t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 防災 -消防団員の募集 Ⅳ 

防災体制の話題は、まだまだ尽きません。

・知れば知るほど、分れば分るほど「不安」は募ります…。年齢のせいかもしれません

 防災施政の一つに消防団員の募集」があります。この取組み状況を確認してみます 

 

--- 防災施政 ---☆---

お隣の街 - 「碧南市」の防災施政を確認しました。

碧南市HP -「防災・防犯」から「消防団」を、検索確認してみました。

    [検索] :   防災/碧南市

●「消防団」の全容を確認し、次に「団員募集」についても確認しました。

       [検索] :   団員募集/碧南市

 

--- 消防団員-確保施策 ---☆---    (*念のため再掲示します )

「碧南」- 防災施策 -「消防団員の確保施策を強化」は下記のように計画募集です。

 

1.「事業所」

 (1) 市内企業から「消防団員」を選出 - 補助金支援制度を創設 

 (2)「消防団員」在籍者の有無  - 市工事の入札評価項目に追加

 (3) 消防団協力事業所の優遇化 - 愛知県に要望 (法人税の減税、協力企業の入札評価)  

2.「消防団員」

 (1) 処遇の改善 -  出動手当の増額。退職金 (任期-2年~5年) の増額 

 (2) 装備品の充実 - 安全装備品、救助資機材の充実強化

3.「家族補助」

 (1) 消防団員「家族支援」 -「明石公園」遊具券の配布  

4.「学生施策」

 (1) 学生消防団活動の認証制度の創設 - 就職活動への評価補助策  

5.「市民広報」

 (1)「消防団」活動の周知化 - 市広報紙に毎号掲載

碧南市消防団員の確保施策を、具体的に、丁寧に説明されています。 

  [検索] :   http://www.city.hekinan.lg.jp/material/files/group/8/dankakuho.pdf

 

  これらの施策展開に消防強化の工夫努力を感じます… 

 

--- 消防予備隊 ---☆---

碧南市は「消防予備隊」制度を設けられていました。

・「消防団員」を任期終了後、数年間を担当委託されているようです。

「消防予備隊制度」は、やはり「有効」な必須組織のようです

 

--- 高浜の防災施策 ---☆---

市HPに掲載の「消防団員」の募集資料を、ご参考までにご確認頂きたいと思います。

高浜市」-消防団員」の募集 ⇒  [検索] :  消防団の組織および運営

工夫努力は実施されているのでしょうが、情報掲載量が少なすぎて不透明です。

・これで「団員加入」の「内容や意義・魅力」を伝えることが出来るとは疑問です? 

  

 市民の生命と財産を守る防災-消防体制の整備は必須施策!

  施政の重要課題として取り組まれ「大地震」対策に万全の準備を戴きたいものです!

 

--- 施政運営の余談 ---☆---

ICTによる「ネット社会」は、地域や、国を超え、世界をつないでいます。

自治体の施政も「国内 - 約八百件の市」があり、各々の運営を展開されています。

防災施政も同様に様々な事例があり「他市」を調査研究されるべきでは…?

・最先端の施政運営の展開を期待したいのですが、残念ながら、遅れている印象です。

・「遅れ」は、同じ血税を負担にも関わらず、同じ行政サービスを享受できていない

市民としては「費用対効果」において損失を被ることは施政の被害者、犠牲です。

   (*結果、住みよさ - 高浜 -「富裕度-全国21位」なのに「住みよさ-322位」は不可解 ? )

 

 「大家族」精神を発揮の施政運営を切望するものです

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸