t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 議会審議を見てみよう

・やはり「ハコモノ」の進め方も「県」のように丁寧に進めて頂きたいものです。

今回の計画発表だけで「2カ年」の準備期間を掛けられているのです。

 

高浜市庁舎は着工3カ月前に「説明会」、高小は「高小-保護者、児童限定」では、殆どの市民は理解できないまま建設強行なのです。これが市の作戦かもしれません。

その結果「財政負担を調査してみると、とんでもない無駄遣い」が判明しました!

・これが「市の本当の意図かもしれません」- 市民が知る前に「やってしまおう…」 

 

「大家族」を提唱の意図もカモフラージュかも…

 

---施政の影響---☆---

・施政の影響は、今日明日の問題にはならないかもしれません。

・しかし「後世の市民」の未来には、大きなシコリとなって降り掛かります。

 

・「良性」であれば良いのですが、どう見ても、「悪性」としか思えないのは、施政の施策や、様々な財政補助も民間企業、民間分院、民間団体に過剰に向きすぎです。

 施政は本来「大家族」に向き合われるべきでは…?

                                        (*全国自治体-814市区)

・その結果「財政富裕度-全国-55位」なのに「住みよさ-293位」という施政成果は残念!

つまり「潤沢な財政」を「大家族」に活用されていない証しなのでは…?

 (*分院-累計60億円補助、商工会-中公解体にて-1.5億円補助、プール整地-3億円負担)

    (*そう最近の気付きは リース庁舎や高小-PFIも、どうも割高な建設強行のようです )

 

・市民からは「税金」「保険」、「ごみ袋」まで徴収され、民間企業や団体には、説明も無く「億単位」の巨額の支援補助は、本末転倒の施政運営で「大家族」が犠牲です!

 

---市議会審議のご見学を---☆---

・現在、議会開催中。「後世の高浜」のためにご関心をお持ち頂くことが大切です。 

・議場まで「行かれるもよし」「ネット中継もよし」、様々な施政参画のチャンスはあると思います。

 

高浜市議会  [検索] : 本会議−日程

・6月13日~7月4日まで開催予定。(6月-18日、19日、21日、25日、26日、7月4日) 

・傍聴手続きも当日、庁舎-3階へ直接向かわれ、入口で「お名前・住所」を記入だけ。

旧庁舎の議会室は立派だったのですが、新庁舎は会議室形式で傍聴席も貧弱…

 

議会全体が見渡せないのが、意図なのか、やや、傍聴席としては魅力に欠けます。

 (*誰を優先、優遇しているかが「一目瞭然」の座席配置なのです。前時代的… )

 これが「20年」継続かと思うと、ささやかな納税でも意欲減退してしまいます。 

 

---ネット配信----☆--- (*庁舎へ行けない場合でも、ネット配信されています)

高浜市議会映像ネット配信 ・下記のアドレスよりご覧いただけます。

・パソコン向け
  http://smart.discussvision.net/smart/tenant/takahama/WebView/
  ※別画面で開きます

スマートフォン及びタブレット向け
  http://smart.discussvision.net/smart/tenant/takahama/WebView/sp/

・議会は長い時間かと思いますが、不思議なのは一般質問では「一人会派」の議員さんの発言が多く、「市政クラブ」議員さんは今回-数名がご質問と少ないようです。

 議席構成と真逆の質問数のようですが適正でしょうか?

 

・民主主義とは「多数決」では無く「少数意見」も汲取る力量が議会機能に求められているとか…?     

  「大家族」の議会のあり方をご披露頂きたいものです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸