t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 職員の過剰な削減 ? Ⅲ

行政は、カイゼンの一環として「職員の適正化」に取組んでいると答弁されてます。

実態は「過剰な削減」を強行され、過負荷労働は「働き方改革」が必要なのでは…

 

何より「施政資料」が一貫性に欠ける事や、長期的展望も欠けているかと思われ残念

また、職員を過剰な削減の結果は「住みよさ」も低落を招いているようです。

 

対策として「住みよさ」をカイゼンのため課題を抽出し、比較検討を試みました。

・「比較」は、総務省類似団体」とされた「小野市」 (兵庫) を選びました。

       [検索] : 総務省|地方公務員制度等|市区町村別人口1万人当たり職員数(平成30年4月1日)(愛知県)

 

---「まちづくり」の比較 ---☆---

 ● まちの規模構成が類似の「小野市」と比較し「高浜」の課題を探ってみました。

・読者の皆さんも、直接、異なる視点でご検討頂ければ幸いです…

・[検索] : 自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」

               ②生活ガイド.com 

        小野市と高浜市の比較【統計データ】に関する行政サービス・|生活ガイド.com

 

--- 「まちづくり」の課題 ---☆--- 

・「住みよさランキング」や「生活ガイド」情報を基に、両市を比較してみます。

・「順位」は「全国 - 815市区」、「ふるさと納税」は「全国 - 1700余」の県市町村

 

 項 目  施政内容  順位  施政内容  順位
 住みよさ  小野市  (兵庫)   155   高浜市     322
 富裕度  財政力   342   財政力       83
 人 口  48,742人   559   48,579人     560
 行財政  歳入-205億円   639   歳入-147億円     762
 職員数  294人   694   222人     781
  - 千人当り  6.0人   621   4.6人     801
   (行政職員-179人)     (行政職員-178人)  
 特 色  ふ納税-累計 6.1億円   470   ふ納税-累計 1.1億円   1,116
 ごみ排出  643g /日人   383   644g /日人     389
 ごみ収集  無料 (袋-指定無し)     有料    (指定袋)  
 公園面積  8.1㎡ /人   507   2.3㎡ /人     756
 出産祝い  有り     無し  
 医療費助成  ~18才3月末まで     ~中学卒業まで  
 待機児童   0 人      1    11 人     578
 小学校  学級児童- 24.1人   251   学級児童- 28.1人       61
 中学校  学級生徒- 29.6人   165   学級生徒- 32.2人       26
 医師数  41.9人 /万人     46    5.6人 /万人     802

 

●「まちづくり」の課題検討  

・「住みよさ」向上改善のための問題点や取組み課題例を検討してみました。 

 

  項 目   素人の勝手な所見
 住みよさ 分院や施設工事に異常な巨額投入が行政サービスが低落の原因なのでは?
 富裕度 財政力の適正適切な使途につき、行政組織と議会の機能発揮が必要では?
 行財政 民間補助や施設投入の前に「基金積立」の確実な行使が必要かと思います
 職員数 人員計画の戦略的策定と情報公開が必要では?
 

「小野市」の事例 -「人事行政」-  情報が一元化され公表されてます

  https://www.city.ono.hyogo.jp/1/8/14/2/2/

 特色  ふるさと納税は「行政の収益力」のバロメータ
 ごみ排出  ごみ袋 - 有料化の「ごみ減量」効果は期待薄かもしれません?
 ごみ収集 「ごみ - 立当番制」のカイゼン無き維持継続は無策の証し!
 公園面積  市民の心の憩のスペースが低落は「自然環境意識」の欠落か?
 出産祝い 「大家族」意識が欠落 -「成人式」運営も若者任せは 納税の道具化!
 医療費助成 「大家族」意識が低落 - 分院より「後世の市民」の医療充実を!
 待機児童  保育施政の低劣 - 市民生活の犠牲を放置 (「ゼロ」安城/碧南/西尾/半田/豊田/田原)
 小中学校  学級人数が多いのは子どもが犠牲 - 国内最多レベルは教育施策が疑問?
 医師数  医療政策が無策 - 国内最低レベルで、分院に巨額補助は優先順の過ち

 

この検討結果より、実に不適切な施政に、驚きと落胆、失望を味わっています… 

 

 真に「大家族」宣言はカモフラージュの想いが強く

・このままでは「市民」が犠牲の施政が続くだけではと…懸念されます

 

--- 「ブログ-後書き」 ---☆---

●「財政力-83位」の全国上位にありながら「住みよさ-322位」とは納税の費用対効果 

 に、疑問を強くしています。

 

市民生活の様々な施政要素が「国内-低レベル」の実態は残念な施政運営としか言いよ

   うがありません。「市制 - 50年」をも迎える時節というのに…

・更に「後世の市民」を犠牲としている施政実態は、明らかな過ちと思われます。

・よくぞ「施設建設の借金は後世の市民が返すから大丈夫」とは言語道断… 

・更に「基金積立」無いから「相場より割高なリース建設強行」も常軌を逸してます

 

●「大家族」という言葉に惑わされることなく、「施政監視」と「意見発が、

 明日の「住みよい-まちづくり」の一歩となれば幸いです…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸