t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - まちづくりの疑問 Ⅴ ふるさと納税

● 三河地方に位置する「高浜市」-「面積-約13K㎡」「人口-約5万人弱」の「コンパクトシティ」、住みやすい街なのですが、「公共施設問題」以来、不可解の連続です。

 

● 市民が求める「施政のあり方」は、適正適切な施政運営と、公正な血税の使途です。

・これは、当然「公務」に携わる行政の「使命」でもあると思っています。

・しかし、数年前の「中央公民館」の早期解体問題を契機として、施政に関心を持ち 

 始め、観察し、情報収集し、調べてみると不可解なことが噴出しています。

 (*市民運動として「住民投票」を皮切りに「情報公開」「住民監査請求」- 市民有志は

      議員を含め「訴訟」を数件実施しています。それほど非合法的な施政の実態です )

訴訟結果- 市民の勝訴、または市が判決直前に市民請求内容に修正し訴訟を無効化

 

   残念なのは「大家族」で法廷闘争となっていることです

 「大家族」宣言されながら「大家族 (市民)」への歩み寄りが欠落の証しです 

 

・次の驚きは「公共施設 (ハコモノ) 」建設の借金建設や、整合性無き見積費を乱発…!

これで年間予算「160億円」の使途は適正適切とは思えません! 不可解ばかり…

 

この適正適切な血税の使途のあり方を評価尺度として、施政要素を観察してみます。

「職員数」- 市民千人当りの職員数 -「高浜-4.61人」<800位 / 815市区> は異常!

・「財政力」-「全国-83位」なのに、なぜ「住みよさ-322位」なのかも納得できません

・「かわら美術館」-「累計-90億円超」も投入し、数年後-「民間譲渡」も不可解!?

・「民間分院」-「累計-60億円補助」+ 諸税や借地料も減免措置の優遇も理解不能!

 ⇒ 血税を利用する限り「費用対効果等の説明責任」を果たされるべきかと思います

 

  「大家族」にダンマリで浪費の連続です

 

「市庁舎」- 「建設基金」の積立が無いから「巨額借金-リース建設」は失政の証し

     (*自分事とすれば「住宅建設」に全額借金建設は無謀です。施政はこれを強行… )

  ⇒ この説明資料も「虚偽説明」で、竣工後、平然と「削除-改ざん」は市民を裏切り…

・最近の気付きは「リース-20年契約」を、更に、延長方向の可能性が懸念されます…

 

・今にして思えば「公共施設を考える-説明会」の資料 - 人口推移も全国統計を持出して

 高浜の将来を推計は「上手く騙されました」… 為政者に、あってはならない事態です

 

  「大家族」宣言は、失政を隠すスローガンでは…?

・来年は「市制50年」とか…。この過ちだらけの施政を継続では市民が犠牲です… 

 

--- ふるさと納税 ---☆---

● 先回から取上げている「ふるさと納税」も、残念しかありません。

・「ふるさと納税」-「累計- 1億22百万円」とは、期待外れの不振を非公表は残念…

「高浜」を「魅力」に欠ける「まちづくり」の証しでは…?

 

・最近、お取り組みの「P-D-C-A」より、まずは「目標」を示して戴きたいものです

 

---ふるさと納税」の累計実績 ---☆--- 

施政運営の成果が如実に現れる「ふるさと納税」は、その評価尺度のひとつです…

団体名

 平成30年度  累計 (H20年~)
   金額 (千円)  件数  金額 (百万円)  全国順位
 碧南市  736,969   48,340     2,692     113
 東浦町  206,190     1,299     1,102     277
 知立市    43,204     1,501        269     810
 高浜市    58,728     1,879        122  1,116

 

・「ふるさと納税」は「取組み遅く」「成果もまだ途上段階」ということでしょうか? 

あるいは、地元には「魅力」溢れる産物が無いのでしょうか?

これを、発見し、育成することが施政施策のお役目かと思うのですが…

 

・素人目には「鬼瓦」に「なまはげ」同様の恐怖感しかなく、恐らく、本来は「家を護

 る」「厄を除ける」というような、有り難い意味があるのでしょうが情報不足では…

血税-90億円超-投入」の「かわら美術館」を訴求活用されないのも残念です。

・巨額投入の「公共施設」という市民の財産を「相乗的な有効活用」を図るべきでは…

 

● 他の自治体は「農産物」を「ふるさと納税の返礼」として多用されていると思います

・高浜「予算」-「農林水産業」-「約6千万円」(0.4%) は、余りにも少額では…。

 (* 美術館や民間分院には億単位の予算…。なにか違和感を覚えます… 分配が不公平 )

これで「地産地消」「ふるさと返礼品」を開発-産出-育成出来るとは思えないのです 

 

●「まちづくり」の「魅力化」をどのような方針なのか、戦略を聞いたことも無く…?

・市HPを拝見しても、市民に対してすら「説明」も「情報」も少なすぎと思います。

   高浜の魅力発信が「ふるさと納税」のあり方では… 

 

--- 「市民の素朴な想い」 ---☆---

● 市は「多くの寄付をいただき、まちづくりに活用できました」と御礼を述べています

・しかし実態は、「全国順位- 1,100位 - 累計- 約1億円超」と効果の実効性はこれから?

今まで頂いた「ふるさと納税」の使途情報が得られないのはいかがなものかと…

・全国に「高浜市」や「返礼品」の魅力発信を高めて戴くよう願うばかりです。

 

市民に対しても「納税-還元」を願うものです。民間分院や他の団体には優しく…

・「市民」には厳しく「徴税強行」-「保険税」も値上げされたようです…

⇒「住民税」- 他市と同じと説明の裏では「国保税」- 三河-9市では「最高額」の負担!

・「水道料金」-「消費税」に合わせ便乗値上げ! 全国-579位の料金高は疑問 (*値上前)

・「介護保険」-「県下-第三位の高額」-「人口構成」が若い高浜が、なぜ高額なのか?

    (* 人口構成 - 高齢者 (65才超) - 「全国」- 約28%。 「高浜」-  約19%  )

これをベースとされれば、将来、更に、高額化を要求されるのでは…?

      (*「介護保険料」だけが高い「福祉のまち」になるかもしれません… )

 

・「医師数」は少ない、「待機児童」は多い、「中学生」の学級生徒数は県下最多!

 「道路」も狭い…、「防犯カメラ」も少ない、「公園」も少ない、…ない、…ない

「ないない尽くし」で「施設建設の借金は-後世の市民が返すから大丈夫」の説明は…

  「大家族」の施政として不信しかありません

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸