9億円」の高額な水泳指導委託!

・「民間分院-建替」  -「建設費 - 半額負担 - 約23億円」もの意味不明な補助!

これらの失政のツケが、市民への「ごみ袋-有料化」- 市益-数千万円の見込み。

・市民からは「数千円」でも徴収という施政のあり方は「まるで江戸期」 

・これで、来年「市制50周年」を華々しく飾るのは市民不在、市民を犠牲の成果です!

 

 不適切な施政運営はまだまだ強行されるようです

 「大家族たかはま」の精神は、いつの間にか消えたのかもしれません? 

 「施設は後世の市民も使う」-「借金も後世の市民が払う」で基金積立も無く、

  借金建設を強行は「大家族」が犠牲のままなのです…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸