t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 定住自立圏への改革

・「定住自立圏」のなかで「高浜」の位置付けを検討してみました。

・もとより「コンパクト・シティ」と自称する小さな街なのです。

よくぞ「市制」を認められたものと不思議に感じています。本当の実力は…?

・今回、断片的な比較ですが「議員数」と「職員数」を比較を試みました。

 

--- 自治体の比較 ---☆---       (*「職員数」- 含む「公営企業等」<総務省> )

比較目標とする自治体  - 「岡崎市」「豊橋市が目標に相応しいと思い抽出します。 

   総人口  市会議員  市民/議員   職員数 市民/職員  会計予算
岡崎市   387,294      37   10,467   3,768     103   1,300
豊橋市   373,234      36   10,368   3,631     103   1,297

市民103人に、職員-1名ということは「よりきめ細かな施政運営」を実現では…!?

    (*職員構成には「公営企業等会計分」が含まれ、約四割程度を占めています )

 

定住自立圏域の自治体 - 「刈谷 + 知立 + 高浜 + 東浦」-「32万人都市」

    総人口 市会議員  市民/議員   職員数 市民/職員 一般会計
刈谷  153,190     28   5,471   1,048     146   581億円
知立  72,166     20   3,608      473     153  238
高浜  48,561     16   3,035      256     190  154
東浦  48,917     16   3,057      412     119  149
合計-平均  322,834     80 平均-4,035   2,189 平均-152   1,122

 

もし合併したら「議員数」は多すぎです!

●「岡崎・豊橋」は「議員数-37人/36人」。自立圏は「80人」⇒ 将来「半減」が目標!

⇒ 高浜の当面の適正議員数は「約12人」程度… ⇒「人口-48,561人」÷「4,035人」

・「議員さん」を減員し、その代替として「職員さん」を増員が適正では…?

 

もし合併したら「職員数」は、少なすぎです!

●「岡崎・豊橋」は「職員数-約4千人弱」。自立圏は「約2千人」⇒ 将来、倍増か…!?

⇒ 高浜は今でも異常に少なすぎ! 「適正数-約320人」⇒「人口-48千人」÷「152人」

・高浜は「職員」を過剰に削減しすぎです。「不足 - 約60人!

この結果として「行政施策」の劣悪化や、無謬性が欠落の要因なのでは?

    

! 提案は「議員」を削減し「職員」を増員です!

  

「職員さんの増員」による期待効果は、更なる「創造的な行政力」の質的向上です。

 

・日頃、感ずることは「行政資料や議事録」を他市と比較すると、多少、ズサン傾向!?

・「資料内容」が一貫性に欠けて、系列的に作成・整理されていない部分も見受けます

様々な施策資料を他市と比較すると、内容が粗雑で、緻密さに欠けている面もあり… 

・また「情報発信」も消極的。この情報検索も難しく施政参画の難度を高めています。

 

「大家族」のための施政運営でなく、行政のご都合主義の施政運営が露骨です…!

 

● 今後の高齢化対応や瓦産業の復活策や新産業の誘致、ふるさと納税の倍増化、子どもの養育・教育環境の整備。また、行政機構の改革等々、問題山積のなか「行政力の整備向上」が課題であるにも係わらず、余りにも過剰な「職員削減」は大失政のひとつです!

 

総務省の統計によると「高浜市-職員数」は「町政組織」以下のようです。 

   高浜市  東郷町  幸田町  蟹江町  扶桑町
 人 口 (人)   48,561   43,903   42,079   37,048   34,069
 職員数   256   293   339   300   240
 市民/職員   190   150   124   123   142

 

・「行政力」に加え「働き方改革」からも「職員増員」は喫緊の課題と思われます。

 

・従来の「行政主導」の施政運営から、市民参画による「大家族ファースト」への施政変革を実現のためにも「行政力」の戦力強化が必須要件です。

更に、定住自立圏を確立には「現状の行政戦力」では不足感は否めません! 

 「大家族」精神を発揮する施政変革の第一歩は「職員」の増員強化から!

 

「たかはま」百年を見据えた施政運営を切望します!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸