t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜の残念な「市民説明」 Ⅲ (避難所)

・施政情報は「透明性」があり方です

・結果動向を予想して「情報非公開」や「情報制限」は市民の不信感を買うだけです

「IT-ネット社会」は、特に、この情報拡散を加速しつつあると思われます

 

最近、「防災」が注目を浴びているのは「東北-大地震」の影響もあると思いますが

 人々の第六感に「災害発生情報」がインプットされつつあるのかもしれません…?

「未曽有の南海トラフ地震」が近いと市民は感覚的に敏感に感じているのかも…

・このような危機感や緊迫感をもって日頃の「防災対応」の準備が必要かと思います

 

● しかし「市が率先して『指定避難所』の削減強行!」には疑問と不信感を抱いています

市民の「生命」や「安心安全」を護るべき施政が「ハコモノ建設」に熱中優先され、

 「避難所」まで縮小削減は、市民の生命の存在を無視された施政であり誤謬です 

 

●「大山公民館」も、昨年、一方的に町内会へ管理移管を企てられ「大山会館」に変更!

・これだけを先行決定し、後付けで、町内会への説明を躍起に実施では難航も必然!

・理解も納得も確認されず「町内会館」に移管を強行は、市民は困惑と混乱だけでは…?

案の定-「町内会」は「会館-移管」につき「白紙-撤回」を申告されたとか…?

 

 市民に「苦渋の選択を押付け」は いかがなものかと…  

  言葉は「大家族」と言われ、実態は「傲慢な市民無視」の施政運営の証です…

 もう騙されない市民が増えつつあるのかもしれません

 

  これが市民の声であり、求める道なのです 

  強引強行の施政に、市民が釘を刺した結果となりました

  今後「大山公民館」の管理をどのようにされるのか?

  築33年の公共施設を、また早期閉館を繰返しは過ちです 

 

----------------------------☆---  

「大山公民館」は「指定避難所」- 市民の生命を護る拠点管理に空白は許されません

 (*「公民館-閉館」の条例を先決の行政や賛成議員の資質や見識を疑います…無責任! )

 「大家族」宣言は施政実態に矛盾し、虚偽の宣言の裏は「市民を虐待」同然の施政です

 

---「安心安全の防災」---☆---

● 市発行の「地震防災マップ」は「H27年3月」- 最近、気付きは、この「防災マップ」

   の情報源は「愛知県-東海地震東南海地震・南海地震等-被害予測調査結果」かと…?

「愛知県-HP」- [検索] :  https://www.pref.aichi.jp/bousai/2014higaiyosoku/whitebooknew2.pdf

 

・下図のように「災害度合」を「過去最大」と「理論上最大」の二通りを条件に解析  

 *地震分布-過去最大」         *地震分布-理論上最大」

f:id:t2521:20200313123102p:plain  f:id:t2521:20200313123550p:plain

 ・あくまで予測の範囲ですが「高浜」の被害予測が下記のように記載されてます

全壊/焼失 揺れ 液状化 浸水津波 地震火災 合 計 *要収容数
過去最大   500棟  10  20  500  1,100   2,750人
理論最大 3,000棟  10  20 2,200  5,300 13,250人
 〃 - 死者   200人   *  20   60   300  

*注-「要-収容数」は、一棟当り「2.5人」と想定して避難所の収容人数を試算しました

 

● 市-防災マップは「被害予測」に「過去最大値」を記載は情報制限されたようです。

・この「過去最大値」でも、十分に危機感を醸成可能と考えられたのかもしれません。

しかし「防災」の視点は「最悪」を想定されリスク回避を図る事が無謬と思われます

・「市民の安全と生命を護る」の視点からは「理論上値」も周知されるべきでは…?

 

・「理論上」では「指定避難所」の収容数は「13,250人」程度を要すると思われます

「現在」整備済み -「3,176人」… しかし「大災害時」は「約1万人」がホームレス …

・「指定避難所」の「中央公民館・青少年ホーム」-解体、次に「大山公民館」-閉館

 

ハコモノ解体」強行は、市民の安全安心に逆行であり、市民の犠牲を前提は誤謬です

 

●「高浜-指定避難所」の実態                            (*H31年4月当時)

指定避難所 避難所数 収容数 収容率 人口
高浜 3 525 5.0% 10,469
5 838 11.7% 7,166
高取 5 710 8.8% 8,102
2 723 7.1% 10,137
吉浜 2 380 2.9% 12,989
合計 17 3,176 6.5% 48,863

 

・「避難-要収容数」は「13千人」は、収容率「27%」という大変な数値…

出来そうにないから「放置」では、市民が犠牲ではないでしょうか…?

・「港小-学区」だけ、充実傾向に疑問を感じます。その理由は…?

・「吉浜-学区」は被害想定されているのに「収容-最低レベル」は不適切

・「民間分院」へ「60億円」も投入なのに「災害対応は後方支援」と傍観方針…?

・「旧分院」も閉館のまま「6年間-税6千万円」を投入し、次に解体は無策の証し

 

---「指定避難所」の増強策 (提案)  ---☆---

他市でも既に実施されている方法をご案内します

⋄「指定避難所」を「一次-公共施設」∔「二次-民間施設」と二段構え-柔軟対応の方法

1「一次-公共施設」-「あらゆる公共施設を避難所対象とし検討する」

2・「一次避難所」が「満杯時」の補完機能とし「民間施設も含め事前指定する」

  ・「二次 - 民間施設例」- 居住空間を形成可能な施設の提供協力を要請

「社寺務所-寺本堂等・民間企業の厚生施設等・倉庫・旧分院も含めては … 」

 

 災害時は「大家族-最優先」の施策を期待したいものです

 防災も猶予はありません。これこそ強行があり方です

 

 ----「ご参考」-「指定避難所リスト」 ---☆---

● 最近「ボートピア-収容-77人」が「指定避難所」に加わったそうです

f:id:t2521:20200313163532p:plain

 

 

 (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました。)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸