t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 狭小リース庁舎に建替えの損失 Ⅳ

・公共施設(ハコモノ)を建設時、その建設費を見積る方法として、建設仕様を決定後、正式見積を業者さんから取得が一般的な流れかと思います。

 

・高浜の流れは「総務省-単価」による建設費を見積額とされるため、極めて高額になっており、血税の無駄遣いとなっています。掛け算が出来れば誰でも見積可能なのです。

・また、可能性として、不可解な関係構築に繋がる機会創出ともなり要注意です。

 

---総務省-単価---☆---

総務省は「公共施設の企画時の参考額」として紹介されているようです。 

f:id:t2521:20190513083911j:plain

ハコモノ建設費は「施設の床面積 (㎡)」 ✖ 「面積単価 (万円/㎡)」にて見積完了。 

 この単価に「総務省」か「国交省」を使うかの選択ですが、あくまで目安なのです。

・正式には個別の物件につき、複数の建設業者さんから見積取得があり方のようです。

 

---国交省-建築単価---☆--- (*「更新」用途別、構造別 - H27年度 - 庁舎計画年)

・では、ご参考までに「国交省」-「建築着工統計」による「単価相場」を列記します。

 

  建築構造  全国 (万円/㎡)  愛知 (万円/㎡)
  鉄骨鉄筋コンクリート (SRC)  41.2  29.6
  鉄筋コンクリート造 (RC)  32.4  39.3
  鉄骨造 (S)  24.7  31.9

  (*国交省のデータより「工事予定額」÷「床面積」にて算出) 

 

---庁舎-建築仕様---☆---

・では、実際の「狭小・リース庁舎」につき検討してみます。まず、建設仕様の確認

   事業者の提案  市が整備した場合
 建設方式  リース - 20年  旧庁舎 - 大規模改修 
 建築構造  鉄骨造 (S)  鉄骨鉄筋コンクリート
 床面積  (㎡)  3,668  7,674

 

 ---リース庁舎-建設費---☆---

・「リース庁舎の建設費」を「単価相場」にて試算してみました。

              (床面積)  ✖  (単価相場)  =      (建設費)

1・国交省」-「全国」= 「3,668 (㎡)」 ✖ 「24.7 (万円/㎡)」= 約9億10百万円

2・国交省」-「愛知」= 「3,668 (㎡)」 ✖ 「31.9 (万円/㎡)」= 約11億70百万円

3・総務省」-「全国」= 「3,668 (㎡)」 ✖ 「40.0 (万円/㎡)」= 約14億67百万円

実際には、更に高額な「15億45百万円 (42万円/㎡)」にて支払契約のようです

・果たしてこの建設費で「財政削減」、「大家族」のためのハコモノ建設でしょうか?

 

---ハコモノのあり方---☆---

・更なる問題は「20年後」に、リース庁舎を解体し、また、建替え(更新)なのです。

・今度は、庁舎を「いきいき広場」と一体化することが真の「ワンストップ化」

・「床面積-約9,000 (㎡)」程度、要すると思います。

・「総務省-単価-40(万円/㎡)」=  「 約36億円」程度の財政負担が予想されます。  

 

ハコモノは長寿命を図る事が節約なのです。「百年構想」を目指すべきと考えます。

・更に、賢明なる市民参画のもとに計画されるべきと考えます。

 (*ある街の庁舎建設は、市民有志が約1年間をかけて市民要望をまとめ仕様提案 )

 

・今回のリース庁舎は「着工三か月前に市民説明」では、行政のまちづくりです。

・「リース」はもったいない血税の無駄遣いでした。全国の方が笑っているかも…。

 

 この仕掛けで「ハコモノ建設」を強行の連続は「破壊のまちづくり」です。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸