t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン-「3億」浪費

今夏の暑熱環境は、梅雨が長引き、夏休みが始まったぐらいから酷暑となったようで、高浜の児童や生徒は救われたのかもしれません。 

後世の市民の環境対策が「お天気頼み」とは情けない施政施策であり、残念です。

 

今回のテーマは「学校エアコン」設置事業について検討してみます。

昨年度末 (3/28)、「学校空調」の設置をようやく決定され「一般入札」を実施。

 ・条件-「市内-小中<6校-吉浜・高取・港・翼・高中・南中>-268教室」に空調機設置。

 ・希望価格-「金854,016,514円」

結果-「入札-1社」-「落札額-849,000,000円」は「落札率-99.4%」

  (*様々な工事の落札率が99%台の高率は異常です。特に庁舎-99.99%はありえません)

 

    ・学校エアコンは、一教室当り「317万円」の高額にて名古屋市の業者に発注。

果たして、市の「希望価格」は、本当に適切でしょうか?  県下-最高額では…?

 

高浜が学校エアコンに「ガス式」を選んだ理由は「電気エアコン」より安い。「ガス配管」が学校まで配管済み。「燃料代」が安い。と経済効果を理由に選定なのです。 

それなのに「設置費」が「割高」では、選定方法、選定判断を疑いたくなります

 

● 更に未だに、いつ設置工事が開始されるのか、発表も無く、市民をじらせています。

血税8億円超」の大事業なのに、全く、ブラックボックスの不透明な施政です

 

・市の計画では、完工予定は「令和2年3月24日」で、今冬はまた我慢でしょうか?

市民は、お天道様に「暖冬」であることを願うだけしか出来ません…

 

学校エアコン (GHP) 」の設置事業を「都市別」に調査比較してみました

 学校エアコン

 時期 (年)  対象教室 (室)  空調事業費 (億円)  教室当り (万円)
名古屋市   2015   2,252     48.9     217
小牧市   2017      349       7.3     209
高浜市   2020      268       8.5     317
高浜/小牧   3年遅れ      77%     116%     152%

 (*「名古屋市」は、2013年から学校空調を開始。約6千教室を「217万円/室」で設置済 )

 

結論は、 高浜は「遅すぎ」「高過ぎ」「業者ファースト」の空調設置事業です 

●「遅すぎ」⇒ 碧海五市でも、学校エアコンの設置が "最後のまち" は残念です!           

  ・「名古屋より7年」「小牧より3年」も高浜-児童は犠牲では施政は誰のため…?

後世の市民を「市の借金返済だけの役割」にはしたくないものです。

 

●「高過ぎ」⇒ 設置事業費は「名古屋や小牧」と比較し「百万円」も増し積みは不適切!

  ・「小牧市」と比較すれば「( 317万円 - 209万円 ) ✖ 268教室 = 2.89億円」も高額!

  ・「名古屋」と比較しても「2.68億円」も高額。果たして、適正でしょうか?

市の希望価格は「1円」単位まで精緻に算出されています。その根拠は…?

      (*口悪しく言えば「教室毎に『百万円』の札束を付けて発注!」が適正…? ) 

 

●「業者ファースト」⇒ この高額工事を「単独一社発注」- 独占化を市が強行も不適切!

 (*庁舎、高小、プールと「市外の業者ばかり」に独占優遇は施政として疑問です ) 

 

・「小牧市」は「学校空調機設置」につき、「7.3億円」-「349教室」にて実施。

小学校-16校の設置工事を「9社」の地元工事社に分割発注されています。

・これが地元還元であり、地元育成策、活性化策ではないでしょうか…

 (*この施策の考え方が「瓦産業」や「ふるさと納税」に転化していると思われます ) 

 

・そして、空調工事は「14校」の同時開始を実現されているのです。

「高浜-1社独占」の工事では、これが困難であろうし順番に設置は工期が長期化…!

  

 後世の市民の学校エアコンが高額工事で強行は不適切!

 財政削減と言われ、県下最高額で空調工事を強行は疑問?

 都度の指摘が不要となる「大家族」のための無謬性の施政を実践戴きたいものです…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸