t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 商工会館-移転費用の返還訴訟 Ⅱ

・年齢のせいか、話がくどくなりますがご容赦賜りたくお願いします。

 

・施政展開を観察すると、議会や市民説明から逸脱に気づくことが幾度も有ります。

 特に、巨額の「財政投入時」は、この動きが顕著でした。結果は財政浪費です。

 もう何度もブログ掲載し「耳にタコ」かもしれませんが再確認したいと思います。 

 

総務省は「公共施設」の更新を「40年~50年」の早期解体を改め、大規模改修を提唱

● 多くの自治体が「施設寿命-80年」を制定。高浜も「70年」に延長したはずです。が

「中央公民館 - 築36年」は、ちょうど寿命半ばでしたが「壊したほうが安い」と解体

 

総務省の提案は「現状施設を長寿命化」し、本当に必要な施設かを見極めてから更新

高浜は「築40年程度の施設を更新」してから「長寿命」と方針を逆転強行でした…

・結果、中公・旧庁舎・青少年ホームを早期解体し、狭小リース - 庁舎分割-「30億円」

 高浜小-PFI 縮充建設 -「50億円」の巨額の施設建設を強行の連続となったわけです。

 

更に、市は「公共施設」は「縮充」(複合化) という新語を使い、財政削減と説明…

「狭小リース-庁舎分割」は、どこが縮充なのでしょう? 「会議棟」も分離分割の矛盾

⇒ 何より「リース庁舎」が狭いため「組織分割」は不便で失策と思われます。

● 複合化なら「施設を一体化建設」して、施設内を分離分割構造なら財政削減も考えられますが、高浜小は「校舎」「体育館」「市民体育館」、更に「プール」は飛び地に施設建設と「施設自体を分離分割分散」では縮充効果や財政効果は疑問です。

これを市は「公共施設の面積は減少だから縮充効果が有る」と説明は理解不能

 

議員視察先の埼玉の小学校は屋上プール付きの同規模・同機能建設は「23億円」!

高浜は「倍額 (50億円) 建設」を強行の「財政効果」は疑問しかありません。 

 

「大家族」への施政説明の機会も少ないのも疑問です

 学校施設建設の説明を「通学保護者に限定」で開催は公正公平も欠いています。

 

--- 移転費用の返還訴訟 ---☆--- 

「中央公民館」の早期解体に伴い「商工会」に巨額の補助金の提供内容を確認します 

 商工会への補助項目   補助金 (万円)  市負担の内容
 移転補償      5,271  耐用年数前に早期解体につき補償
 国・県補助金-返還金         754  補助金の返還も立替え
 商工会館-解体費      2,629  旧商工会館の解体費も負担
 新商工会館-建設補助      5,700  新商工会の建設補助 (建設計画無し)
 移転先(エコハウス)-改修費      1,110

 改修費も負担 (工事落札率-99.96%)

    合  計    15,464 (万円)  

 

市民には「壊したほうが安い」。片や、商工会には早期解体補償「1億55百万円」

・その内容は「至れり、尽くせり」の優遇策の連続…。

商工会館の建替計画」も無いのに、早々と「建設補助」-「57百万円」を議決…!?

 

●「商工会」は「旧商工会館」を「36年前」に「53百万円」を負担し入居…。

    (*当時、国・県・市から「6千万円」の補助付ですから半額で取得   )

  「36年後」の退居時は「1億55百万円」の補助を受ける厚遇は疑問しかありません

 真に「焼け太り」の典型的事例のよう…?

 

様々な公共施設の建設を背景に、市民に知らされず関係機関への巨額補助を強行です

 

 このような民間団体への厚遇は当然でしょうか…?

常識的には「行政」の血税利用は不可解、不適切では…?

願いは「透明性」と「適正適切」な財政運用の遵守です 

 

・この是正、施政の正常化と清浄化を図るため、市民団体は「住民監査請求」を実施。

市は、これを「否決拒否」の判定。市民は、止む無く訴訟となったようです。

 

 これでは、施政の「大家族」精神は疑問しかありません

「施政のあり方」を「市民」-「大家族ファースト」に取り戻して戴きたいと思います

 

--- 緊急連絡 -「判決-延期」 ---☆---

突然「判決-延期」の連絡を受けました。「12月」に延期だそうです … ひょっとして「外圧」が発生したのでしょうか?  

・このため「判決結果」のご報告は年末となりそうです。。また、次の機会にご報告とさせて頂きます

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸