t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 防災 - 避難所の整備 Ⅲ

・今回の「台風15号」による、千葉の被災状況は益々深刻さを増しているようです。

未だに「停電」「断水」「降雨対策」など、避難生活は長期化の様相です。

・恐らく、予想外の「避難生活」の延長は、心身共に極限の生活と予想されます…。

  明日は我が身かもしれません

 

--- 高浜の指定避難所 ---☆---

・「指定避難所」とは、被災して帰宅できない場合、避難生活を送るための場所です。 

・高浜に転じ「指定避難所 - 収容 - 3,200人- 1,300世帯」では、全く不足なのでは…。 

行政任せでは、現状維持を強行と思われ、情報収集を図り検討してみました。

 

--- 指定避難所の検討 ---☆--- 

愛知県では、既に「大地震」に対する被災規模の予測を実施されていました。次の、

東海地震東南海地震・南海地震等 - 被害予測調査結果(H26年) から引用します。

   [検索] : http://www.pref.aichi.jp/bousai/2014higaiyosoku/whitebooknew2.pdf

 

■ 碧海五市の「全壊・焼失棟数」の予測を抜粋しました。

・この予測を無視せず、目標設定し着実に課題解決することが無謬性と思うのですが… 

全壊/焼失  揺れ  液状化  浸水/津波  火災  合 計
 安 城  9,400  100    4,100  14,000
 刈 谷  5,200    80    3,700    9,000
 知 立  2,300    30    1,700    4,000
 碧 南  8,700  100   20  5,400  14,000
 高 浜  2,300    30    2,200    4,500

 

●「高浜」は、「揺れ-2,300棟」「液状化-30棟」「火災-2,200棟」との予測です。

・つまり「合計- 4,500棟」の建物が消失し、そこに住む市民は自ずと「避難所」へ…

よって「避難市民は 4,500棟✖2.4人/棟」⇒「約1万人」収容が必要となります!

  (*高浜市 - (人口 - 49,111人) ÷ (世帯数 - 20,476世帯) ≒ 一世帯当り (2.4人)  )

つまり「指定避難所」の収容率は「22%」が必要レベルなのかもしれません…? 

 

・これを「避難所 - 収容 -3千人 (6%)」で強行は「約7千人の市民が避難難民」です。

避難体制の不備は「住宅」が壊れ、避難しても居所が無い市民を放置となります?

 

   現状の避難体制では「避難所が大混乱」と予想されます

大災害に対する周到な準備があってこそ「安心と安全」は確保されます。

 「指定避難所」の「収容 - 1万人」整備が無謬性では…

  (*「帰宅困難者」や「支援ボランティア」まで含めれば、更に、増加かも…? ) 

 

--- 公共施設の建設と防災体制 ---☆---

●「公共施設計画 - 縮充」は、万が一の大規模災害に適応できない計画を強行です。

「避難所機能」の「公民館」を次々と狭小化は収容数を削減で市民が犠牲です!    

・「庁舎」だけ防災整備し「避難所」の収容数-削減は、片手落ちの防災計画です。

 

  「行政」より「大家族」ファーストの防災計画を!    

 

--- 火災焼失 -2千棟 ---☆---

●「地震火災数」の増減は、地震発生時間も大きな要因と思われますが、最悪の事態

   高浜市内の住宅の「約2千棟 - 1割」が焼失の可能性と、予測されています。

 

・先日の「屋敷町」の「1軒」の火災だけでも、現場は大混乱の消火作業は結局、全焼!

問題は「碧海五市」が、同時に火災発生でも、現状の消防体制で十分でしょうか?

 

・北陸の"避難所の流れ"同様に「消防団」に加え「消防予備隊」が必要かもしれません

なぜなら、大規模災害の火災は「同時✖複数」の消火作業が必要となるからです。 

 (*「消防団員」が集まらないと嘆いている防災施政では「市民」は犠牲です ) 

 

● 高浜の道路は「消防車」が入りづらい「狭い道路」も被害拡大の一因と思われます。

市制50周年」- ハコモノばかりに注力は、まちづくり根幹の「道路」を後回し…

 

・「大地震」は容赦なく、まちを破壊し、「火災-2千軒」焼失が現実となるのかも?

「平時」に如何なる対策施策を図るかが「防災施政のあり方」と思います。

 

  「大家族」の安心安全は、平時に万全の防災計画から…

  行政も市民も「危機感」をもって防災行動が大切です

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸