t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ建設の恐さ

・「人の噂も七十五日」という言葉があると、時折、耳にします。

・改めて意味を調べると「世間のうわさは長く続かず、しばらくすれば忘れられるものである」ということらしい。

 

・だから「数か月もすれば、ヒトは忘れる生き物だから、失言や失敗を起しても、数か月、辛抱ガマンすれば切り抜けられる」というような感覚で受け取っています…

しかし、見方によっては「数か月毎」に繰り返さないと人は忘れる、とも…?

 このブログも「繰返し」の必要性を感じています…忘れ去られないために… 

 

・個人的な問題であれば、これも人生を生き抜く智慧なのかもしれません。今回、問題としているのは「自治施政」、特に「公共施設=ハコモノ」のあり方なのです。

 

・特に、お役所のあり方として「無謬性(むびゅうせい)」という言葉があります。お役所のやり方には「絶対、間違いが無い」ということらしく、明治以降、市民の信頼信用を築かれてきたと思います。

 

・この無謬性を背景とするお役所なのですが、高浜のハコモノ施政にあっては、驚愕の事態が露見していることは、この無謬性を欠いている証しなのです。

・結局は「市民が犠牲者」となり「血税の浪費」が繰り返されています。

ささやかな願いは「これを忘れず記憶に留めて戴きたい」ということです。

 

---ありえない施政---☆---

・市議会における議員構成は「市長派-行政側」の議員数が過半数を占めるため、施政は行政の思うがままの運営となっていることが不可解であり、不信の原因です。

・「二元代表制」と言われながら「監視機能」が欠落し「迎合」されているのです

 

---青少年ホーム問題---☆---

・例えば、最近、もっとも顕著な不可解施策は「青少年ホーム」の残土処理です。

・もう「耳タコ状態」かもしれませんが「繰り返させて頂きます」

 

その「産廃処理問題」の経緯を再掲します

・民間プール運営会社が自社のプール施設を建設のため基礎部の土壌を掘削。

・これを「瓦クズ等」が含まれていると「市が負担」し、産業廃棄物として処理。

・当初「市が直接、工事見積を実施」-「9社に見積依頼-落札-約9千万円」

 

・落札後、市は「支払い条件」を「3年に延長要求」し「落札辞退」が発生。

数か月後、市は、産廃免許の無い「プール運営会社」に特命発注-「2億5千万円」

  この「2億5千万円」の支払い延長要求の情報はありません…?

・「実工事」は、安城の「産廃業者さん」に丸投げ…と、ありえない事態…。

 

---狭小-リース庁舎問題---☆---

■ これを詳しく説明すると混乱するため、疑問点を抽出し記載します。

・「旧庁舎」は「S52年(1977)竣工」-築40年。まだ「30年」は利用可能な施設。

  (*市は施設寿命を「旧-60年」から「新-70年」に延長設定 <他市は「80年」> )

 

・市は、老朽化・耐震強化が必要と「20年間」の費用を算定-「33億2391万円

・業者提案を募集 -「リース方式」が優位と契約 - 当時「33億2353万円!

施設整備金額の差額は「▲383千円」=「0.01%」も優位として決定です!?

市民感覚では「値引き」対応も容易な範囲で、どうにでもなる誤差金額! 

 

・今でも、「狭小・リース庁舎」には強い疑問を感じています。

・そうそう、市が当初説明の下記の説明図は、前記説明からもデタラメは明らか!

  (*この説明図は、リース「庁舎」竣工後、市のHPから削除されました。改ざんです! )

f:id:t2521:20181123123019j:plain

 

・このように、得体の知れない施政が強行され「ハコモノ-百億円事業」に膨張!

   この責任は全て「後世の市民」に押し付けです…これでは…

「大家族」も「まち」も  ア・ブ・ナ・イ !

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸