t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン-浪費の設置 Ⅴ

・「学校エアコン」の施設設備の充実と、「財政削減」の両立は施政の根本課題です。

⇒ 実態は「学校エアコン設置」を理由に、「巨額の浪費」が強行されています。

・前回は「入札」のあり方が疑問。今回は「公共施設管理計画」との整合性です…

 

--- 学校の施設計画と設備計画 ---☆--- 

● 学校エアコンは「今年度内に設置」とされながら、未だに工事日程計画も非公表。

予算 - 巨額の『8億49百万円 - (落札率-99.4%) 』だけが先行して独り歩きです。

 

・それも、他市の設置相場に比較し「約3億円」も高額は「財政削減」もどこへやら…

・加えて、疑問は「学校の大規模改修」による「施設計画」との整合性です。

公共施設計画 (H31年版) の各学校の大規模改修計画を表にしてみました。 

学校   生徒数 (人)   現校舎-建設年   大規模改修年  施設費 (億円)
高浜小学校   617  S35 <'60>  H31 <'19>   48.3
高取   553  S40 <'65>  R 4  <'22>   10.5
  434  S51 <'76>  R 8  <'26>     8.3
吉浜   779  S44 <'69>  R 4  <'22>   10.9
  742  H14 <'02>  R18 <'36>   17.8
高浜中学校   894  S45 <'70>  R 6  <'24>   15.9
  604  S53 <'78>  R10 <'28>   12.9
合計  4,623      124.6

 

・ 余談ですが・・・、

本来、施政のあり方は「公平」と「適正」が根本的な要素です。

・しかし「学校-施設費」からも分かるように「高小-偏重」は施政脱線の証しです。

・その視点から「翼小」も施設費の高額は、果たして平等な教育環境でしょうか?

「学校-平面図」を見て、妙に翼小だけ余裕スペースの存在に気付きました

 

・「高小」も「翼小-仕様」になるかと思っていましたが、見事に期待を裏切られました

「翼小」だけ特別扱いも理解不能、不可解な施政のあり方です

・義務教育施設のあり方は「平等」であるべき。施設計画を根本的に見直しが必要です

 

● 高取小の改修時期が、昨年の計画から「2年」も延期。説明無しのダンマリです。

更に「高取小」だけ「実施設計-73百万円」追加し現在進行中? - 市民不在で強行?

・「大家族」宣言されたのに、「ハコモノ計画」を強行は、施政を私物化の証しでは…

 

疑問は「今年度内にエアコン設置」し、数年後に「校舎を大規模改修」の計画です。

「エアコン室内機」は、そのままなのか?  「付替え」されるのか?

・「配管」「配線」は、そのままなのか?  「付替え」されるのか?

「大規模改修」を前提に、今回の空調機設置は如何なる配慮工夫されるのでしょう?

・「23百万円」を掛けた「コンサル社」提案には、その要素はかけらもありません

 

● 大規模改修は、どのような「エコ対策」や「空調負荷の軽減」が盛り込まれるのか?

・第一に「長寿命化」です。計画では「高取小-11億円 改修後-9年」で建替えの予定?

もう高度成長期の「スクラップ&ビルド」発想から脱皮脱却すべきです。

・「ごみ減量化」「ゼロ-エミッション」「財政削減」の観点からも逸脱では…?

 

次は、校舎の「高断熱・高気密」- 校舎を「ポット」構造化し、空調機を小型化!

「施設計画」と「空調計画」との整合性を図り、空調能力を再検討すべきです。

・これにより「財政削減」+「年間のランニングコストの低減」ともなります。

 

・「高取小」-「実施設計-73百万円」には加味されているのでしょうか?

「10億円超」の巨額事業に「要求仕様」も「市民コメント」も省略し強行は独裁!

・高浜施政は「施策手続き」も誤りが多く、法も条例も無視では市民が犠牲です…  

 

「無謬性」- 間違い、誤りの無い施政施策を切望します 

 

● 各学校は数年後に大規模改修予定であり、その断熱設計は地球環境保護から必須事項

これを踏まえ「室外機-能力」-「2割増」の発想選定は「環境保護」からも逸脱です

・公共施設は、市民にも、地球にも優しく、お手本となるべきでは…?  

・この室外機の適正選択だけで「推定-1億円相当」の財政削減となるはずです…

 

学校は、未来の市民に「地球人としての生活指針」をも指導教育されるべきでは…?

・現在の施設計画は「地球環境保護」の視点からも逸脱であり「ごみ減量」にも逆行!

市民だけに「ごみ減量」を叫ばれ、施設は早期解体、エネルギー浪費では矛盾です

・後世の市民に「地球環境保護」「ゼロ-エミッション」のお手本を示すのがあり方です

 

--- 市民の素朴な想い ---☆---  

● 学校エアコンで「ブログ-5回」は異常です。疑問が多すぎます。説明が無さ過ぎです

・「地球環境保護」の視点から校舎を「断熱強化」し適正適切な空調機選定があり方。

 

 施政のあり方「無謬性」を望むは無理難題でしょうか?

「大家族」の血税を大切に丁寧に活用頂きたいだけです

 

市民感覚では、この無謬性を実現には、職員さんの増強が必要です。高浜は少なすぎ!

   結果-「施政施策」の吟味検討余地が無く、見切り発車の施策は誤謬を招いています…

   よって、書かなくても済むはずのブログ掲載となっています。残念しかありません…

 

 (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸