t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 杜撰(ずさん)な施設管理 Ⅲ

・拙文にもかかわらず、激励いただき ありがとうございます。

・さて、市庁舎だけでも数々の杜撰さを指摘させて頂きました。次から次へと湧いてくる杜撰な施政には呆れるやら情けないやら…この杜撰な施政に不信しかありません

・いい加減、最後にしたいと思います。今回は「いきいき広場」について検討します。

 

---いきいき広場の疑問---☆---

・まちづくり開発の一環として「三河高浜駅周辺開発事業」が実施されたようです。

・その事業費は「40~50億円」とか?  最近、知ったのは「有料駐車場」も借地とかでその運営費用は年間「数千万円」を支払っているような事も聞きました。恐らく赤字…

・高浜で「商売」は難しいと感じています。「三河高浜駅」という感覚的には好立地でありながら、駅周辺は閑散とした雰囲気が漂っているように思います。

「三高-開発事業」は、この閑散を求め巨額の施政事業を実行されたのでしょうか?

・確か駅東には「職業訓練施設」もあったかと思いますが、いつの間にか解体…。

 

・さて「いきいき広場」も、どのような目的、如何なる経緯で建設されたのか知る由もありませんが、「市HP」によれば「福祉の拠点施設」として設定されたようです。

・そういえば、以前「福祉大学-高浜校」もあったことを思い出しました。

・「いきいき広場」内には市役所の出張所もあり「日曜休日対応」もされていた…?

しかし、現在では、すっかり様変わりして「学校も、日曜対応も廃止」のようです。

 

---いきいき広場の配置---☆---

・この様変わりした「広場」が、どのようになっているのか再確認したいと思います。

・施設の[2階]と[3階]の配置を掲載しました。印象的には「機能配置が成行きまかせ」

戦略的に検討された配置ではなく「空いた所に押し込む」という杜撰(ずさん)な配置

・各階別に機能配置されると分かり易いのですが「混在配置」は方針も混乱の証し。

 

・特に「健康推進G」は、その典型的な杜撰事例で「入口は社協」と恐らく初めて訪れた方は絶対「迷子」になること間違いない配置です。

f:id:t2521:20190529100841j:plain f:id:t2521:20190529100905j:plain

[1階] -「会議室-2室」「集会室-1室」ですが、明確な表示や案内が不親切なのでは…?

そもそも「利用率」が低すぎでは…?   使いづらいのかもしれません。

・先進的な施設予約は「ネット」で「空室状況を確認し、システム予約」が出来ます。

・当市は、今でも「電話で空室を確認し予約」し「現地」まで出向いて正式申込みという前時代的な運営は、行政サービスの杜撰と感じています。

とても「AI時代」とは程遠い「施設管理-予約方法」は時代遅れなのでは?   

 

[2階・3階] - どなたでもお気づきの「いびつ=杜撰(ずさん)」な機能配置の犠牲は市民

 

・「公共施設推進プラン」に「本庁舎」-「'34年」-「いきいき広場及び庁舎を一体的にあり方を再検討」と記載されてますが、「リース建設」強行の前に、この「一体的あり方検討」を検討推進されることが無謬性(むびゅうせい)の施政だったのにと残念な思い…

最近、市も仕事の進め方として「P-D-C-A」サイクルを回すと言われ始めました…?

・この第一歩が「P」-「庁舎のあり方検討」なのです。リース建設は、いきなり「D」の強行でした。 これが、杜撰(ずさん)な施政の証しなのです。

    (*「PDCA」- Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)) 

 

・結局「C」-「仮庁舎みたい」「組織-分断で経費増、執務効率-低下、市民も移動増」「財政削減効果-疑問」「20年後に建替えは大変-基金積立は?」等々、全く期待外れ…!?

 ⇒ リース建設の原因となった民間分院-累計60億円補助の適正性が問われます。

 

・結果、財政基金無いと、市制50周年に間に合わせるべく、苦肉の策の「リース」は、20年後解体とは「もったいない」建設強行は不適切。他市の方が笑う所以です。

 

・このような大問題を起しながでら「市議会」は「公共施設あり方委員会」を解散とは「無責任」であり、市民に「説明責任」も果たされず強行は「裏切り」です。

・そもそも、施政方針を「行政と議会で決める」とされる姿勢こそが杜撰(ずさん)の証し!

  

「大家族」宣言の根本精神に回帰して、あるべき施政を取り戻して戴きたいものです

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸