t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設管理 - 図書館

高浜の「公共施設の管理のあり方」について、疑念を強くしています。

・本来「公共施設」は市民の財産ではないでしょうか?

・最近の高浜では「行政」の一存だけで施設の改廃が検討されているように思います

「市民」には決定情報しか聞こえてこないのが、施政の横暴と指摘する所以です。

・先回の「大山会館」も直近の利用者限定で連絡し「利用中止」の説明会を実施。

 

● 今回「12月-定例議会」では「市立図書館」の移転準備のため予算計上されるとか?

・「図書館-機能移転-支援業務委託料」-「3,656千円」- やはり高額…明細不明…

もう?  何時? 「移転決定」とされたのでしょうか?

 

●「公共施設プラン」では「図書館」は、「いきいき広場」に「H33年-機能移管」計画

しかし「資料公開」だけで、市民に意見も求めず、説明もされず…

 

● 移転の前に「あり方検討」-「H27年~H32年」とありますが「密室」検討のようです

「施設」の改廃は行政では無く「市民」の責任にて判断するのが「大家族」のあり方

  (*「議会」で決定と言われるなら、「責任」も議会で取って戴けるのでしょうか?  

     - であれば、まず初めに「狭小リース-分割庁舎」-「失敗」の「再建替え」をお願いしたいものです… )

 

・この「管理や利活用・説明責任」が「行政と議会」の機能役割と思うのですが…。

 

---高浜市立図書館」---☆---

●「竣工 - S54年 ('79年)  築40年」-「面積-1,707㎡」- 「蔵書-約20万冊 (全国-529位)

またまた「施設寿命 半ば」で「機能移転」は、果たして適正適切なのでしょうか?

 (*「公共施設 - 長寿命計画」は、もはや、仮のものと雲散霧消でしょうか…?  )

 

●「公共施設」も「図書館」も利用促進されず「利用-少ない」から閉鎖は無策の証し?

やたら、相場より高額な「財政-投入負担」だけが続いています…

 

f:id:t2521:20191203100753j:plain

 (*「高浜市立図書館」- 西側-出入口側からの施設 )

 

---「ブログ-後書き」---☆---

「公共施設プラン」では「移転先」は「いきいき広場」- また面積削減のようです

● 書籍は「児童書」中心とし、「学習機能スペース」に転化と聞いたこともあります

●「図書館」の年間予算は「従来-70百万円」という超高額も問題ですが、中味が不明…

「民間」意識があれば「削減-改革」出来るのにと、頻繁に感じていました…

 

次の疑問は「図書館や大山会館の寿命半ばの施設」をどのように処置するのか? 

「施設管理」は本来「廃止解体」まで説明すべきを「利用中止」で終わっています 

 

● つまり「説明責任」を途中で中止は、また「空家」のまま解体まで持ち越しこそ浪費

・「旧民間分院」もこの例です。空家のまま「年間-1千万円」を6年間負担は議決です

 (*内情は悪質 - 「民間分院」に譲渡したものを「不要」と、また「市」が受けて管理 )

「説明責任」の放棄は「市民」の施政判断をも妨害で、施政参加を遮断です。 

 

●「図書館」を機能移転は、防災上「液状化」が問題とも指摘されています。

・しかし「ハザードマップ」は、お隣の「小学校・幼稚園」が更に危険度が高い表示!!

やり易い処からと「職員-削減」や「図書館-移転」を先行は施政としていかがか…?

 

 書籍より「大家族が大事」という常識は、どこに消えたのでしょう…?

  「ハコモノ」中心の「施政のあり方」に疑問を強く感じています・・・

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸