t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン-浪費の設置 Ⅱ

環境保護施政の進捗を公表とされながら、実態の不透明さは、ハコモノ建設と同じ。
・これでは「温室効果ガス=ゼロ」を目指していると言えないのは地球も破壊では?!

後世の市民に対し「犠牲」ばかりを強いるのは「施政のあり方」が誤謬の証しです 

   (* 犠 牲 =「施政の借金返済」+「環境保護の消極的対応」+「空調設置の遅延」 )

 

--- 学校エアコン-設置 ---☆---

● 高浜は、近隣市より最も遅く「今年度」設置目標とし「3月下旬」が完了目標とか?

しかし、未だに「設置工事」の日程公表も無く、また秘密の工事推進でしょうか?

・この対応が「行政の説明責任」の放棄であり、施政の不透明さの証しのようです 

 

今回は「学校エアコン」設置事業について更に追加検討してみます

前回 (9/6)、他市(小牧市)と比較し、教室当り「百万円」も高額は疑問とご報告しました

 

 学校エアコン

 時期 (年)  対象教室 (室)  空調事業費 (億円)  教室当り (万円)
名古屋市   2015   2,252     48.9     217
小牧市   2017      349       7.3     209
高浜市   2020      268       8.5     317
高浜/小牧   3年遅れ      77%     116%     152%

 

・「小牧市」と同等であれば「空調工事 -5億6千万円」程度で済むはず … なのに、

落札結果「1社独占」-「8億5千万円 - (落札率-99.4%) 」は「+3億円も高額!

 

--- 空調工事が高額の理由 ---☆---

この理由を追求検討し、疑問点を抽出したいと思います。 (*途中経過報告です)

 

1.「設置計画を丸投げ」⇒ 市は「学校エアコン設置計画」を丸投げの外注委託です。

・結果 -「名古屋市内」にある「コンサルティング会社」が落札。

・内容 -「期間-18.12~19.3」。空調配置や機器選定を実施。費用は「23百万円」

・疑問 -「空調工事」に「アスベスト調査」も抱き合わせで依頼。

結果は、コンサル会社も「アスベスト - 調査専門会社」に丸投げの調査依頼。

・「アスベスト調査」は今まで「中公、旧庁舎、青少年ホーム、高小…」- 何度も調査

 実績があるのに、また、市立学校-全校調査を丸投げは「経費削減意識」の欠落です 

既調査実績から、優良な業者さんを選定し、直接発注が好ましい方法では…?

 

2.「空調工事-費用」は、この「コンサル会社」が立案した概算見積が基本のようです。

・報告 - コンサル会社の報告日は「3月12日」か「3月19日」、資料頁は「約5百頁」

市の工事入札公募は「3月28日」。僅か、一週間で報告内容を吟味検証は不可能…?

学校経営gには「空調工事」に精通した職員さんが配属されているのでしょうか?

 

3.「設備機器」は「過剰仕様」にて選択選定

・「空調機設置工事」の不安要素は「冷えない」「暖かくない」の感覚的な評価です。

従って「不評回避」すべく、「過剰仕様」にて選定選択の可能性を感じます。

・機種選定は、まず「空調負荷計算」で所要能力を試算し、自ずと、余裕を加味した

「高能力の機器を選定となり、機器価格は高額化となります」

・一方、「ゼロ-エミッション」の視点から「校舎-断熱強化 + 日射削減」「換気-熱交換

 方式」により、空調負荷を削減すれば「能力の小型化」の改善は容易に出来ます。

今後のコンサルのあり方は、この「省エネ、エコ提案」も含めるべきなのでは…?

 

4.「機種選定」の不可解

空調機-機器選定は「空調負荷計算」にて「教室」の冷暖房に必要な能力を割り出し

「室内機」を選定。次に「室内機-能力」を合算し「室外機」を選定します。しかし、

一般水準と比較し「室内機 - 四~五割増し」+「室外機 - 二割増し」の場合も…? 

    (*例> 「室内機-5HP」✖6台=30HP。なのに「室外機-36HP」を選定が大半 )

      * 後日、空調メーカーに問い合わせ、その適正度を確認したいと思います。     

・結果、設備が大型化し「設備費」+「工事費」が高額となる要因と思います。

 

■  工事額の推移 - 設計価格「8億96百万円」- 希望価格「8億54百万円」(▲4.7%)

  「落札額」-「8億49百万円」(▲0.6%) とは、業者さんに優しい入札結果です 

 

5.「空調工事」-「単独入札」

・「高浜」は「独占工事」が多いのも不適切な証しです。価格も日程も業者さん一任!

・なぜ「1校-1億円超」の大型工事を、なぜ、一括工事にまとめる必要があるのか?

・それも「名古屋市」の空調工事社に発注は地元工事社の育成、還元効果も疑問…?

例えば「1校-1社」とすれば「価格」も「工事品質」「日程」も競争が生まれます 

・「1社 - 独占」では、この競争も無く、順番に設置は工期が長期化は当然では…!?

 

●「工事落札日」は「6月22日」-3カ月も経過にもかかわらず工事日程計画は未定?

⇒ もうすぐ下期。未だに「工事日程」を発表出来ない事態は後世の市民が犠牲です。

 

     高浜の工事は不可解が多すぎ。不可解は「工事社に優しく、市民に厳しいこと」

 「大家族」宣言は「市民ファースト」なのでは… 

  

--- 市民の素朴な想い ---☆---

 ・今回、学校空調に採用の「ガス・エアコン」はエンジン利用設備のため「保守管理」

 の完全実施が必要です。また、空調最盛期は、迅速な「修理対応」が最適条件なはず

「修理拠点」が名古屋よりも近隣の拠点体制が適切は当然と思われますが… 

・公民館の空調は数年放置のようでしたが、「学校エアコン」は即時修理が原則かと…

  

 後世の市民に喜ばれる学校エアコン設置の早期実現を!

 財政削減と言われ、県下最高額で空調工事を強行は疑問?

「大家族」のため無謬性の施政を実践戴きたいものです…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸