t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 防災 - 避難所の整備

・関東圏を襲った「台風15号」は、ご承知の通り、人智が及ばぬ予想外の大規模災害となり、台風一過の「4日」を経過しても、益々、深刻さが深まるばかり…

他山の石として「自治体」の防災体制を見直す必要性を痛感しています。

 

--- インフラ機能の壊滅 ---☆---

・TV-報道によれば「停電」「断水」「住居損壊」「情報網-壊滅」等の極限に近い被災の実態は「生き抜く方策」を考え、対策する必要性を示唆しているように思います。

 

・これは、従来の、被災時は「避難所」へ避難という単純な行動指針だけでは「市民-約5万人」の生命維持や避難生活を運営することは到底、不可能であることは明白です。

 

■ 極限の被災を前提とした「防災計画」の再考、再構築が要求されているようです

⇒ あたかも「災害戦争」を前提とした「サバイバル (生残り) 戦略」の構築です

 

--- 現状の避難所体制 ---☆--- 

高浜市-地震防災マップ」(H27年版)を参考に再確認してみます。

「指定避難所」- 「高浜小学校-体育館」をはじめ「市内-17カ所」の避難所を掲載。 

・市民には「警戒警報」が発令後は「避難行動」を早め早めの「避難所」へ移動を提言

しかし「指定避難所」の収容人員は全施設を合わせても「3千人」程度のようです

 

・これで「市民-5万人」-「数日間?」の避難生活をどのように運営するのでしょうか?

⇒ 市内-全施設を「避難所」とし、町内会毎に結び付け、市民に周知徹底が必須では !

・「避難所」を家庭や町内と結び付け「第二の家」として定着を図ることも大切です。

     (*「まちづくり協議会」施設を避難所に指定されないのは不可解な防災施策です )

 

臨機応変」にそれぞれ考える。の市民一任ではガイドラインにならないのでは…

市民の生命救済のための「防災行動計画」の再検討の必要性を痛感しています。

 

・現在の避難所面積を単純に「一人-2㎡」で除算し「収容人員」を算定で良いのか?

 ⇒ 今回のような「停電」で避難所に詰込みでは「熱中症」を誘発するだけでは…

 

・市内「医療機関 (民間医院) 」への防災対策の補助は実施されているのでしょうか?

 (*残念ながら「分院」は、災害被災時は「後方支援」と、市民は見放されて…? )

 

--- 思い付くこと ---☆---

・「携帯電話」等の「充電機能」は、全施設にあるのでしょうか?

・「全ての公共施設」に「防災ラジオ」は設置済みでしょうか?

帰宅困難者の「避難所」は「何処に」「収容人員」は…? 

・「私有車」を避難所とする市民も少なくないと思います。駐車場の指示は…?

 

--- サバイバル機能の確保 ---☆---

「発電機能」 - 全ての「避難所」の防災設備として「発電設備」の配置は絶対必要。

・「発電機能」は「自動車」も活用可能です。  (*「直流-交流変換器」が必要な場合も )

・「公共施設」には「太陽光-発電設備」も必須機能かもしれません。

 

「飲料水」の確保は どのような状態でしょうか?

・「飲料水」は、通常「一人当り-2㍑/日」と言われ「5万人」なら「100㎥」必要!

・更に「炊事・洗面・トイレ・洗濯」となれば、際限なき準備が必要となるようです。

これらの準備対応につき、マニュアル化し、市民への丁寧な説明が必要と思います。

 (*「飲料水」や「ろ過機」等、備蓄準備済みとは聞きましたが能力や配備は不明… )

 

・以前も記載したような気がしますが、防災の「避難行動」は一瞬で終わりますが、

「避難生活」は数日~数週間、数か月となる長期戦も予想されます。

最近の異常気象は、この天災に備えることを急ぐよう警告なのかもしれません… 

 

--- 台風15号の教訓 ---☆---

明日にも起こるかもしれない「大地震」や「大災害」…

・「千葉」という都心部に近接した地域でありながら、大混乱の様相は現代文明の脆弱さを露呈した結末となり、改めて人類の無力さを思い知らされました。

 

・この教訓を、傍観で終わることなく、自らの立場に置き換え、やがて三河にも起こるであろう大災害に早期に備えることが「市民のためのサバイバル施策」であり、緊急的重要課題ではないでしょうか?

 

・市民は、これを市に全託では無く、出来る事、為すべきことが有るはずです。

市は、市民への「防災情報」を発信し、要請することが責務ではないでしょうか?

   (*「自車」には"寝袋"常備、「自宅」には水-30㍑。ささやかな我が家の備蓄です )

 

 「大家族」の安心安全は「防災情報」の発信です!

・「市民-5万人」の生命維持に要する「衣・食・住・情報」を、高齢者から乳児まで

  対応施策を構築し、市民に周知を図ることが「防災」のあり方と思われます。

 

 「備えあれば憂いなし」

- この「備え」の再考を 台風の教えのような気がします

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸