t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン-浪費の設置 Ⅳ

・「学校エアコン」は教育施設の必須設備となっています。

・また、一方では「財政削減」は市全体の根本的な施政課題です。

この両立を図るのが行政運営のあり方ではないでしょうか?

・しかし、実態は「学校エアコン設置」を理由に、巨額の浪費が強行されています。

 

--- 他市との空調導入比較 ---☆--- 

・幾度も掲載しますが、高浜は「学校エアコン」を百万円(教室) も増額で設置推進です

 学校エアコン

 時期 (年)  対象教室 (室)  空調事業費 (億円)  教室当り (万円)
名古屋市   2013   2,252     48.9     217
小牧市   2017      349       7.3     209
高浜市   2020      268       8.5     317
高浜/小牧   3年遅れ      77%     116%     152%

 

--- 学校エアコン-設置-見積 ---☆---

● その空調工事額が、他市より、教室当り「百万円」もの高額となった原因は「23百万円」も掛けて調査した「空調機設置-基礎調査報告」によるものです。

 

1.報告資料のなかに「概算工事費算定書」として「設置工事費」が報告されています。

・「総額-8億円」を超える工事見積資料は「下記」の「A3版」-2頁だけで提示!

「空調設備価格」も、工事内容も把握されず不詳のまま「8億円」支出を決定は乱暴!

     (*資料は 機器価格(室内/室外)、設置費、冷媒/ドレン(配管長)、電気(一次/二次) 、一切不明 ) 

 

・よくこれで「工事費」の適正適切さを判断されたものです。奇跡の施政です…? が…

  結果は「大家族」の血税を浪費であり軽視の証しです!

  

--- 空調機設置基礎調査-概算工事費 ---☆---  (*資料は見にくいかもしれません)

1.「工事費」- 総額 -「8億96百万円」の根拠となる見積資料…あくまで「概算」です

・「総括版」-「共通費」として「1億44百万円」が追加されています。 

  (* 共通費 -「仮設費-3%」「現場管理費-6%」「一般管理費-10%」を単純計上 )

f:id:t2521:20191002091837j:plain

 

・「個別版」- 各学校毎の「教室数」「室内機数」「工事費」を記載 - 総額表示のみ

f:id:t2521:20191002092528j:plain

●この2頁だけの「概算見積」を正規とみなし、僅か「▲5%弱」を「希望価格」と決定!

市民としては「血税の重み」を軽んじている施政のように映ります…

・「概算見積」の適切性をどのように検証されたのでしょうか?  不可解なご判断です

 

2. 資料作成の「コンサル社」は、費用面につき、下記の注釈を追記されています。

・「空調機器の選定責任」は、「機器能力は実施設計で見直し」と記述

・「工事額の責任」は、「概算工事額であり、工事費を確約するものではありません

よって「機器能力」を決定は「実施設計」が必要です。この検証後、機器決定です!

  この「実施設計」を基に「工事費-見積」が適切な順序です。そして価格交渉では…?

 

・しかし、実態は「調査書-概算額「8億96百万円」を基準額とし「▲42百万円」

 僅か、「▲4.7%」適正適切として公募強行は、不適切であり怪しすぎます…。

 

・結果は、希望価格「8億54百万円」に対し、「8億49百万円」(落札率-99.4%)

 と、またもや異常な高率で落札は、不当な工事強行となり不適切では…?

この実態では「血税の浪費」は明らかなのに、なぜ強行されるのか?    

 

 これを肯定する異なる力が働いているのかもしれません 

 

--- 市民の素朴な想い ---☆---  

この「室外機」を「2割増し」の選択は、市販価格ベースで「1億円超」もの浪費!?

・将来「空調能力」が不足となった場合等の事態を予測し、室内機増設に備えてかも…

しかし 「対策」は「遮光遮熱シート」や「換気制御」と地球に優しい方法も対応可能

 (*これを「パッシブ空調」と言うらしい。設備空調から脱却という次代のトライも必要)

 

・今後の施設建設・設備は「エコロジー」も基本要素のひとつです。

 今後の学校建設は「地球に優しい」構造機能が求められ、長寿命化に加え、住宅同様

 に「高気密・高断熱」機能も「あり方」になると思われます。

 

・高浜小は、どのような「エコロジー要素」が導入されているのでしょう?  

「高小」の空調機も「室外機」能力は「2割増」を採用なのでしょうか?

・このような事も、いちいち情報公開請求が必要となる高浜施政は「隠ぺい」施政です 

 

・「教育関係組織」にも「施設管理」の専門・専任担当が必要ではないでしょうか

   (*高浜の公共施設は「学校に集約化」の方針のようですから… )

そうであれば、今回の「数億円の浪費の空調工事」は防げたような気がします。

・「職員数」の「戦略無き削減」の弊害が徐々に顕在化しているようにも感じます

  

「大家族」は次代の施政実現を期待しています! 

「大家族」のため無謬性の施政を実践戴きたいものです…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸