t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校施設の不公平建設 Ⅳ (東浦町)

・先回は「学校施設」に関する国(文科省) 等の文献資料を確認しました。

疑問は「教育構想」無き「教育施設」の建設は「昭和」に逆戻りの浪費建設では…。

・次に、驚きは「東浦町」が教育面では先進的な自治体であることを知りました。

   今回は「東浦・緒川小学校」の関連情報をご紹介し、今後のご参考になれば幸いです

「高浜」の後世の市民を、丁寧に大切に育てることが大人の使命と痛感しています

 

--- 東浦町の小学校」 ---☆---    (*関連記事 - 抜粋・ ご参考 : [検索] - 東浦町立緒川小学校)

●「緒川小学校」では、40年前の1978年、校舎を「オープンクラス」に建替えと同時に

  「教育方針」まで変革され、全国的にも先進的な教育を推進されているようです。

では「新-高浜小」では、どのような教育改革が推進されているのでしょう?

・これを視点として「緒川小学校」の動向を学びたいと思います。

 

■  「ユニーク授業で主体性育む」・緒川小学校

国は、複雑化する時代を生きる力として、自ら目的を設定し、実行する「主体性」を重視し、それが身に付くように、各校が教育課程を工夫するように求めている。愛知県東浦町の緒川小学校は、長年、工夫を凝らし、主体性を育む教育を続けている。

  [検索]ユニーク授業で主体性育む 愛知・東浦町の緒川小学校:教育:中日新聞(Web)

 

「個別学習と集団学習をつなぎ 個性と協調性を同時に育てる」・緒川小学校

● 実践のポイント
1 「指導の個別化」-児童の学力差を把握し、個々に応じた指導法を検討する
2 「学習の個性化」-興味・関心や考え方といった児童の個性を指導に生かす
3 一斉授業と個別化・個性化の双方を重視し、バランスのよい人間を育てる 

   [検索]https://berd.benesse.jp/berd/center/open/syo/view21/2007/01/s04chal_03.html

 

[加盟校情報 - ユネスコスクール 公式ウェブサイト]  [検索] ・緒川小学校

ユネスコスクールは、ユネスコ憲章に示されたユネスコの理念を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校です。

    [検索] :  ユネスコスクール:文部科学省

教育内容が「国際感覚」をも醸成するようなシステムとなっているようです

 

全国 - 約1千校超 - 愛知県-94校。教育に注力の自治体が参画と思われます。

 ユネスコ

 スクール

「愛知県」- 94校

・豊 橋 -52 校 ・名古屋-10 校 ・岡 崎 - 8 校   ・半 田 - 3 校 

・東 浦 - 2 校    ・刈 谷 - 1 校   ・安 城 - 1 校    ・・・

 

●「ユネスコスクール」は、持続可能な開発のための教育(ESD)を目指しています。

・持続可能な社会づくりの担い手を育む教育であり、その中には、国際理解、環境、多文化共生、人権、平和、開発、防災などのテーマ・内容が含まれます。 

 

 このように「義務教育」の枠を超えた教育を実践されているように感じました。

 

--- 「高浜の小学校」 ---☆---     

●「高浜」は、特色ある教育が行われていないのか?  「翼小」で下記記事がありました 

・「翼小」は道徳教育の充実を掲げる「愛知県道徳教育推進会議」の研究推進校。

 県内の小中学校や教育委員会、PTAなどから会議のメンバー八人が出席し、授業の様子を見て回った。

  [検索] :  「道徳」児童ら積極発言 愛知・高浜の研究推進校で視察:教育:中日新聞(Web)

 

「倍額-50億円」を投入の高浜小の教育内容は従来継続では浪費と後世が犠牲では…?

・「教育改革」こそ「未来のまちづくり」に貢献する「人づくり」のあり方かと…        

 

--- 「ぶろぐ- あとがき」 ---☆---

● 東浦の小学校を知り、改めて「文科省-資料」と「高浜小」「緒川小」の教育目標を

 しげしげと見比べてみました。

気付きは「児童」に理解出来るのか?   「目標」を児童と共有できるのか?

・「児童」に寄り添った教育施策の展開のあり方が大切なように感じました。

 

●「教育施設」は「公共施設」ですが「教育環境」として「縮充」という機能混在を

 強行は疑問しかありません。

・市は「公民館」を学校に集約し、面積削減は財政削減と倍額-50億円を強行も不可解

結果 -「たかぴあ」は「集会限定」だけの施設機能となり、機能も面積も縮小削減。

  更に「静粛第一」も重なり、三重苦の施設を倍額建設は、市民が犠牲です

 

・加えて、多機能の「大山公民館」を使用禁止とは傲慢な施政そのものでは…

財政削減のなか「分院-60億円補助」強行は矛盾の施政そのものです。

 

・「公民館」-「年間維持管理 -7百万円」が惜しいとは施政のあり方が過ちでは…?

庁舎の清掃に「年間 -2千万円弱」も支出こそが浪費の施政のような気がします

 

・このような発想をもとに立案強行の「教育施設の倍額建設」は理解できません。

「公共施設推進プラン」-「360億円」は、高浜にとって適正適切とは思えません。

 

●「国」は「施設-長寿命化」して「財源を蓄え」、その間、本当に必要な施設は何かを市民と共に見極めてから「更新(建替)」を推奨提案。

・「市」は「更新」してから「長寿命化」と逆転は浪費でしかなく財政困窮!!

結果、築36年「中央公民館」や築40年「庁舎」を解体強行は、市民を裏切り行為!

 

・「教育」も「公共施設」も市民に寄り添った、あり方を推進戴きたいものです

 

 今、施政の本質が求められていると思われます。

「施政」のあり方を再考され最適な施政推進を切望します

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸