t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 入札制度の不可解 Ⅱ (落札率)

・今夏は過酷な残暑が特徴です。未だに「エアコン」も無い環境で学習は大変です…

高浜の学校エアコンの設置は「遅くても良し」とされるのは無策の証しでは?

 (*県内では、名古屋を初め「6年前」から設置開始されているのに、高浜は未だ… )

 

・「財政活用」や「血税使途改善」の視点から「公共工事」を確認したいと思います。

 

--- 入札情報からの疑問 ---☆---

市HPから「入札情報」を確認すると興味深い情報を得ることが出来ました。

・市HPでは「工事情報」の全件確認は出来ません。大型工事は「県システム」の確認が必要で、市民には、この「システム」の確認がしづらく、未だに難航しています。

 

●「市HP」から確認できる小・中規模の工事を確認してみました。

HP掲載の工事案件は、全117件のうち「43件」と「半分程度」のようです。

 (*大規模工事は、県システムの確認が必要。一般市民には「ブラツクボックス」同然)

 

・「全国オンブズマン会議」に習い「落札95%以上」の工事数は「今年度-約30件

つまり、市公開工事のうち「落札95%以上」の工事は「約7割」にも及びます

・「オンブズマン流」に判断すれば、不適切な工事のオンパレードかもしれません。

 

--- ある工事の落札事例 ---☆---

・不可解というか興味深いのは「公共下水道工事 (80号/81号)」の工事です。

・通常工事は五千万円以下の工事(落札-96%)ですが、両案件の予定価格は「約1億円」

通常の工事には応札されない市外工事社が入札-「予定価格✖80%未満」にて落札!

 

・財政削減努力の成果とも言えますが、「予定価格」の信憑性に疑問を強く感じました

「工事 (80号/81号) 」の予定価格だけが「高額設定」だったのでしょうか?

 (*一般的に工事物件は同一条件は無く、複雑多岐で単純に数値比較は出来ませんが…)

 

「落札率 - 平均96%」を見直すことも必要と思います…と言っても「数%」の改善!

・ちなみに公開工事の「落札率-1%」の改善効果は「年2千万円」程度と推測します

恐らく「2%」の改善を目指せば、専従職員さんの選任も可能ではないでしょうか?

 

「現状維持継続」では、財政削減も進まないと思われます

 

■  「入札制度」の無謬性は「常設の第三者組織機能」が必要に思います。 

オンブズマン会議が指摘の「落札率-95%以上」の頻発は適正適切を欠く施政では…?

 ましてや、「庁舎-30億円」を「99.99%」で契約強行は 「大家族」を裏切り同然! 

⇒ 確か、組織として「監査委員会」があったと思いますが「入札希望価格 (予定価格)」に関して「常時監視」を発揮できる組織機能を持たせるとか…?

・ 更に、この「監視機能」と「予定価格」の立案部署を一元化の組織づくりが適切。

 

 「市制50周年」に、如何なる組織変革をされるのか注目したいと思います 

 

 "まちづくり"において、様々な工事は重要な位置付けであり、大切な役割を果たされています。

 「地域工事社さん」と「行政」「大家族」と三位一体で協調協力の推進が「工事」のあり方のような気がします…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸