t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 行政と議会の過ち - 早期解体

・今日は「参議院選挙」です。国の未来を託す選択ですから放任は危険です。

 - この機会に改めて、「施政のあり方-ハコモノ」を振り返ってみたいと思います。

 

■「高浜-百年」を思うと「ハコモノ (公共施設)」は最重要課題であり、慎重、丁寧な対応が必要と思われるのですが「行政と議会で決める」と強行は無謬性を欠きました。

・いわゆる短期での強行は「施政の過ち」を招き「財政の無駄遣い」の連続なのです。

  (*庁舎(リース)も高小(PFI)建替えも、発表から着工まで「約1年余」では思い付きの強行!)

 

・「高浜-市制50年」を迎える時期に、公共施設を独善で早期解体の連続が過ちです。

血税にて建設の施設は「市民の財産」であり、この財産を説明も無く解体は暴挙です

 

今やICT時代、施政説明は「HP」や「広報・説明会」等々、メディアミックスを駆使されれば「24時間」連続の説明は容易ですが、今でも「説明不足」は否めません。

ましてや、竣工後、メリット説明の資料を削除されるとは、全く不可解な施政です。

 (*やはり「虚偽の説明」であったことを自ら証明されたような行動です )

 

・「建設強行」は「巨額の血税の無駄遣い」と「行政サービスを低落」です。

 

・「行政」は、市民は施政に無関心と、現在も「後世の市民」を犠牲のままです。

 ⇒ 中央公民館を「4年」も先行して早期解体し、市民には「市外の施設を使え!」とは施政義務である、市民への快適生活の提供を放棄では…?

 

・更に「ハコモノ建設」のあり方は、今後、三十年、五十年先の未来展望から判断すべき難しい課題と思います。

ゆえに「行政と議会」には大きな判断責任が伴うのですが、「説明責任」すら放棄の現状では、無責任であり「まちづくり」の破壊を引き起こしています。

 

・「温故知新」とばかりに過去のハコモノを振り返ってみたいと思います。

 

---中央公民館---☆---

・市内唯一の「劇場型ホール」でした。これを解体は、高浜だけ「ホールも無い街」に!

施政は、もう数年前から「幼稚園」や「小・中学生・高校生」「一般」まで、年数回の貴重な「発表会場」に、近隣市の「ホール」を借用して移動を強制しているのです。

 

・驚きは「行政」は、これが「衣浦定住自立圏構想」の考えと「大いに外へ」と肯定。

 - まるで子供が苦労して発表会運営・参加を推奨は、冷徹非情な施政態度と映ります… 

 (*これが、高浜「納税」の費用対効果では、「意義も効果も無し」と思います )

 

<施設外観>・竣工-'80年-築36年・資産価格-7億円・利用者-7~8万人/年

行政や議会は「早く壊したほうが安い…?」と解体決行です…。 市民は犠牲です…

f:id:t2521:20190721085311j:plain

  

<ホール>・席数-604席・

f:id:t2521:20190721085826j:plain

・「ホール」の代替施設は「市制50周年記念」として「高小-体育館」に転落です。

「学校-体育館」という教育施設のため「休日」しか利用できないホールとなるそう

・普通「〇周年記念」というと発展拡大を高浜は縮小?  但し、費用は「倍額」です。

・「中央公民館」の跡地は、現在地から数百m離れて建つ「民間分院」の移転先として、解体されたのです。

「民間分院」の建替え工事が大変だからと、まだ利用可能な「公共施設」を解体!?

 

・そして、この分院には、僅か10年で「30億円補助」、新分院建設に「23億円補助」

中公の「資産価格-7億円」や解体費用-数億円を加算すれば、もう「60億円超過!

    (*刈谷市民と比較すると、高浜市民は「数倍の負担」を強いられているそうです )

 

「壊したほうが安い」は明らかに市民を騙した説明です 

  これを「行政と議会」は強行されているのです。ある意味「市民の敵」です!

    無謬性を欠いた施政運営は「大家族」が犠牲の「まちづくり」を強行です。

 

---施設のあり方---☆---

・市の施設方針は「縮充」- スペースは「縮小」。機能は「複合」だそうです。

・それでも「高小-体育館は拡大」-「市民体育館は縮小-約3割減」「公民館-約7割減」

これで充足できる根拠の説明は当然、なにもありません。以前も指摘した、数十年後の「人口構成の逆転-高齢化社会」の市民生活に対応できるのでしょうか? 疑問です?

 

・本来の「複合」は筐体が 一つに様々な機能を収納。高小は「集合」のため費用倍増!

 

・中央公民館は、築36年で解体は「今後-40年は利用可能な施設を早期解体」のムダ

今後の高浜の文化・芸術の拠点となる施設は「高浜小学校」のようです。

 

・しかし「小学校」で、高齢者に人気のある「カラオケ」「ダンス」「料理教室」等を実施できるのでしょうか?  「利用禁止事項」が増えるだけのような気がします

 

・あるいは「小学校」で、静寂を求める「お茶会」を楽しめるものでしょうか?

 - 児童にも「学校生活-禁止事項」を要求か?   のびのびとした学校生活が理想です 

公共施設のあり方は「スペース」さえあれば良い、というものではなさそうです

 

 またまた老輩の愚痴となりましたがご参考になれば幸いです。

 どう考えても「高浜-ハコモノ計画」は間違いの縮充計画です  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸