t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設計画を強行の疑問 Ⅳ 方針

●「住民監査請求」も市民の施政参加のひとつです。昭和の馴れ合い施政に市民が警鐘

「高浜施政」に関心を持つと、特に「施設建設は過ちが多すぎる」と気付きます… 

 その原因はなんでしょう? 市民は知る由もありません。ただ不適切であることは確か

時代は変わりつつあります。令和を施政変革の時代とし新生高浜を創生の時代に

「大家族」による「大家族」のための施政に変革すべきです

 

●「行政」や「議会」は、施政ビジョンを構築し、説明責任を果たすのがお役目です

これを怠り、目前の「施設解体」を強行し行政サービスの劣悪化が実態です。

  最低限、事前に、補完施設機能を整備してから解体が無謬性です

 

● 思えば中央公民館を解体し数年経過なのに、市民はまだ「ホール」を利用できません

市の「市外施設を利用せよ」は、施政の過ちを市民に押付けは無責任な施政の証し 

 

● 通常、「高小」の建替えを先行し、中央公民館を後に解体が正規のハコモノ管理。

・次に「体育館」が「ホール機能性能」を充足できるのか市民評価を得て解体が無謬性

  この順序を逆転強行が今の施政。これは凶行では…?

  築40年の施設を次々に解体は「破壊のまちづくり!

   市民と未来世代の施設利用の権利も剥奪です

  

--- 公共施設のあり方を考える ---☆---   (*「H28年1月」に市配布資料を基に再検証 )

● 今、思えば「中央公民館」の早期解体は「矛盾」の説明の連続だったように思います

施政の説明は、市民を欺いて「施設解体」と「建替え」を強行は「財政浪費」です

 

● その市の説明を振り返り、検証を試みたいと思います。 

市大方針-『市が目指す公共施設の姿』

● 市方針-「現行ある施設以外に新しい公共施設はつくらない

「学校を地域コミュニティの拠点として位置付け、他の施設と複合化し改修建替え」

     (*この方針につき、他市の事例効果、市民の是非、意見要望を重ねるのが無謬性 )

「高小」をモデルケースに、市民(5万人)の意見評価を確認するのが施政のあり方では?

    (*第一印象 -「50億円」の費用対効果や地域交流施設の貧弱さは疑問しかありません)

 

市方針-「具体的な改善目標」

耐用年数の長寿命化 ⇒「大規模改修-35年」、「建替え-70年 (*他市-「80年」)

  ⇒ 方針通り「更新」せず「改修」して、市民参画の基に「改廃」を検討すべきでした

   (*「なぜ、中央公民館-築36年を早期解体」- 市自ら方針を逸脱は施政の過ちです )

   (*「市庁舎-築40年-約7,700㎡」を解体し、狭小リース庁舎(3,700㎡)建設も方針無視)

 

総量の圧縮  ⇒「延べ床面積 - 38%の圧縮

  ⇒「約4割」削減の市全体の未来像を見える化すべき。いきなり「解体」は市民無視

      (*「中央公民館」は「面積-4,091㎡」「部屋数-15室」これを「4室」は市民無視! )

   (*「リース庁舎」も「旧庁舎」に比較し「床面積」を半減は乱暴で組織分割の失政) 

  ⇒ 方針は「38%」とされながら「約50%超」も削減の方針無視は市民が犠牲…

 

長期財政の見通し ⇒「H63年(2051年)までの財政見通し」

  ⇒ この全体像が見えないのです。全国富裕度 - 21位の市財政はそれほど脆弱なのか?

   (*「高小」-PFI「50億円」建設の「財政削減効果」を説明されるべきでは?  ) 

   (*高小-支払- 着工から2年で「36億円」を支払い、財政均等効果はありません  )

この乱暴な財政運営では「健全さ」を失っています

 

「公共施設方針」を自ら逸脱して、施設計画を凶行は、不適切の限度を超えています

・結果、「財政浪費」「市民犠牲」の施政は「分院や業者さん優遇」です。

施政は「大家族」のために「行政サービス」の充実があり方です。

 

  今の「縮充」施設計画は、高浜を破壊の計画です

 

--- 市民の素朴な想い ---☆--- 

1.「中央公民館」の早期解体の理由 -「民間分院の要請に応じ、公共施設解体は愚政」

  (*議員さんは「壊したほうが安い」と中公-資産価格「7億円」を解体強行の過ち! )

総務省」は「更新を延期」し、「大規模改修」を推奨。政府にも逆行の施政です。

 

・民間分院に「60億円」もの巨額の補助漬けに財政影響は無いのでしょうか?

 「60億円」は 学校建替え「3校分」。民間分院のための高浜なのでしょうか?

   施政本来の役割機能も逸脱は施政の脱線です

 

2. ハコモノ計画の実態は不可解なことばかり。

① 旧施設の早期解体を先行して、代替施設を後回しは、行政サービスの低落は逆行。

 その行政サービス低落の理由は「民間分院」の要望を優遇優先のようです。

  市民より民間分院を優先は施政の逆行の証しです 

 

② 市の施設方針の「縮充」- 「規模は縮小、機能は充実」と説明です。

実態は「床面積」を削減し「部屋」を移設だけ。建設費は「倍額!?」の逆転逆行。

 これも「市民」より「業者さん」を優遇の証しで逆行!

 

「財政削減」のため"縮充"と説明され「高浜小だけ-50億円」のPFI-独占契約

通常の学校建設の「倍額」を要し、不可解は特定業者に保守管理も「15年-独占!

・この「保守管理費」- 新築直後から通常の学校の「数倍」の高額なのです。

  (*ある市民は「PFI方式」にする必要性も効果も無いのでは…全くその通りです )

 

「ホール」-「小学校-体育館」に移管「平日(昼間) -使用不可」で機能充実と説明…?

  ⇒ 中央公民館の「ホール」は市内唯一。これを解体し「体育館」では施設機能の低落

・隣の「市民体育館」は体育館機能だけ。制限付きの不便な「高小-ホール」は矛盾だけ 

 

 この矛盾の施設計画を強行の背景は「市制50周年

 成果を上げるべく「焦り」の施設計画を強行の過ちは未来世代が犠牲は乱暴です

 そう言えば「ちょっといいまち」の言葉も他市から拝借したものとか? 

 「焦り過ぎ」の施政運営は市民が犠牲の「記念行事」となるかもしれません

    問題は「施設計画」の過ちは「未来-百年」に影響するのです。

 真に「百年の大計」… 安直な思い付き建設は後世の市民が犠牲です。

 「慎重さ」と「丁寧さ」が最重要課題なのです。

    今一度、見直すべきと思います・・・もう手遅れかもしれません

 

 (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸