t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施政情報制限の不可解 ?

・「高浜」の「情報発信の少なさ」=「情報制限」は異常レベルと感じています。

 ⇒ 市民に知らせない、知らせたくない理由は何か…?

 

・施政運営において「情報公開」は施政の透明性の証しなのですが、これを制限は、

「透明性の欠落」であり「行政と議会で決める」の証しで、自ずと杜撰さが伴います。

 

・つまり「市民に丁寧な説明抜き」で施政強行。更にその情報も隠ぺいの「情報制限」

この「情報制限」は、市民に対し、施政の「無知化」を図られているようです…

・市民が施政情報を知り、理解する前に「議会-通過した」で強行です…

 

---情報制限の事例---☆---

・このブログ記事や市民が「施政情報」を収集のため「市HP」は最大の情報源です。

・しかし気づいたのは「高浜」の情報公開の資料項目が、極めて少ないのです。

 

・例えば、最近、不可解な有料化を強行のキーワード「ごみ」で検索を試みました。

結果は「高浜-100件」対「碧南-298件」と圧倒的な差は残念な情報制限です。

 [検索] : 碧南市 -   ホーム/碧南市

      高浜市 -   [http://www.city.takahama.lg.jp/]

 

・知らぬが仏で、気づけば「ここまで市民を無視されている」施政はありえません!!

・思えば「予算」も「中高生向け」の説明でお茶を濁されています。

これが施政の実態であり、不都合な真実なのでは…

・「大家族」は納税の道具だけなのかもしれません。施政に口出し無用のようです! 

 (*お時間があれば、その情報内容もご確認頂けると、よく理解できるかと思います) 

 

---ごみ袋-有料化---☆---

・本当に「ごみ減量化策」として「ごみ袋有料化」で目標達成は可能でしょうか? 

・この検証作業も無く、説明もあやふやで強行はいかがなものかと疑問しかありません

この「ごみ減量説明会」にて配布された資料(10頁)があるのですが検索できません。

 

・「説明会」は参加市民-約100名程度とか。これで説明責任は果たしたとされる施政。

・「議会も通過した」で、いきなり問答無用の「7月」からの有料強行は市民無視。

・ 民間分院や民間団体には「億円単位」で補助強行。市民からは「数千円」でも徴収!

この歪んだ施政は、江戸期同然であり、「ICT時代」に「情報制限」は戦争時代です!

 

    結局、「大家族」宣言はカモフラージュのようです。

 市民は真実を見極める心眼を求められています!

 

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸