t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 新城市に学ぶ 庁舎建設の偽計 Ⅱ

・「リース庁舎」は、市民にとって、本当に 財政効果があるのでしょうか?  

「旧庁舎」の耐震改修費と比較し「0.01% - ▲38万円」にて契約は不可解です!

・20年-契約ですから「年当り-▲1.9万円」の効果では、お小遣いにもなりません。

リース庁舎の月当りのコスト削減効果 - 「▲1,583円 / 月」しか ないのです

・これは 公共施設の建設では、あってはならない「偽計」か「誤り」なのでは…?

更なる負担は、リース契約が終わる「20年後」、また庁舎建替えしかないのです。

・旧庁舎を耐震改修すれば、「30年」を超えて、施設維持が出来たであろうに…   

f:id:t2521:20180302003728j:plain

   (*手前が「旧庁舎」-築40年。奥の3階建てが「狭小リース庁舎」 )

 

---偽計の庁舎建設---☆---

・リース市庁舎の完成イメージ図を下記のように示されました。

まったく「市民を騙された証し」のような不適切な説明は「疑問」のリース効果!

 

■「チャレンジ・コーナー」でのイベント開催!

f:id:t2521:20190711111244j:plain 

 

■「広々とした庁舎内」     (*実態は、狭苦しく「車いす」の通行も不便では?)

f:id:t2521:20190711112611j:plain

・「チャレンジ・コーナー」は「休憩室」、「広々としたロビー」は「窮屈な通路」

これだけでも、リース財政効果「0.01%-38万円」を超える「損失」です。

 

---狭小庁舎の床面積は適正か?---☆---     (*「床面積」を検証してみます )

・旧庁舎の延べ床面積は「庁舎-7,674㎡」+「駐車場-50台-125㎡」でした。

リース庁舎は実質「5割」しか利用していないと、床面積「3,500㎡」に設定。

   (*新城は「5つの条件比較」を実施し提示 - 高浜は「経緯」示されず結果案内のみ )

まるで「リース業者さん」に忖度されたような建設規模は市民を裏切りでは…?

 

・結果、「教育委員会」や「こども未来g」を「いきいき広場」に分離分割-移転。

更に「誤魔化し」は、いきいき広場に分割を「ワンストップ」と表現の傲慢さ…

「大家族」への誠実さ、丁寧さが欠落しています… 

 

---新城市の面積検討方式---☆--- 

・恐らく公共施設を建設時は、多くの自治体が検討されている手法と思います。

・高浜 - 庁舎施設条件 -「予定職員数 -183名 ・議員 - 16名 ・市有車 - 45台」

これは市の要求仕様からの引用です。これを条件に面積検討を試みたいと思います。

 

1・総務省 - 起債対象事業算定基準 - 「3,656㎡」+「駐車場-45台-1,125㎡」

2・国交省 - 新営庁舎面積算定基準 -  「9,716㎡」+「駐車場-810㎡」

3・近年の他市の庁舎事例 -「35.9㎡ /人」-「延べ床面積 - 6,570㎡

という試算結果です。旧庁舎は「7,674㎡」は、やはり適正レベルだったようです。

リース庁舎は「延べ床面積 -3,668㎡」+「駐車場 -36台 -1,059㎡」-30億円!

 

参 考  :   [ 新城市 ]  - 「人口-約47千人」「職員-約300人」「議員-18人」

新庁舎「地上-4階建て-免震構造」「延べ床面積-7,319㎡」-「建設費-25億円」

 

---庁舎面積の検討所見---☆---

・リース庁舎は「総務省基準」に相当ですが、これは「庁舎」を行政事務と議会運営に限定したもの。 現実は、組織を分離分割では行政事務効率の低下を招き狭小過ぎます。

 

・「職員数」は「183名」で検討ですが「総員-約230名」であり、本来の「ワンストップ」の実現を、また「20年先」に先延ばしは「施政のあり方」からも逸脱です。

「狭小リース庁舎」は20年間、融通が利かない施設は組織の硬直化を招くのでは…

 

市民の切なる願いは「市役所のワンストップ化」であり「庁舎一体化」です。

・無謬性の庁舎の床面積は「約8~9千㎡レベル」が適正と思われます。

リース庁舎の「30億円」はもったいない無駄遣いに終わりました。

 

・公共施設の寿命は「百年化」の時代です。少なくとも「五十年先」を想定した施設計画があり方です。

来年の「市制50周年記念」のための施設建設では無駄遣いでしかありません!

 

新城市は「基金積立開始」から約20年を要して「庁舎施設計画」を調査立案。

・着工-約5年前から市民に施設構想を公開し、数回の修正を経て着工されたようです。

高浜は「着工-3か月前」に説明で建設強行は、今、様々な疑問が噴出しています。

 

・リース庁舎は「財政面」も「施設仕様面」も、もったいない無駄な面が多々判明!

 (*リース庁舎建設 - 財政効果「0.01% -▲38万円」は 裏切り行為同然です ) 

更なる問題は「市民要望が、まったく取り入れられていないこと」

 

・後世の市民を犠牲とする「リース庁舎建設」の責任はどうされるおつもりでしょう?

「決めるのは行政と議会」で「責任と犠牲は市民」では余りにも無責任の連続です。

 

・高浜小は「縮充」を提唱。様々な施設を複合一体化 ⇒ 普通の小学校の倍額-50億円!

・市庁舎は「ワンストップ」と言われ、組織と施設を分離分割は「反-縮充!」

この支離滅裂な庁舎建設を強行は「30億円」を「20年」で早期解体の無駄遣い!

 

まずは大家族に「説明責任」を果たして戴きたいものです

 

(最後まで、ご精読いだき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸