t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 庁舎建設の比較検討

未だ、庁舎を見るたび、訪れるたびに納得出来ない「狭小リース庁舎」を検証します

 

新旧の庁舎建設を他の自治体と比較してみます。まず「高浜」から紐解いてみます。

・庁舎建替えの意図は「老朽化」「耐震性向上」「情報化 (ICT) 対応」等のようです。

・「老朽化」⇒「築40年」を老朽は疑問? 他市は「60~80年」を目標としています 

・「耐震性」⇒「リース」は民間施設のため、耐震ランクは公共施設より低いのです

・「情報化」⇒「省人効果」があると床面積を狭小化。そして組織分割は効率低下!

建設費の削減効果は「0.01%-▲38万円」を有効として契約強行を議会も承認…! 

   (* 基金が無いと、リース「年1.6億円を20年間」は もったいない血税浪費です)

・「目玉機能」の「チャレンジ-スペース」が「休憩室」では、施設計画の二重の失策…

 

・写真-手前の施設が「旧庁舎」- 築40年にて解体。・奥の施設が「狭小リース庁舎」

 

ある青年の評価は「仮設庁舎?」- そう「20年間」もの仮説庁舎は長過ぎなのです!

施設計画では「2033年」から「あり方検討」とは、建設責任も丸投げの無責任では?

・もっとも中央公民館や青少年ホームの早期解体強行に比較すれば多少は改善かも…   

    しかし、公共施設は解体強行!  民間リース施設は五年間も検討は真逆の施政では…?

f:id:t2521:20180302003728j:plain

 

--- ある自治体の庁舎建設 ---☆---   (*岐阜県自治体の庁舎建設を確認してみました)

■ 庁舎建替えの意図はほぼ同じ「老朽化」「耐震性向上」「情報化対応」等です。

・「老朽化」⇒「築55年」は、高浜より「15年」の長期利用 (*本意は更に長く…) 

・「耐震性」⇒「免震構造」採用。新城も含め、多くの自治体が耐震ランクを大幅増強!

・「情報化」⇒「床面積は拡大」- 次に組織一体化と市民を来場促進の機能追加

建設費の半額は「基金積立済み」は後世の負担の軽減であり無謬性のひとつです

 

・写真-左側が「旧庁舎」- 築55年。・右側が「新庁舎」- 床面積 - 2万㎡に"拡大"

「情報化」は同じであろうに、高浜-「狭小」。大勢は「拡大」、正解はどちらか?

  

f:id:t2521:20190901003809j:plain

 

庁舎建設の説明公表

 [検索] :  災害に強い新庁舎建設へ (平成29年1月15日号) | 大垣市

 

■ 市民参画による「庁舎建設構想委員会」を「施設設計前」に「約1年間」事前実施!

   [検索] : 大垣市新庁舎建設基本構想策定委員会について【第1回~第3回】 | 大垣市

・「建設構想委員会」は約1年 - 計9回を経て、市長に答申後に「実施設計」に着手。

これが「市民参画による庁舎建設」の本来のあり方ではないでしょうか? 

 

--- 高浜の庁舎建設の実態 ---☆---

■ 高浜は「大家族」宣言されたのに「市民無視」「市民不在」の庁舎建設を強行です!

    [検索] :  高浜市役所本庁舎整備事業について

 

・H26年5月 -「実施方針の公表」から、H27年2月 - 建設業者との「基本協定」まで、

 「行政と議会で決める」と「業者ファースト」で強行です。市民参画は排除です。

市民説明会は、H27年7月 - 全て決定後の着工3ケ月前では市民意見は反映無し。

   (*説明会で市民が「アスベスト問題」を指摘も無視- 1年後に対策工事- 5千万円追加)

 

●  実施方針公表後、着工まで、僅か「1年5ケ月」では早期強行! 説明責任も回避か?

更に、驚きは「基金準備無き」建設は思い付き!  借金返済を市民任せは独裁同然

・そもそも「30億円」もの巨額事業を市民に説明も無く強引推進が「独裁」の所以です

・この流れで「高小-50億円」の説明も、高小 - 保護者・児童限定は不適切な施政です

    (*「中央公民館」を含む地域交流施設の説明を、高小だけに説明では不公平では…

       実は「高小-PFI」も本当に必要な方式なのでしょうか?  効果は疑問です…  )

 

--- 高浜-二元代表 ---☆---

高浜市議会は「議員-16名」。「最大会派-市政クラブ-8名」+「公明党-2名」という構成が施政方向を担っているようです。

・昨年度の議会運営で確信したことは「市政クラブ」内で行政方針に反対は「退会! 

    (* 退会議員の事例 - ・ボートピア-反対-1名 ・行政人事-反対-1名 )

よって「議会審議事項の賛否」は「金太郎飴」の如く「右に倣え」だけなのです。

 

・これでは「追認機能」だけの証しで、高浜議会の財政浪費の最たる仕掛けなのです…

    (*本来、市民の代表として「市民の要望や意見を市政に反映」がお役目なのですが…)

  

「行政ファースト」の議会は「二元代表制」は崩壊です

   

--- 市民の声を市政に ---☆---

従来の議会は「議員さん」に市民の声を託す「間接民主主義」でした。しかし「AI」

 や「ICT」システムの進展は「直接民主主義」の実現可能性を高めつつあります。

 (*2002年-「電磁記録投票法」施行。投票や市民アンケートはネット対応の時代です)

 

・もうすぐ「二元代表制」は昔話となる可能性も多分に予想されます。

職員の削減は限界を超え、次は「議会の合理化」が早期着手すべき重要課題です。

 

「大家族」の施政参画システムの構築が次代の課題です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸