t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 縮充建設を強行の果てに Ⅳ

(・内容を一部、修正追記して再掲します )

・「人づくりの原点は教育です」「義務教育環境は平等公平が原則と考えています」

 

市の施設計画「公共施設推進プラン」は「市民」にダンマリで改訂されていました。

・改めて「学校施設計画」を確認してみましょう。本来は市が新旧改訂を説明すべき…

   [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/zaimu/shigoto/shisetu/31sogokanri/koukyosisetu.pdf

 

---高浜小だけ優遇の「50億円」建設---☆---

疑問1.「高浜小」だけ「早期建替え」。「高取小」は「改修時期を延期!?

・高小だけ「建替え」優遇。他の小学校は「改修」の不公平が高浜の施設計画の実態!

・高取小 - '20年'22年 (*2年延期) - 11億円。建替え- '34年と僅か「12年」で解体!?

「2年延期」を保護者や児童にどう説明されたのでしょうか?  早くも高小の犠牲です

 

---他の小学校の施設計画---☆---

・港 小 - '26年 -   8億円。   建替え - '43年-「築15年」で解体!

・吉浜小 - '22年 - 11億円。 建替え - '39年-「築15年」で解体! 

・翼 小 - '36年 - 18億円にて改修は「築34年目」と、これが適正レベルです。

このように、巨額投入の改修施設を短期解体は「財政削減」なのでしょうか? 

・「もったいない精神」を喪失されている施政です…借金返済は後世の市民任せ…

 

---学校施設の床面積---☆---

疑問2.「高浜小」だけ「床面積を拡大」

●翼小-14.1(㎡/人)、港小-13.2(㎡)。更に、高小-建替え-14.2(㎡)に拡大改善されました。

・問題は、高取小 - 10.0 (㎡/人)、吉浜 - 8.5 (㎡/人)と、異常に狭いのは不公平では!?

「大規模改修」は「床面積」は現状維持のまま…是正は15年、19年後に先延ばし…?

 

---学校の学級数---☆---

疑問3.「学級数が多い」- 高小-20学級、吉浜-24学級、翼小-23学級と多いのも問題!? 

施設も問題、教育環境面でも問題は、結局、子どもが犠牲の教育施政では…?

  (*学校教育法 - 第四十一条 小学校の学級数は、十二学級以上十八学級以下を標準…)

 

---学級の児童数---☆---

疑問4.「学級の児童数が多い」-高小-31.9人、高取-31.4、吉浜-32.0、港-30.4、翼-30.8

●「生活ガイド」- (* 生活ガイド.com。あすなろ学級も含めた平均児童数 )

・高浜 - 小学校の一学級当りの児童数 -「28.1人/級」-「全国61位は"鮨詰め"の証し」

   (*近隣:碧南-27.8人-73位、知立-25.9人-159位、西尾-23.9人-266位  (全国-814市区))

 

---市民の素朴な想い---☆---

・巨額のハコモノを借金建設で強行は「後世の市民」に多大な返済義務を負わせます。

施設建設は長期計画を立案し、基金積立が原理原則。リースはこれを逸脱です!

・「リース-30億円-20年借金」で、終われば、また「建替え」は市民を借金二重苦に! 

   (*リース-20年後に備え、庁舎建設基金の積立が必要です。市民の借金生活は継続です)

 

・他市の事例をみると「建設基金」の6割程度を積み立てられ建設着工を、高浜の「狭小リース庁舎」は100%借金建設を強行は不適切な方式を採用と思われます。

財政削減効果 - 「0.01%-▲38万円」で「30億円契約」!?   では「効果無し!!

・民間業者のための「納税」では施政機能が疑問です!? 

 

・市は「後世の市民は施設を使うから、借金も返済は後世の市民が負う」と強行です。

高浜小-建設費に困り、他校の改修を延期。更に、その改修校を早期解体は無駄遣い!

・「財政削減」と開始されたハコモノ-建替え/早期解体。実態は、無駄遣いの連続です 

 

・早期解体や民間譲渡は「後世の市民」の施設利用の権利剥奪! 残るは借金返済だけ… 

 

・公共施設の縮充を提唱され、市の中心から外れた「高小」に巨額「50億円」も費やして様々な公共機能を集約は「偏在的なまちづくり」です。

 

・「本来、市民共用機能は、まちの中心に設置が、公平な配置であり、無謬性です」

・「市は、この一等地を民間病院に貸与」は無謬性を欠く「まちづくり」を強行…。

・高浜の「まちづくり」は「百年」後退したも同然の施政判断となりました。

 

高浜の各小学校は「維持管理も成行き」「教室は狭く」「児童を鮨詰め教育」。これで「借金返済」を説明も無く課せられ、道具扱いのような教育環境は不適切で最悪です

(*教育会議でも「暑熱対策は『学校それぞれで対策してほしい』と学校一任の無責任」) 

 

・「米百俵」を教育精神とする「長岡市」のクラス当りの児童数は「20.6人」とか? 

 民間分院-60億円補助より「後世の市民」の教育整備に注力が施政のあり方では?

 

 現状の施設計画では「後世の大家族」が犠牲です!

 縮充建設強行の犠牲は、まだ、20年も続きます…

 今こそ、責任とご関心を持つべき時節かと思います…このままでは街が犠牲です… 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸