t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設建設費の不適切な設定

・久々に「防災」から「ハコモノ - 公共施設」に話題を戻したいと思います。

・「防災」も「環境保護」も推進は、並々ならぬ情熱の継続が肝要ということらしく…

 やはり「継続は力なり」を教示されているようです

 

■ 今回は、公共施設の建設に際し、その「希望価格 (予定価格)」を立案のため、市が多用

   される総務省単価 (以下「単価」という) の 是非、適否につき再検討してみます。

結論 - 建設費が「割高」となる「単価」を積極的に多用は不適切で血税の浪費です。

 

---総務省単価」---☆---

● そもそも「総務省単価」は『建設後 40~50年の「公共施設」を寿命とし、安易な

「建替え」は「自治体が財政危機」におちいる』と自治体に警鐘発信のため、定量

 な評価判定資料を作成するシステム・ツールとして設定された「試算単価」です。

 (*施設建設の知識経験が無くても「面積✖単価」だけで「建設費」を算出出来ます )

本来は「未来-40年間の施設予算規模をシミュレーションするシステム用「単価」」

・よって、この単価は、建設工法を問わず最高の価格相場レベルで設定のようです…

   (*工法構造が「鉄骨鉄筋コンクリート」の建設相場より約2割程度を割増し設定…

      恐らく、数十年分の物価上昇や増税分を吸収できる価格設定と思われます  )  

 

● よって「個別の公共施設」の「希望単価 (予定価格) 」に適用は極めて高額となります

⇒ ところが実際に、庁舎や高小建設に適用され、極めて高額で契約強行は不適切かと

     

■ まずは「単価」を記載します。あくまで「シミュレーション-システム用の価格」です 

総務省単価」  更 新 (建替え)  大規模改修
 施設分野  修繕期間-3年  修繕期間-2年

行政施設 ・市民文化・社会教育系

 40万円/㎡  25万円/㎡

・スポーツ施設・レクリエーション系

 36万円/㎡  20万円/㎡

学校教育施設 ・供給処理施設等 

 33万円/㎡  17万円/㎡

公営住宅  

 28万円/㎡  17万円/㎡

 

総務省の意図は「公共施設」を早期解体せず「長寿命化」を図る事。多くの自治体が

「従来-60年」を「80年以上」に延長を決定。高浜も「70年」に延長…

・ところが「中央公民館-築36年」「庁舎-40年」「青少年ホーム-42年」を次々と解体!

高浜-施設の早期解体は「低炭素社会の構築」にも沿わず、総務省の指針にも逆行し  「築40年」で連続の早期解体を強行は、施政のあり方として不適切の極みでは…

 

・解体は「幼稚園から小/中/高校生」が、隣街の「ホール施設」を求めて移動発表会。

議会で行政は「大いに外に出ていくのが定住自立圏の構想」と無責任な答弁。

 

・「納税」の意義、効果も得られない「施政運営」は、過ちの施政です…。

結果 - 「全国-住みよさランキングでは、「富裕度」は「全国-21位」と極めて上位

  にもかかわらず「住みよさ - 300位以下」に転落の施政運営は失政の証しでは…?

 

---「建設相場」の実態 ---☆---

●「総務省単価」はシミュレーション用の価格。実際の建設相場は「建設省」が公表!

建設省では、毎年「建設着工動向」を調査し「建設統計」として公表されています。

     [検索] : 建築着工統計調査 年度2018年度 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

疑問 - 市は、なぜ「総務省単価」を採用し、建設省「実相場」を使用されないのか?    

・「財政削減」が基本方針にあるなら「実相場」を使用が適切と思うのですが…

 

■ 着工建築物 - 地域別、用途別、構造別の動向資料から「相場」を算出してみました。

建設単価 -H30年度  全-愛知県  事務所  学校校舎
鉄骨鉄筋コンクリート  32万円/㎡  31万円/㎡  36万円/㎡
鉄筋コンクトート  24万円/㎡  31万円/㎡  28万円/㎡
鉄 骨 造  20万円/㎡  25万円/㎡  19万円/㎡

 

建設省-相場」と総務省-単価」を比較します。例えば「学校施設建設」では、

 「建設省-相場-28万円/㎡」が「総務省-単価-33万円/㎡」は「18%増」に。

つまり「学校建設-相場20億円」が「総務省単価」は「23.6億円」と割高です。

   (*結果-「市民」に厳しく、「業者さん」に優しい施政は「江戸期」の施政です… )

 

では、高浜の「施設建設物件」に当てはめ「総務省単価」と比較してみます。

--- 高浜の施設建設 ---☆---

■「庁舎」の施設建設の検討時に、比較価格として「旧庁舎」を大規模改修にて見積。

● この大規模改修費に「総務省-単価」を適用し、「施設面積 (7,674㎡)」✖「改修単価 -

   25万円/㎡ 」= 「19億円」と試算し「総額-希望価格‐総額-33億円」と設定。

結果-「二社応募」され「リース方式 -▲38万円 (0.01%) 」も安価と契約は不可解!

   (*応募 - 他の 1社は「建設業」ではない「機械部品製造会社」が初応募も不可解…? )  

 

■ リース庁舎の「長期支払計画」に記載の「施設建設費」と「建設省-相場」と比較。

●「リース庁舎」の施設建設費は「11億円 (3,668㎡) 」の「建設単価 - 29万円/㎡!

建設省-相場 - 民間事務所「鉄骨建設-25万円/㎡」と比較し「16%」も割高!

結果 - 「リース庁舎-11億円」-「建設省-相場-9億円」と「約1.5億円」の差!

・この「1.5億円」の割高建設を「▲38万円も安い」- 財政効果有りと契約強行

 

   市民の常識では理解不能の施設建設の連続です

 

--- リース庁舎-建設の疑問 ---☆--- 

● 公共施設の工事において「落札率」が異常に高いのも「高浜」の特徴のようです。

⇒ 確か、エコハウス-改修工事「99.9%」、リース庁舎「99.99%」は極めて異常では!?

・情報では 「全国オンブズマン会議」は「95%以上」は不適切と判断のようです。

 

総務省単価」を個別施設に適用は「血税の浪費」です!

   行政がこれを推進強行は不適切な施政運営です!

  建設費が高額となる不適切な方法の連続は裏切りです!

  

--- 市民の素朴な疑問 ---☆--- 

■「財政削減」を御旗の印として開始された公共施設-「ハコモノ」建設は、早期解体、

 短期決定で、市民への説明も形式だけ…。いわゆる「建設強行」は市民無視の証し!

 

・他市では「庁舎建設」の事前準備として数年を要して「市民の意見要望」を調査され

 庁舎建設に反映し、工事工程毎に説明されています。これが無謬性の施政施策です。

高浜は「説明会」が着工3ケ月前だけでは「市民無視」であり、私物化の証しです

    (*説明会は「1回限り」- 参加市民 - 40名で「了解」されたと強行は不適切では… ) 

 

● 最近、重ねて不信に感ずることは「リース-20年」を延長化の気配が濃厚なこと…。

   (*但し、この「リース延長」が審議されるのは「15年後」に先送りの無責任… )

 

公共施設は「早期解体」、民間施設は「契約延長」は矛盾であり、破壊のまちづくり

・「借金」は「後世の市民が払うから大丈夫」と建設強行は市民が犠牲です!

 

   これで「大家族」宣言は矛盾であり誠意も疑問です!?

    (*「大家族宣言」- 思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま ) 

  無謬性の施政を取り戻して戴くよう切望するものです

後世の市民」から歓迎される施政運営が無謬性です 

 

 (最後まで、ご精読いだき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸